Hatena::Groupmanabiai

(続)nakajimaの「一期一会」

長野県南部の中学校で社会科の教員をしています。授業公開は日程が合えばいつでもOKです。その際は①参観はできるだけ複数名でお越し下さい。②授業後に授業(『学び合い』)についてお話をする時間を確保して頂けるとありがたいです。③必要であれば異学年学習の公開も可能ですので、希望があれば事前にお知らせ下さい。連絡をする際のmailはnakachiro0402☆outlook.jp(☆を@に)です。よろしくお願い致します(深々と礼)。

2019-06-22

部活動

17:57

本日、中体連(他県では総体?)の地区大会がありました。

2つ勝てば県大会…だったのですが、力及ばず敗退でした。実は同じ大会に息子たちのチームも参加していて、そちらの方は楽勝で県大会…と思っていたのですが、まさかの初戦敗退。息子たちの部活動も終了となりました。

双子の息子たちは同じ地区で同じ種目のチームに所属していたので、息子たちとは所謂敵同士。ということで、息子たちの試合を見ることはほとんどありませんでしたが、先生方や保護者の方々のおかげで、レギュラーとして最後まで試合に使って頂いたことに感謝しています。嫁さん曰く、試合が終わった後しばらく号泣だったようです。まあ、ウチに帰ってきたらフツーでしたが。私も含め、しばらくは放心状態かもしれませんが、ちょっとしたら新たな目標に向かって新たなスタートを切って欲しいと心から思います。

どんなことであっても泣けるくらい熱中したものがあることは、必ずこれからの人生にプラスになると私は信じています。

2019-06-16

確かにそうですが…

21:25

先週の授業公開の後、参観された先生方との懇談の中でこんな話が出ました。

その学校で『学び合い』をする前は、授業をサボって体育館で遊んでいる生徒がいたそうです。でも、その学校で私とM先生が『学び合い』の授業をしたら、そんな生徒が一生懸命授業に取り組んだ…これは素晴らしいということで、その学校ではその後『学び合い』の授業研究が進み、今では授業中に寝ている生徒やサボる生徒はいなくなったそうです。

「素晴らしいじゃないですか…」と私が言うと「しかし、学力が…」との話。気持ちはよく分かりますが、まずは生徒の成長を認めてあげてもいいんじゃないのかなって思います。また、何でもかんでも要求して、生徒がその全てをクリアできる訳ではないと思います。こちらは願い続けます。でも、もう少し長い目で見てもいいんじゃないのかなって思うのです。

それだけ現場には余裕がないとも言えますが…。

2019-06-13

授業公開

20:00

本日、県外の先生方に来て頂き、授業を参観して頂きました。

授業を公開するのは久しぶりでしたが、いつも通りの授業を観て頂きました。授業後にはじっくり『学び合い』について話をすることができ、私にとっても有意義な時間となりました。やはり、定期的に授業について話をすることは大切なんだと改めて思いました。