世界平和と『学び合い』

佐賀県の小学校で『学び合い』を実践しています。皆さまから様々なことを学び、日々向上していきたいと思います。よろしくお願いします。

2019-01-10

賞レース

18:24

 本日、「小学校の先生は、どの教科でも教えられてすごいですね。」と、ある方から言われました。このように言われるたびに私は、全部中途半端なのになあと思います(私はです)。なぜなら、絵なんて大学で8コマ程度習っただけですので、子どもたちが「画家になりたい。」と言っても導くことはできません。私の専門教科の理科でさえも、科学者に習ったことはありますが、習っただけです。なったことはありません。あの方たちの科学に対する見識は次元が違います。ですから、子どもが「科学者になりたい。」と言っても導くことができません。

 では、何のプロなのだろうと考えたときに、正しい心と正しい生き方を教えられるプロでありたいと思います。私の使命が「平和で民主的な国家及び社会の形成者」を育てることならば、それが最も重要なことだと思います。頭がよくても、人を実験台にして殺す医者もいるのですから。

 特に、学校で度々行われる賞レースの時は目指すところを間違えないように気をつけます。勝者と敗者のいる競争社会では、平和は訪れないと思うからです。全員が一生懸命取り組めたか、そのために全員が協力できたかなどが、私としては最も重要です。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/honisiki/20190110

2019-01-09

すごい才能

19:27

 その日初めて会った人と一日中楽しく過ごし、笑顔で「また明日〜、バイバイ。」と、お互いに良い雰囲気で終われるか。なかなか難しいことだと思います。少なくとも、私にはできない。でもウチには、それができる人がいて、そうしてくれる。それも、ほぼ確実に。転入生だけでなく(私をふくむ)みんなにとってありがたい。そして、誇らしく思います。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/honisiki/20190109

2019-01-08

「信じて任せる」とは何だろう。

21:22

 テレビ番組「はじめてのおつかい」を見ていて、こんな場面がありました。

 子どもがふとしたことで、やる気スイッチが入り、買い物に行こうとしました。しかし、急に動き出した我が子にビックリしたお母さんは「○○ちゃん、どこ行くの?!」と声をかけてしまいました。すると、子どもの意識は、お母さんに引き戻され、子どもはお母さんの所へ戻ってきてしまったのです。

 このシーンを見て、私もこの類のことをして、子どものやる気を妨げていることがあるかもしれないと思いました。「信じて任せる」は、簡単そうで実はとても難しいことなのでしょうね。

 それと同時に、信じて任せたときの子どもエネルギーに改めて気づきました。番組の中で、「我が子はこんなにできるんだ」と驚いている親は少なくありません。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/honisiki/20190108

2019-01-07

始業式

18:17

 明日の話は、もう一度「なぜ学校に来るのか、なぜ勉強するのか、何を勉強するのか、どのように勉強するのか」というところから意思疎通を図ろうと思います(意思疎通というか、私の話を受けて子どもがどう感じるかですが)。新メンバーになりますので。

 学級目標は「思いやり」です。3学期は、それはいったいどんなこと?「やさしさ」や「きびしさ」はどう関わってくるの?といったことを考えたり、感じたりできたらいいなあ。くぅ〜、楽しみですね〜!

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/honisiki/20190107

2019-01-06

人とのつながり

22:06

 年賀状に、「今年も〇〇。△△頑張りましょう。楽しいね!」と書いてありました。

 ありがたい。学校にこういう方がいてくださるだけで、より学校に行きたくなります。落ち込んでいても、この方とつながっているおかげで、頑張ろうと思えます。きっと明日も、楽しい1日だろうな。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/honisiki/20190106