『学び合い』の文化を教室に このページをアンテナに追加 RSSフィード

私立の中高一貫校で国語を教えています。

2008-04-12

授業開き:5組 16:10 授業開き:5組 - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - 授業開き:5組 - 『学び合い』の文化を教室に 授業開き:5組 - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

さて、自分のクラスです。

昨日の反省から、語りを短めにしてみました。

その後、教科書、資料ファイル、資料集を見て、何日必要かを考えてもらいました。三分と言った途端、わいわいと周りと話を始めました。この辺り、3組とは対照的です。

3分度、聞いてみました。

「5時間!」

『5時間は多いなあ。』

「じゃあ、4時間!」

『え〜?』

「3時間!2時間は無理!」

ということで、こちらのクラスは最初から3時間で学習して、4時間目に朗読のテストをすることにしました。

「朗読は一人一人がするんですか?」

『一人一人とは一言も言ってませんよ。』

「じゃあさ、全員で読めばいいんだ!」

『構いませんよ。ただし、全員が納得して取り組むならですけれど。』

「でも、全員だったら評価する人がいなくなるよ。」

『その時は僕が評価するしかないですねえ。(にこにこ)』

「じゃあさ、前半と後半に分かれればいいんだよ。」

「でも、一人でやりたい人もいるんじゃない?」

3組に比べるといきなり元気です。

残りの時間で計画を立てることにしました。

『分からなかったら他の人に聞いてもいいですよ。必要なら歩き回ってもいいです。』

「え、そうなの?」

『もちろん、意味もなくフラフラ歩くのは困りますけどね』

さっそく6人ほど動き回り始めました。

終了直前に質問に来た生徒がいました。

「先生、この目標は、それぞれが単純にわかったじゃなくて、こういう技法だとかそういうものが、この『永久欠番』の中でどう使われているのか、ということが分かった上で、朗読ができないといけないということですよね。」

『すごい!○○さんが、目標をきちんと理解して分かりやすく言い直してくれましたよ。』

と、いう所で終了しました。

こちらの動きはある程度予想した範囲でした。3組と違ったのは、朗読の評価基準を「みんなが感心する朗読ができるようになる」としたこと、朗読は一人一人とは限定しないと言ったことです。

3組は来週の授業でもう一度語り直そう、と反省しております。

お気に入りに追加