『学び合い』の文化を教室に このページをアンテナに追加 RSSフィード

私立の中高一貫校で国語を教えています。

2009-05-31

くちなおしに… 17:49 くちなおしに… - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - くちなおしに… - 『学び合い』の文化を教室に くちなおしに… - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

くまとやまねこ
くまとやまねこ酒井 駒子

河出書房新社 2008-04-17
売り上げランキング : 2103

おすすめ平均 star
star子供にもきちんと伝えたい
starやってくる明日のために
star私はあなたのやまねこになれるのでしょうか

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

しみじみと、心に滋味が広がっていくような絵本です。

親友のことりを失ったくま。ことりの亡がらをきれいな木箱に入れて持ち歩いています。

そんなくまをたしなめる動物たち。やがてくまは家に引きこもってしまいます。

そんなくまが、ひさしぶりに天気のよさに誘われて外にでかけます。

小川の側で昼寝をしている見慣れないやまねこと出会い、その出会いがくまを変えます。

湯本さんは『夏の庭』にしても『ポプラの秋』にしても、死というものを、人と人とのつながりの中で見事に描いてきました。

そんな湯本さんならではの語りと、酒井さんのモノクロの絵が絶妙にマッチした佳作です。

感情移入しにくいなあ… 17:33 感情移入しにくいなあ… - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - 感情移入しにくいなあ… - 『学び合い』の文化を教室に 感情移入しにくいなあ… - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

なんだかこのシリーズは「クビ…」が頭につくんですね。

クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識 (講談社文庫)
クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識 (講談社文庫)西尾 維新

講談社 2008-06-13
売り上げランキング : 33847

おすすめ平均 star
star傑作
star最高傑作
star俺は零崎ってんだ。で、お前は誰よ?そっくりさん。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

言葉遊びというか、情報が過剰というか、一言で言えることをわざとあれこれいじり回しているような文体ですな。

太宰治がたびたび引用されるというか、出てきますが、うーん。どうなんでしょ。

人間失格ということばで一括りにできるのかどうか。

赤川次郎氏の作品でも時々感じるのですが、命というものへのアプローチの仕方が軽いですよね。

ミステリーでは人が死ななくちゃ成立しないんですが、人の死に方があまりに奇をてらいすぎると、人をあっと驚かすことはできても、読後に澱というか糟というか、なにか不純物が残るような、どうもスッキリしないものが残ります。

まあ、そんな読後感の本でした。

2009-05-29

知らないということは… 23:13 知らないということは… - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - 知らないということは… - 『学び合い』の文化を教室に 知らないということは… - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

同僚と私教連の勉強会に参加してきました。

「成果主義賃金導入といかに戦うか」というテーマでした。

近所のI学園の陰の部分の話とか、聞きましたけれど、自分の学校の実態が、思っていたよりも深刻なことが見えてきました。

知らないということはそれだけで、恐ろしいことなんだということに気づかされました。

そして、知ったかぶりをするのではなくて、知らないことは知らない、わからないことはわからないとして、どんどん質問をしていかなくてはいけないことも身にしみました。

職員室のみんなとどれだけ意思疎通をはかっていかなくては行けないか、その大切さも痛切に感じました。

もはや、先輩に任せて後ろにくっついていればいいという年じゃなくなってるんですよね。

ちと気が重く、荷が重いです。

採点中 17:39 採点中 - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - 採点中 - 『学び合い』の文化を教室に 採点中 - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

中間テストの採点をしています。

今回は、『羅生門』を出題範囲にしています。

が、授業ではほとんど内容に触れていません。

そこで、こんな出題形式になりました。

問 次の①〜③を読んで、それぞれに対するコメントを述べなさい。ただし、次の条件を満たしていること。

  α 特長(優れている点)について述べること。

  β 「どういう点について、どのように優れている」というように具体的に述べること。

  γ 部分に対するコメントであってもかまわない。ただし、どの部分に対してのコメントであるか、明確にすること。


これは普段「作家の時間」に行っているカンファランスや共有の時間で、自分の作品やクラスメートの作品の良い所を取り上げて評価するという活動を続けてきたのが、どの程度定着しているのかを見るという意図があります。

③の部分は以下のところです。

 下人は、すばやく、老婆の着物をはぎ取った。それから、足にしがみつこうとする老婆を、手荒く死骸の上へ蹴倒した。はしごの口までは、わずかに五歩を数えるばかりである。下人は、はぎ取った檜皮色の着物をわきに抱えて、瞬く間に急なはしごを夜の底へ駆け下りた。 

 しばらく、死んだように倒れていた老婆が、死骸の中から、その裸の体を起こしたのは、それからまもなくのことである。老婆は、つぶやくような、うめくような声を立てながら、まだ燃えている火の光を頼りに、はしごの口まで、はって行った。そうして、そこから、短い白髪を逆さまにして、門の下をのぞき込んだ。外には、ただ、黒洞々たる夜があるばかりである。 

 下人の行方は、だれも知らない。

 これに対して、こんな答えを書いてきた生徒がいました。

「つぶやくような、うめくようなというところと白髪を逆さまにして、というところから、当時考えられていた夜の世界に存在する鬼の姿がとらえられる。」

これには本当に感動しました。

今まで何度も『羅生門』を教えてきましたが、この部分をこんな風に読んだ生徒は皆無でした。だって、僕がそんな読みが成立すると考えたこともなかったのですから。この生徒以外にも、非常に鋭い読みを提示してきた生徒がいます。どれもこれも教えた訳ではありません。

来週の火曜日に答案を返却しますが、その中で、ぜひ生徒たちの読解を交流させたいと思います。そのためには『学び合い』しかありません。

ima-kiyima-kiy2009/05/29 21:47その読みは・・・感動モノですね!!
答案でそういう読みに出会えたら、震えちゃいますね。
身辺が落ち着いたら、ぜひ授業を見学させてください(火曜か水曜の午後、よろしいですか?)。

ikutosuikutosu2009/05/29 23:05>ima-kiyさん
反応ありがとうございます。

火曜日でしたら、1、3、5、6時間なら大丈夫です。
水曜日の午後は高3の国語表現です。
ちょっと毛色がちがうかなあ。

2009-05-26

『和文英訳の修行』佐々木高政著 17:21 『和文英訳の修行』佐々木高政著 - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - 『和文英訳の修行』佐々木高政著 - 『学び合い』の文化を教室に 『和文英訳の修行』佐々木高政著 - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

読書ノートの付け方を生徒に紹介しようと思ったのだけれど、ここのところ、ネットに全部アップしており、自宅の書棚を見たら、92年と94年のものしかなかった。

…92年って、長男が生まれた年かあ。

どんな本を読んでいたのかと見ると、佐高信さんや立花隆さんに触発されて読んでいる本が多かった。

その中に柳瀬尚紀氏の『翻訳困りっ話』の感想が書かれていた。

翻訳困りっ話(ぱなし) (河出文庫)
翻訳困りっ話(ぱなし) (河出文庫)柳瀬 尚紀

河出書房新社 1992-11
売り上げランキング : 780060


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

で、柳瀬さんが激賞している本がいくつかメモされていたのだけれど、その中の一冊がこれだった。

和文英訳の修業 4訂新版
和文英訳の修業 4訂新版佐々木 高政

文建書房 1981-01
売り上げランキング : 11805

おすすめ平均 star
star英作文の最高峰
starツッコミがいい!
starこれこそ本当の名著!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

当時はインターネットなんて便利な環境もなく、アマゾンですぐに注文、なんてこともできずにいたため、メモをしてそのままになっていた。

そこで、さっそくアマゾンで検索してみると、これがまだ出版されている。

そんなわけで、購入してみた次第。

初っぱなに「基本文例集」というのが500載っていて、暗記せよ、となっている。

そう言われると、「暗記してやろうじゃないの」という気になる。

で、全体は、3つに分かれている。予備編、基礎編、応用編という部立てだ。

暗記するのはおいおいやっていくとして、基礎編を見ると、最初に「主語について」という項目になっている。これがめっぽう面白い。

 英文をつづる際まず第一に考えねばならぬことは, 一つ一つの分の構成のしかた, すなわちいかなる語を主語としそれについて叙述を進めて行くか, である. 主語のとり方一つで文全体の姿がきまるからである. たとえば

 「この歌をきくたびに, あの楽しかったころを思い出します」

といった簡単な内容の文でも

「私」を主語とすれば

 Every time I hear this song, I think of those happy days.

I cannot hear this song without being reminded of those happy days.

などとなるし, 「この歌」を主語とすれば

 This song never fails to bring back to me memories of those happy days.

といったところが浮かぶし, 「あの楽しかったころ」を主語にとれば

 Those happy days live again in my memory whenever I hear this song.

と姿を変え, 「思い出」を主語とすれば

 Memories of those good old days always return [come back] to me with this song.

あたりに収まるといったぐあいである. どの行き方をとるかは, 諸君の考え方の癖とその時々の英語の学力次第でそれぞれの場合に決定されていく. しかしへたな主語のとり方をすると動詞に困り, 目的語でゆきなやみ, 修飾語句で手を上げて, 結局 ungrammatical, unidiomatic, illogicalな代物が出現することになる.

ここだけを読んだだけで、かなり得したなという気になった。

日本語で主語をどうとるか、ということはあまり意識しないけれど、やはり何を最初に持ってくるかで、どんな文になって行くかは千差万別なわけで、これはミニレッスンのネタとして使えそうだ。

そういうインスピレーションを与えてくれただけで、この本を手にした甲斐があった。

英語の同僚に見せたら、けっこうおもしろがってくれた。

時代のついた表現というか、和文自体がけっこう味わいがあって、実にたのしい。

鞄に入れておいて、時々眺めることといたしませう。

janglejapjanglejap2009/05/26 19:29明日の教室2が届きました。
『学び合い』・・・の言葉に「執筆者」を調べると筑田先生!よりうれし気持ちで勉強させていただきました。

ikutosuikutosu2009/05/27 11:35>janglejapさん
お買い上げありがとうございます。
本当に微力ですが、ご参考になるようでしたら、幸いです。

sumi-chansumi-chan2009/05/27 18:11『学び合い』マップへのご協力、早速ありがとうございました!

sumi-chansumi-chan2009/05/27 18:12学校公開日などありましたら、情報入れて頂けるとありがたいです!

2009-05-25

元気をありがとう 18:48 元気をありがとう - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - 元気をありがとう - 『学び合い』の文化を教室に 元気をありがとう - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

僕も頑張らなくちゃ。

janglejapjanglejap2009/05/25 21:13かわいかった~(by おちび)
わが子と一緒に見て、応援しちゃいました~。

beulahbeulah2009/05/25 22:02これはいいですね〜。和みます。
少しの助けはできるけれど、壁を乗り越えるのは自分自身ですね。

2009-05-24

いつか来た道 18:38 いつか来た道 - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - いつか来た道 - 『学び合い』の文化を教室に いつか来た道 - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

マスクを買おうと思っても売り切れていて買えない。

指先の殺菌と思っても、アルコール系の殺菌スプレーも売り切れている。

はて?

どこかでこんな場面に遭遇したことがある……。

そうそう。米不足の時だ。町中から一気に日本産の米が姿を消した、あの時のことを思い出す。

情報に躍らされていたよな。

情報に躍らされるといえば、新型インフルエンザがピークを越えたかのような報道があった。

しかし、それに対して批判をしているのが、こちら。

新型インフル検査、厚労省の非科学と杜撰

* 2009.05.24 Sunday

* 食・健康・医療

*

 読売新聞の《新型インフル患者数、「新規発症は減少」と厚労省》をはじめマスメディアは、厚労省が「ピークは20日で、ここ数日は新規の発症者が減ってきた」とみていると伝えました。厚労省はまだ、新型インフルエンザの流行状況を自らの管理下にあると信じているようです。驚くべき非科学性です。政府が取ってきた流行阻止対策の前提は悉く崩れ去っています。新規発症者が減っているのは、するべき患者に遺伝子検査をしないからにすぎません。

 感染者は指定の汚染国からやって来て、水際の検疫作戦である程度は食い止められ、政府が気付かない内に国内に蔓延する事など無い??との前提に立ち、発熱者がいれば汚染国に行ったかを問い、行っていれば簡易検査でインフルエンザA型かB型か調べ、A型なら遺伝子検査をする??このフローを守るよう指示してきました。神戸、続いて大阪で高校生の患者が見つかったのは、学校での季節はずれの集団発生を不審に感じた医師が「海外渡航歴なし」でも遺伝子検査をするように求めた結果です。京都の小学生で見つかった例は最近、遠出さえしていないのですから、国内蔓延をさらに疑わせます。

Blog vs. Media 時評 | 新型インフル検査、厚労省の非科学と杜撰

厚労省が実態を把握できず、対策が後手後手に回っていくとなると、やはり自分たちでできる対策を粛々と行っていくしかないか。

2009-05-22

『クビキリサイクル』西尾維新 17:04 『クビキリサイクル』西尾維新 - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - 『クビキリサイクル』西尾維新 - 『学び合い』の文化を教室に 『クビキリサイクル』西尾維新 - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

長男が貸してくれました。

彼は西尾維新のファンなので、次々と紹介してくれます。

クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)
クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)西尾 維新

講談社 2008-04-15
売り上げランキング : 27438

おすすめ平均 star
star文庫化されたので読んでみた
star評価が難しい
star初・戯言

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ライトノベルとバカにできないですね。

戯れ言使いなる男の子の独白が、ちょっと京極夏彦テイストと感じるのは気のせいでしょうか。

最後の最後に全てをひっくり返すっていうのは、すごい力技。

楽しく読ませていただきました。

2009-05-21

『明日の教室』第2巻が届きました! 21:26 『明日の教室』第2巻が届きました! - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - 『明日の教室』第2巻が届きました! - 『学び合い』の文化を教室に 『明日の教室』第2巻が届きました! - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

ええ、執筆を担当させていただいたので、今日献本が届きました。

ありがとうございました。

もうね、自分の実践のもとになった参考図書を載せてるんですよ。

その著者と一緒に執筆しているって、すごいプレッシャーだと思いません?

今回、得意な分野、そうでもない分野両方を担当させていただいて、自分の偏りというのがよく見えました。

不惑はすぎておりますが、まだまだ学び続けていかないといけませんね。

わっはっは、負けた負けた。 17:07 わっはっは、負けた負けた。 - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - わっはっは、負けた負けた。 - 『学び合い』の文化を教室に わっはっは、負けた負けた。 - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

作家の時間の始まりにミニレッスンをする。

今日は「言葉の言い換え」について。

英語の一人称「I」を何通りに言い換えられるか、クラスと僕とで競争する。

5分間でたくさん書き出せた方が勝利。

1時間目:2組。 圧倒的な差で僕の負け。代表者が黒板に出てきて書き出していく方法を取ったのだけれど、口頭で「うち」とか「おら」とか言っていくので、それをこちらは書くわけにはいかず、差がついてしまった。

2時間目:6組。 書きたいという生徒が2人出てきて、フロアの生徒は作家ノートに書いて、それを書いている生徒に見せるという方法を取る。かなりの接戦。結局32対30で負けた。

5時間目:3組。 ホームルーム委員2人が出てくる。他の生徒たちは自分たちで思いついたのは書いて、僕が書いたのは口頭で二人に教えていく。なので、35対60くらいの圧倒的な差がつく。

6時間目:4組。 開始と同時にわらわらと何人も出てきて、とにかく書く、書く。黒板一杯になったけれど、重複しているものもけっこうある。それでも35対40で負ける。

みんなが力を合わせれば、教師なんか、太刀打ちできませんやね。

気分を良くしたのだろう、その後、出てきた一人称を使って文を作る作業も、ひたすら書く時間も、共有の時間も、実に和気あいあいとした雰囲気で進んだ。

僕は僕で「しめしめ」とほくそ笑んでいたのだけれどね。

2009-05-20

ああ、野中先生! 22:02 ああ、野中先生! - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - ああ、野中先生! - 『学び合い』の文化を教室に ああ、野中先生! - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

へばりへばって、家に帰り着いた。

玄関の戸を開けると、玄関先に封筒が。

野中信行先生からである。

中には

『野中信行のブログ教師塾 ー「現場」を生き抜くということ』学事出版

が入っていた。

野中先生のブログは欠かさずチェックしている。

ブログの内容をまとめて出版されることも存じ上げていた。

と、先日野中先生からメールをいただいた。

なんと御著書を送ってくださるというのである。

背筋がしゃんとのびた。

これは心して読まねば、そう思った。

その本が届いたのである。

へばっていたのが、どこかへ吹き飛ばされてしまった。

何しろ、現場一筋で実践を積み重ねてこられた先生である。

自分で考えて実践されてきたことを余すところなく公開しているのである。

まさに「教師塾」である。

僕も不出来な塾生ながら、特に職場の若い同僚には、先生の御著書を積極的に勧めてきた。

「生き抜く」ということばが端的に今の教育現場を表している。

そうしてまた、困難な教育現場にいながら、こんな言葉も語っておられる。

「どんなに困難で、厳しい家庭環境を抱え込んでいる子どもでも、<教室>でならかえることができますよ」と。「<教室>でなら、子どもたちは自分から自分を変えていこうと努力するようになりますよ」と主張している。

そうなのだ。先生は『学び合い』を体現されてきた教師なのである。

御著書にはご挨拶の手紙が添えられ、その中に「8月11、12の大会でお会いできるでしょうか。」と記されていた。

そうなのだ。実は野中先生とはメールのやりとりはしているけれど、まだ面識がないのである。

8月…と思っていたら、糸井先生のブログに

「野中先生に会うべきです!」というエントリーがアップされた。

http://susumu.exblog.jp/8298924/

明日の教室に参加される皆さん、うらやましいですぞ。

こうなったら、やはり万難を排して、8月にお会いしなければ。


へばり気味 18:06 へばり気味 - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - へばり気味 - 『学び合い』の文化を教室に へばり気味 - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

山梨へ行って帰ってきて、昨日は放課後に会議が2つ。

2つめは終わったのが9字45分。

家に帰り着いたら11時。さすがにくたびれた。

今年も北とぴあ演劇祭が動き出す。気がついたら10周年。

10年皆勤はうちの演劇部だけらしい。継続することの大変さ、面白さを感じる。

今年の公演は10月1日、午後12時30分開場、13時開演。

ちょっと早いけれど、3時と6時に別団体の公演が入るため、やむなし。

その代わり、前日の夜のリハーサルを譲っていただいた。

感謝。感謝。

持ちつ持たれつでやりくりするのが、手づくりの演劇祭のいいところである。

2009-05-18

人を送るということ 21:57 人を送るということ - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - 人を送るということ - 『学び合い』の文化を教室に 人を送るということ - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

二週続けて研究日である月曜日に弔事である。

先週は大学の時のサークルの顧問が日曜日に亡くなり、前夜式に参列した。仏教で言えばお通夜である。

大学時代に所属していたサークルは「キリスト教研究部」。その顧問をされていた久米成夫先生は、東久留米泉教会の長老職を長くお務めであった。79歳。

2月には2週間ほど山形へスキーに出かけられ、大喜びしてお帰りになって来たと聞く。

先日も教会関係のニュースで久米先生の原稿に触れ、お元気そうなので喜んでいたところだった。

ところが3月に体調不良を訴え入院。そのままホスピスへ移られそして昇天された。あれよあれよという間だったという。

お嬢さんはパプアニューギニアで清書翻訳のお仕事をされているが、急遽帰国して看病に当たられたという。

教会の礼拝堂に入りきれないほどの参列者であった。

近年は年賀状のやりとりだけのつながりではあったが、いつも温かいメッセージを一筆添えて下さっていた。そんな先生の人柄がしのばれる式であった。

今日は身延まで出かけた。母方の伯母の告別式である。

母は五人兄妹の末っ子だが、様々な事情で伯母と母は祖母に当たる方に身延町下山で育てられた。だから、母にとってもっとも身近な肉親であった。

婿をとって家を継いだ伯母は、開放的な性格で、夏休みには兄弟の子どもたちを自宅に呼んでは泊まらせてくれ、あれこれと面倒を見てくれた。いとこたちの中で最年少だった僕たち兄弟は、いつも年長のいとこたちの後にくっついては、田んぼや畑、そして富士川などに遊びに行ったものだった。

八王子に出て甲府へ、そして身延線で下部温泉駅へ。そこから斎場まで、40分ほどかけて歩いていった。昨日の大雨で富士川は荒々しく橋脚を洗っていた。橋を渡るだけで1キロくらいあるだろうか。川の荒々しさと打って変わって空は高く、日差しが強いものの、風が心地よかった。

母方の親戚たちがみな集まり、伯母の一人息子であるいとこのMさんにも30年ぶりくらいにお会いした。伯母は82歳。しばらく患ってはいたが、やはり突然の死であった。

母の周りには母のいとこや、お世話になった皆さん(90近くの方がたくさん!)がいて、母と手をつないで歩きながら挨拶をして回った。菩提寺の住職は70過ぎの、でっぷりとした貫禄のある方だったが、「むかしはその辺を、飛んで歩いてた」とは母の弁。母にしてみれば○○ちゃん、なのだった。5人の僧侶の読経で告別式は行われた。午前中に既に荼毘に付しており、告別式の後、初七日法要、会食、そして納骨、ご近所の方の訪問を受け…と延々と葬儀は続いていくようだった。会食が終わった所で中締めになったので、そこで中座させていただき、帰途についた。

身延線は1時間に1本。特急は2時間に1本だった。

母の兄弟のうち、一番上の兄が昨年亡くなった。母はいずれ遠くない未来に迎えることになる自分の葬儀に関して、このところ色々と話をする。心して聞かねばならないと思いつつ、その日が来ることを恐れてもいる。

2009-05-17

悲しいくらいにポジティブ! 18:09 悲しいくらいにポジティブ! - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - 悲しいくらいにポジティブ! - 『学び合い』の文化を教室に 悲しいくらいにポジティブ! - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

学び合い』に非常に通じる所がある本です。

有能なマネージャーは、部下を型にはめたりはしない。その部下それぞれの強みが生かせるように環境を整える。

結果さえ出せれば、あとはその人その人がやりたい方法で仕事に打ち込めるようにしていく。

「自分が好きなことを十分できている」

そう感じることが大切。

欠点を補うようにしむけるのではなく、自分の強みを生かせるにしていく。

200万人へのインタビューを元にしているということで、実に説得力があります。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす田口 俊樹

日本経済新聞出版社 2001-12-01
売り上げランキング : 60

おすすめ平均 star
star強みの診断は一度しかできません
star自分を理解
star■万人に必読の書。ココ1年のMy best bookです!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この本にはそれぞれシリアルナンバーが打ってあって、その番号をウェブサイトに行って打ち込むと、自分の5つの強みを調べることができます。

180の質問事項を20秒以内に答えていくというものなので、とにかく考えている暇はなく、パッとひらめいたものを次々に選んでいくという感じです。

この本の中でも、才能というのは特殊な能力ではなく、無意識にくり返される行動、思考、感情のパターンという定義ですから、これでいいんでしょう。

そして出て来たのが、「達成欲」「コミュニケーション」「着想」「学習欲」「最上志向」でした。

「達成欲」というのは、毎日何かを達成したいという燃えるようなエネルギーだそうです。そういえば、ディベートって、一つの論題が終わっても、また次の論題に取り掛かりますよね。そういうのに10数年つき合ってこられたのは、この達成欲のおかげかもしれません。

とにかく燃え尽きることを知らない不屈のパワーがあるみたいです。

「コミュニケーション」は「あなたは説明すること、描写すること、進行役を務めること、人前で話すこと、書くことが好きです。」と説明されてます。ははは。その通り。話し出したら止まりませんし、とにかく物語にして語るのって大好きですから。

「着想」は「着想とは、ほとんどの出来事を最もうまく説明できる考え方です。あなたは複雑に見える表面の下に、なぜ物事はそうなっているかを説明する、的確で簡潔な考え方を発見すると嬉しくなります。着想とは結びつきです。あなたのような考え方を持つ人は、いつも結びつきを探しています。」

おっしゃる通り。『学び合い』とライティングワークショップをどう結びつけるか、毎日考えてます。

「学習欲」は「あなたは学ぶことが大好きです。あなたが最も関心を持つテーマは、あなたの他の資質や経験によって決まりますが、それが何であれ、あなたはいつも学ぶ「プロセス」に心を惹かれます。」だそうです。結果よりもとにかく学ぶという過程に魅力を感じる。ふむふむ。

演劇にしても、ディベートにしても、ライティングワークショップにしても、『学び合い』にしても、結果よりその過程を楽しんでいるという傾向は大いにありますね。

「最上志向」は「自分自身のものか他の人のものかに関わらず、強みはあなたを魅了します。真珠を追い求めるダイバーのように、あなたは強みを示す明らかな徴候を探し求めます。生まれついての優秀さ、飲み込みの速さ、一気に上達した技能??これらがわずかでも見えることは、強みがあるかもしれないことを示す手がかりになります。そして一旦強みを発見すると、あなたはそれを伸ばし、磨きをかけ、優秀さへ高めずにはいられません。」だそうです。

部活の指導なんか、特にそうですねえ。

というわけで、本当にポジティブ。

でも、その代わり、戦略思考とか、共感性とか、そういうものが欠落しているのも確かにそうだなあと感じます。

ですから、学年チームの中では、僕は起爆剤にはなるけれど、全体の方向性を考えて、次々と布石を打っていくとか、みんなが今どう感じていて、どんな苦労をしているのかを汲み取るとか、そういうのは苦手です。

今年のチームはそういうバランスがよく取れているという感じがします。

他の皆さんの強みも、これで確認できたら、さらにお互いの強みを活かした学年経営ができそうです。

「こくちーず」は便利なサービスです! 17:16 「こくちーず」は便利なサービスです! - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - 「こくちーず」は便利なサービスです! - 『学び合い』の文化を教室に 「こくちーず」は便利なサービスです! - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

第2回のおにぎりの会の告知ページを作りました。

http://kokucheese.com/event/index/101/

これ、何にもホームページ作成の方法を知らなくても作れます。

こくちーずというイベントの申し込みページを作成してくれるサービスを使ったからです。

しかも無料!

http://kokucheese.com/

おにぎりの会では、僕が申し込み用のフォームをCGIで作ってるんですが、そんな苦労をしなくても、ウェブ上でさくさくっと申し込みフォームも作れます。

なんと懇親会の申し込みまで一緒に作れてしまうという至れり尽くせりのサービス。

これを使わない手はないと思います。

お勧めします。

2009-05-13

学び合い』入門セミナーin横浜のお知らせ 17:57 『学び合い』入門セミナーin横浜のお知らせ - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - 『学び合い』入門セミナーin横浜のお知らせ - 『学び合い』の文化を教室に 『学び合い』入門セミナーin横浜のお知らせ - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

申しこみはこちら ↓↓↓




manabiai.yokohama@gmail.com

1.名前

2.所属

3.連絡先メールアドレスまたは電話番号

4.懇親会参加の有無

をお知らせください!!


6月7日(日)12:30受け付け 13:00開会

横浜近代文学館(港の見える公園内)



6月7日(日)12:30 受付 13:00 開会~17:20 閉会 

神奈川近代文学館ホール(港の見える丘公園)

    http://www.kanabun.or.jp/0g20.html

参加費 2500円 (学生1500円)

 

プログラム

学び合い』とは?     西川先生・上越教育大学(50分)

学び合い』出前授業    三崎先生・信州大学  (60分)

学び合い』安全な入門講座 水落先生・上越教育大学(50分)

学び合い』実践紹介(10分×2人)

フリートーク  全体20分、分かれて20分を目安に

終了後 懇親会(参加費4000円)があります。



どうぞお越しください!!!

中年H中年H2009/05/15 05:32この会は、春に江東区でやったものと同じような内容ですか?

janglejapjanglejap2009/05/15 21:54中年Hさん、横からすみません。江東区でのセミナーが大変よかったので、『学び合い』神奈川で流れを同じに設定したものです。入門セミナーですが江東区で参加された方にも満足していただけるものと思います、ぜひお越しください!!

2009-05-10

読めば元気が出る本です! 15:18 読めば元気が出る本です! - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - 読めば元気が出る本です! - 『学び合い』の文化を教室に 読めば元気が出る本です! - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

フィッシュ!―鮮度100%ぴちぴちオフィスのつくり方
フィッシュ!―鮮度100%ぴちぴちオフィスのつくり方Stephen C. Lundin John Christensen Harry Paul

早川書房 2000-12
売り上げランキング : 1606

おすすめ平均 star
starたった4つの要素が、オフィスを改善する
star腹落ちしました
star楽しく読めて参考にもなる

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

いつも「読んで得した!」という本を紹介してくれるS先生から、久しぶりに教えていただいたので、さっそく購入してみました。

職場にしても、クラスにしても、はたまた授業にしても、この本で紹介している4つの原則は応用可能です。

第1の原則を徹底できただけで、おそらくクラスの雰囲気はがらっと変わるでしょう。

物語として読んでも楽しい本です。小一時間で読み切れます。

janglejapjanglejap2009/05/13 21:37即注文しました!
横浜のセミナー案内、ありがとうございます。
東京の会のように盛況になりますように!

ima-kiyima-kiy2009/05/17 15:35読みました! 子どもたちにも紹介したい本ですね。

2009-05-09

第1回おにぎりの会、無事終了しました! 21:52 第1回おにぎりの会、無事終了しました! - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - 第1回おにぎりの会、無事終了しました! - 『学び合い』の文化を教室に 第1回おにぎりの会、無事終了しました! - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

出足が鈍くて心配したのですが、最終的に12名の方が参加して下さいました。

ありがとうございました。

学び合い』を全くやったことがないという方が2名いて、司会の小林さんがお二人を上手にフォローしながら進めて下さり、非常に和やかに会を進めることができました。

手引書を読んだことがない方が2名いたことと、僕がしゃべりすぎた(ごめんなさい)ことで、手引書の検討はまた次回ということになりました。

会が終了した後、残った7名で軽く食事をとりながら、教育についてあれこれ語り合いました。

次回は7月の第3、もしくは第4土曜日に開催の予定です。

今日の名言。

「子どものハートに火をつける」

「人間は水でできている」(どんなに年をとっても変わることが可能という意味にとりました。)

Sさん、本当に楽しそうに名言を次々と紡ぎ出しながら語って下さってありがとうございました。

新たな出会いがあって、感謝の3時間+1時間半でした。

mitaka2mitaka22009/05/10 00:38本日は、ありがとうございました。
「学び合いという場を教師が用意したのだから、子ども達は学び合わなければならない、と思うことの危険さ」という指摘は、グサっと胸に刺さりました。
7月の会へ向けて、実践を紹介できるようにがんばりたいと思います。
今後とも、よろしくお願いします。

mzakisyomzakisyo2009/05/10 01:13本当に和やかな会になりましたね~。経験のある方にたくさん話して頂くことも大切だと思います。貴重な体験談をありがとうございました^^
Sさんの名言、素敵でしたね!

ikutosuikutosu2009/05/10 15:30>mitaka2さん
昨日はありがとうございました。
子どもたちに要求するとことと、現状への不満をぶつけることとの違いとでも申しましょうか。
結局「子ども観」がぶれていないかどうかをいつも問い直してみる必要があるということなんだな、と思いました。

>mzakisyoさん
ありがとうございました。
5か条、とってもわかりやすく、一生懸命メモにとりました。
Sさん、いつになったら寝るのでしょうねえ。
彼の名言は、これから要チェックですね!

ima-kiyima-kiy2009/05/10 20:43昨日はありがとうございました。ikutosuさんの語りを「そうなのか!」でなく「そうだよね」と聞けたことで、とても安心できました。あとは、方針(精神?)はブレずに、個々の現象には臨機応変に対応できるようになろうと思います。
次回もSさん語録に期待です! お誘いして良かった(笑)

2009-05-08

明日 第1回おにぎりの会です! 17:59 明日 第1回おにぎりの会です! - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - 明日 第1回おにぎりの会です! - 『学び合い』の文化を教室に 明日 第1回おにぎりの会です! - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

5月9日(土)午後2時〜5時 女子聖学院コンピュータ室で行います。

申し込みはhttp://ikutosu.sakura.ne.jp/mailpro/index.cgi?からどうぞ。

長野の会のご成功を東京よりお祈りしております。

医療体制の整備 17:57 医療体制の整備 - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - 医療体制の整備 - 『学び合い』の文化を教室に 医療体制の整備 - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

新型インフルエンザに関して、なんだか連休が終わったら、収束みたいな感じの日本ですが、実際に広がった場合の対策はまったく手つかずのようです。

新型インフルエンザ対策は非常な的外れ

* 2009.05.06 Wednesday

* 食・健康・医療

*

  大型連休での海外への旅行者の帰国ラッシュが始まっています。厚生労働省は水際での阻止、検疫一本にかける構えです。そしてA型が疑われれば診断がつく前に公表するのですが、これが非現実的であることをJMMメールマガジン「絶望の中の希望〜現場からの医療改革レポート」第30回「新型インフルエンザ対策を考える 〜検疫よりも国内体制の整備を!」で、東大医科学研准教授の上昌広さんが書いていらっしゃいます。今日配信のメルマガで、ウェブに反映されるには数日掛かるでしょうから、いくつか論点を引用しておきます。

Blog vs. Media 時評 | 新型インフルエンザ対策は非常な的外れ

必要なところにエネルギーが集中せず、意味のないことに延々とエネルギーを注いでいるのはなぜなのでしょうか。

各地で診療拒否が起こった時に、どんなパニックが起こるのか、かなり心配です。

2009-05-07

木を見て森を見ずにならないように… 17:30 木を見て森を見ずにならないように… - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - 木を見て森を見ずにならないように… - 『学び合い』の文化を教室に 木を見て森を見ずにならないように… - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

久しぶりの授業。

1時間目は調子が出ず。木を見て森を見ず状態。個々の生徒に関わり過ぎ。簡単に言えば、僕が生徒の質問に答える形になってしまった。これはいけない。

2時間目は修正する。全体をコントロールできる位置に自分を戻す。やれやれ。

やっと全体の動きが見えるようになった。

5時間目。ほぼ自分を取り戻す。と同時にクラス全体へ語ることができる。やれやれ。

6時間目。ゆとりを持ってクラスを見渡すことができる。やっと生徒をいじることができた。

1時間目は申し訳ないことをしちゃったなあ。

僕が出ていってはだめ。

放課後、講師の同僚に呼び止められる。

「どうしたら『学び合い』を身につけることができますか?」

授業中に良くできる生徒とそうでもない生徒が教え合っていたのだが、その生徒たちが「これって『学び合い』だよね」と言っていたのだという。

「一言でいうと」と教育観、学校観、子ども観について話す。

「9日にコンピュータ室で例会がありますから、参加しませんか」

とお誘いする。

けっこう乗り気のようだ。感謝感謝。

2009-05-06

脚本書き 17:56 脚本書き - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - 脚本書き - 『学び合い』の文化を教室に 脚本書き - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

原稿3本のうち、脚本の興が乗ってきたので、キーボードに向かって、思いが流れ出るままに打つ。

こういうのは勢いが大事ではあるが、流れの中で整合性が大事になる。

面白い展開が生まれてきても、ときどき最初から読み直す。

そうすると、整合していない部分が見える。そこを書き直す。

そうこうしているうちに60ページを超える。

こんなもんかな。

念のために昨年の『原田牧雄の憂鬱』を呼び出してページ数を見る。

87ページ。

まだあと30ページくらい書かないといけない。

ちょっと萎えるが、しかし、頭の中ではその30ページに入れてくれと新たな展開が生まれてきている。

待て待て、その展開を流し込むには、登場人物を新たに1名加えないといけない。

でも、そうすれば、一番大枠で動いている世界観と、手前でごちょごちょ動いている人間関係がうまく融合してくれるかもしれない。

今の所、その二つがまだきちんと最後で結びつく所までいっていない。

自分の中でも60枚では収拾がつかないことはわかっていたのかもしれない。

頭の中はブンブンアイデアが唸っているが、ちょっとクールダウンに近所の古本屋へ行く。

お目当ての本を見つける。

『察知力』(中村俊輔著)である。

察知力 (幻冬舎新書)
察知力 (幻冬舎新書)中村 俊輔

幻冬舎 2008-05
売り上げランキング : 1851

おすすめ平均 star
star中村俊輔の トラウマ
starすべての人が参考にできる、永久保存版の啓発書
starイマイチ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ライティングワークショップのミニレッスンで、S先生が活用されているという。

ざっと読む。頭が活性化しているので30分ほどで読み終わる。なるほど。そういうことね。

「サッカーノート」の下りを生徒たちが書いている「作家ノート」と重ねて紹介できそうだ。

『よくわかる文章表現の技術』を斜め読みして、ミニレッスンに使えそうな部分に付箋を貼る。

倉島さんの『書く技術・伝える技術』が参考文献にあげられている。

「予測を利用したレトリック」の部分が面白い。

と、ちょっと他の仕事をして、また脚本書きに戻る。

段ボールに詰める 12:07 段ボールに詰める - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - 段ボールに詰める - 『学び合い』の文化を教室に 段ボールに詰める - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

ちょっと本棚に入りきらなくなっていた文庫本50冊ほどを段ボール箱に詰める。

そして、学校宛に送る。

連休明けから、学級文庫を作るため。

先日の保護者会でも、協力を呼びかけた。

さて、どのくらい集まるかなあ。

ちなみに、今日送った文庫本のほとんどは池波正太郎。

女子高校生には読み慣れない世界だよねえ。

目標は千冊。クラスに千冊本がほしい。

2009-05-05

一ヶ月の実践記録をアップ 16:03 一ヶ月の実践記録をアップ - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - 一ヶ月の実践記録をアップ - 『学び合い』の文化を教室に 一ヶ月の実践記録をアップ - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

僕のサイトの授業実践のコーナーに、この1ヶ月の高1の授業の様子をアップしました。

http://ikutosu.sakura.ne.jp/modules/edu/index.php?cat_id=10

ミニレッスン→ひたすら書く時間+カンファランス→共有の時間、という流れを大切にして、授業を回しています。

生徒たちはこの1時間の流れの他に、「作家の仕事のサイクル」に従ってよりよい作品づくりに励んでいます。

2009-05-04

この1ヶ月 19:31 この1ヶ月 - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - この1ヶ月 - 『学び合い』の文化を教室に この1ヶ月 - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

今年は3つの教科を担当。

高1 現代文 4クラス

高3 国語表現 1クラス

高3 国語演習 1クラス

高1は昨年からの持ち上がりで、『学び合い』の考え方については、ほぼ理解している。

高3国語演習は理系クラスなのだが、昨年担当した講師の同僚は、『学び合い』の考え方に共鳴してくれていて、授業を『学び合い』の考え方の元に実践してくれた。なので、その後を引き継ぐ形なので非常にやりやすい。

国語表現を取っている生徒たちだけ、まだ『学び合い』とは何かを知らない生徒たちになる。

授業がまだ2回しかないので、これからという所。語っていきましょう。

高1は、ここまで9時間ほど授業をしてきた。「より良い書き手になる」のが今年のテーマ。

生徒たちは作家の仕事のサイクルを今は回し始めている所。人によって進度はまちまち。その中で必要な時には周り近所と話をして、あれこれ情報を集めたり、触発されたりしている。

そういう相互の働きかけがスムーズに行くように、僕はちょこちょこと画策して回っている。

今日の読書 17:21 今日の読書 - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - 今日の読書 - 『学び合い』の文化を教室に 今日の読書 - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

原稿3本たまってるんですけれどね…。

江戸の病 (講談社選書メチエ)
江戸の病 (講談社選書メチエ)氏家 幹人

講談社 2009-04
売り上げランキング : 16861


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

新型インフルエンザの件で世界中を巻き込んだ騒動になってます。日本の厚労省の対応はどうかなあと思いますけれどね。横浜の高校生、横浜の高校生って、散々連呼しておいて「冷静に対処しなさい」はないでしょう。

で、江戸時代、ウィルスなんてものの存在を全く知らなかった時代に、人々は流行病にどんな風に対処したのか、当時の文献を元に、丁寧に調べて様子を述べています。

引用されている文献の中では、『官府御沙汰略記』という小石川に住んだ幕臣の日記(28年間もの記録!)が非常に面白いです。

医者はあんまり信用していないようで、効き目がないと判断すれば次々に違う医者にかかっ薬を処方してもらっているし、自分でも薬を作ってみたり。

子どもが生まれては亡くなっていくような状況の中で、「乳付け」とか「乳貰い」という母乳ネットワークが親戚からご近所まで緩やかなネットワークを形成し、江戸の人情を形成するのに一役買っていたとか、死と隣り合わせの社会で、いかに人々が相互扶助の中で生きていたのかが鮮明に描かれています。

次の本はこちら。

平安時代の納豆を味わう
平安時代の納豆を味わう松本 忠久

丸善プラネット 2008-09
売り上げランキング : 508511


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

教師になったばかりの頃、生徒に質問されたことがありました。

「どうして大豆を発行させる食品が『豆腐』じゃなくて納豆で、豆乳を型に入れて固める食品が『納豆』じゃなくて豆腐なんですか?」

当時文献を探ってみると、どこかで言葉が入れ替わったらしい、というような資料にたどり着きました。そして納豆はもともとお寺の納所で作られたので「納豆」というようになったらしいということを生徒に伝えました。


でも、それってどうやら間違いのようです。

この本では、寺の納所で作られたという説を明快に否定しています。そして、そういう説がなぜ国語辞典や料理本に流布してしまったのかについても考察を加えています。

藁づとに煮豆を納めて発行させるから「納豆」。なるほど、そう言われるとそういう気もしてきます。

「関西では糸引き納豆は食べない」と思ってたのですが、これもあっさり否定されてしまいました。

糸引き納豆の発祥の地の一つとして有力なのが、京滋(京都から滋賀にかけて)地方なのだそうです。この辺りでは未だに糸引き納豆を自家で作る風習が残っているとか。

アジアに広く分布している納豆に似た食品とは別個に、糸引き納豆は平安時代に濃い口醤油とともに日本で発明された日本独特の食品であるということがこの本では様々な文献を元に推定されています。

いずれにしても、読んでいて、熱々のご飯に納豆を乗っけて食べたくなりました。

2009-05-03

さらば、忌野さん。 08:19 さらば、忌野さん。 - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - さらば、忌野さん。 - 『学び合い』の文化を教室に さらば、忌野さん。 - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

訃報:忌野清志郎さん58歳=ロック歌手 がん治療続け

2009年5月2日 22時54分 更新:5月3日 0時49分

忌野清志郎さん

忌野清志郎さん

 「ベイベー!」や「愛し合ってるかーい!」などの決めぜりふ、奇抜な衣装と演出で知られるロック歌手、忌野清志郎(いまわの・きよしろう、本名・栗原清志=くりはら・きよし)さんが2日、がん性リンパ管症のため死去した。58歳だった。葬儀は9日午後1時、東京都港区南青山の青山葬儀所。喪主は妻の栗原景子(くりはら・けいこ)さん。

訃報:忌野清志郎さん58歳=ロック歌手 がん治療続け - 毎日jp(毎日新聞)

森瑶子原作で、岩城滉一が主演した「デザートはあなた」という深夜のドラマがありました。

その中で時々主人公の友人として忌野さんが出演してたんですね。

ところが、即興で歌を作って歌うシーンで、スポンサーとは関係ない某ラーメンの名前を絶叫して「放送できるもんなら、してみろ!」と笑いながらたんかを切っていたのが面白くて、テレビを見ながらゲラゲラ笑ったのを覚えています。(結局放映されたのだから、制作者もスポンサーも、「忌野さんじゃあ、仕方ないよね〜」とか苦笑いしてたのかもしれません)

そんな忌野さんの、ちょっと照れながらの演技が大好きでした。

もちろん、歌も好きでしたが、あの型破りな行動はあこがれでした。自分には全然ない面でしたから。

名曲「雨上がりの夜空に」の題名から派生した「風呂上がりの夜空に」という漫画も、好きでした。

色んな所に影響を与えていた忌野さん。

ご冥福をお祈りします。

中年H中年H2009/05/03 20:21清志郎さん、尊敬していました。一瞬で何百人何千人を惹きつけるすごい力。惜しいです。残念です。

bunbun-hbunbun-h2009/05/03 20:39私は、別にそんなに好きだったわけではないのです・・・
だけど、だけど、だけど・・・
なんです。
ご冥福をお祈りしています・・・

ikutosuikutosu2009/05/05 09:32>H先生
ぼくらの世代だと、意識するしないに関わらず、影響を受けてますね。

>bunbun-hさん
わかります。その気持ち。

F-KatagiriF-Katagiri2009/05/05 21:02「雨上がり……」も「風呂上がり……」も大好きです。年をとってからRCサクセションをよく聞くようになりました。不思議なものです。

ikutosuikutosu2009/05/05 21:25>片桐さん
高校生の頃は、刺激が強すぎた、という感じがします。
おじさんになって、今度は疲れた体が刺激を欲するようになったのかもしれませんね。僕はそんな感じです。

2009-05-01

うはははは! 20:59 うはははは! - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - うはははは! - 『学び合い』の文化を教室に うはははは! - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

書評を読んだときから、読みたくて読みたくて、届くのを今か今かと待っていた作品が、やっと届きました。

これはすべての読書家に贈る、ベネットからの素敵な読書讃歌です。


やんごとなき読者
やんごとなき読者Alan Bennett 市川 恵里

白水社 2009-03
売り上げランキング : 5375

おすすめ平均 star
star臣民による女王のための読書賛歌
star三つの愉しみ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


日本でこの設定で書こうとしたら、どうなるでしょう。

「彼は日本で唯一名字を持たない。」とか始めたら、やばいでしょうね。

それを「年金生活をしている、生真面目な老婦人」と描写してしまうんだから恐れ入りました。

ええ、エリザベス女王のことです。

今まで趣味を持つことのなかった女王陛下が、庭にやってきた移動図書館と遭遇し、その几帳面な性格から、「借りた本は最後まで読み通すことにしている」そうで、勧められる本は「臣民と同じく分け隔てなく」読み通し、だんだんと読書の虜になっていきます。

齢75をすぎて読書に目覚めたご自分を「遅すぎた学徒」と呼びながら、その読書力はぐんぐんとのびていきます。

感想をちょこっとメモするところから、自分の考えを詳細に書き込む読書ノートをつけるまでに成長した陛下は、さらに書くことへと歩みを進めることになり…。

一気に2時間ほどで読み終えられる小品ですが、ユーモアとウィットに富んだ、そして読書とな何か、読書によって人はどんな風に豊かな感性を養っていくのか、と言ったことが雄弁に語られています。

読書好きなら「うん、そうそう、その通り!」と言いたくなること請け合いです。

それにしても、まあ、このエリザベス女王陛下のチャーミングなこと。

こんな素敵な女王陛下なら、ジョームズ・ボンドじゃなくても命がけになるかもしれません。

お気に入りに追加