『学び合い』の文化を教室に このページをアンテナに追加 RSSフィード

私立の中高一貫校で国語を教えています。

2010-01-09

『ギヴァー』ブッククラブ始動。1時間目 16:41 『ギヴァー』ブッククラブ始動。1時間目 - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - 『ギヴァー』ブッククラブ始動。1時間目 - 『学び合い』の文化を教室に 『ギヴァー』ブッククラブ始動。1時間目 - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

今日は1月から3月までの授業の日程を確認。

『ギヴァー』のブッククラブのあと、教科書教材を1つ入れたいということを話す。

生徒たちとどのくらい時間をかけるか相談する。

3,4,6組は授業がある日が同じなので、以下のような日程になる。

1月12日(火) ブッククラブ1回目。

  14日(木) 本読み、ノート作り。

  16日(土) ブッククラブ2回目。

  19日(火) 本読み、ノート作り。

  21日(木) ブッククラブ3回目。

  23日(土) 本読み、ノート作り。

  26日(火) ブッククラブ4回目。

  28日(木) 帯作り。

  30日(土) 帯作り。

そういえば、来週は、終礼の時間に漢字テストやら、数学のテストがあり、15日の朝には論理エンジンの提出も控えていたのだった。4時間で読み終えられるかなという私の見通しは甘かった。

生徒たちは自分達のことはちゃんとわかっていた。

その後、グループ分けを行い、4人一組になったところから、残り時間は読書にあてる。

「けっこう『ギヴァー』好きかも」

という声も聞こえる。

「自分が何になるのか、職業を決めてくれるんだって」

「あ、それいいねえ」

「私、何になるかなあ」

代理母なんてのもあるんだってよ」

「なにそれ」

「3回出産して、あとは力仕事」

「家族ってどうなってるの?」

「高揚って何だろう?」

「ムラムラっとくるってことじゃない?」

「抑えちゃうの?」

「子どもは別に作るんだから、いらないんじゃない?」

まだ読んでいる途中で、すでに本の内容についてあれこれ語り始めているところもある。

それはそれで、普段読書の習慣のない生徒には刺激になっている。

中3から進路指導が始まって、自分の進路をどうしようか、あれこれ悩んでいる者もいる。

ほとんどの生徒が16歳となり、法的には結婚ができる年齢に達してもいる。

そんな彼女たちが、この作品をどう読み、どんな話し合いをしていくのか、非常に楽しみだ。

お気に入りに追加