Hatena::Groupmanabiai

(続)nakajimaの「一期一会」

長野県南部の中学校で社会科の教員をしています。授業公開は日程が合えばいつでもOKです。その際は①参観はできるだけ複数名でお越し下さい。②授業後に授業(『学び合い』)についてお話をする時間を確保して頂けるとありがたいです。③必要であれば異学年学習の公開も可能ですので、希望があれば事前にお知らせ下さい。連絡をする際のmailはnakachiro0402☆outlook.jp(☆を@に)です。よろしくお願い致します(深々と礼)。

2016-04-08

LINE

22:10

大学での最初の週の生活が終わりました。高速バス通勤にも少しは慣れてきたような気がします。週末は息子の野球に付き合って、来週も頑張りたいと思います。

話が変わりますが、大学の生活で必要になり、LINEを始めました(今更ですが・・・)。とは言っても、設定の方法なんて分かりませんから、ほとんど学生の人にやってもらいました。そしたら、連絡がどんどん来て、プチパニックでした(大汗)。自他共に認めるアナログ人間なので、メールでさえ四苦八苦なのに、急にたくさんの人から連絡が来たので、ホントにドキドキしてしまいました(笑)。

しかし、LINEのやり取りの中で、3月に卒業した生徒や前の学校で卒業させた生徒、さらには前任校の保護者の方からの連絡があり、それぞれがそれぞれの場所で頑張っていることが分かりました。プチパニックにはなりましたが、生徒の動向を知る良い機会となりました。「LINEってヤツも使い方によっては便利なんだな・・・」なんて思ったりもしました。

ネット環境が発展する今日、学校では「携帯やインターネットをなるべく使わない指導」を行います。私も「自分でやったことの責任が取れない人間が、携帯なんて持たなくてもいい!」という指導を行ってきました。しかし、これからの生徒たちは、インターネットや携帯と関わらずには生きてはいけないでしょう。そう考えた場合、生徒たちをネット環境から遠ざける指導をするよりも、その環境の中でどのように生きていくのかを教えて行くことが大事なんだと思いました。

赤坂先生の著書の中に「いじめから遠ざける指導よりも、いじめに強い集団を作ることの方が大事」という一節がありました。今日の出来事を通して、生徒にとって有害な物だからと言って近づけない指導が、結果的には生徒の成長を妨げることにつながるんだと思いました。そして、理想論を展開することよりも大事なことがあるんだと言うことを忘れないようにしたいと感じました。