世界平和と『学び合い』

佐賀県の小学校で『学び合い』を実践しています。皆さまから様々なことを学び、日々向上していきたいと思います。よろしくお願いします。

2019-01-05

良いスタートを切るために

19:51

 仕事始めは胸がザワザワします。気合が良いほうに行けばよいのですが、大抵は悪いほうに行きます。そうならないために、私が心掛けていることが2つあります。

 1つ目は、頑張りすぎて突っ走らないこと。懸命になりすぎて周りが見えなくなり、周りや正しいこととずれてしまいがちです。しかも、無理があるので、疲れて体調を崩したりします。だから、ある先生に教えていただいた言葉、「歩いているほうが周りがよく見える。しかも、長い距離進める。」を意識して臨みたいと思います。

 2つ目は、「ああしたい。」「ああなりたい。」ばかりを意識しないこと。目指すところばかり考えると、今の自分が見えなくなり、できないことばかりに目が行きがちになってしまいます。これもある先生の教えですが「常に今は『0(ゼロ)』できなくて当然という気持ち」で臨みたいと思います。

motoryoumotoryou2019/01/05 20:13バランスはどうかな?っていうアンテナも同時に働かせる感じでしょうかね(^^)

honisikihonisiki2019/01/05 21:59コメントありがとうございます。
そうですね。おっしゃるように、バランスも見えなくなりがちですね。ほどよく気楽にしていたほうが、色んな事に気づけると思います。そもそも私の今日の投稿が固い気もしますが(笑)

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/honisiki/20190105

2019-01-04

世の為、人の為、自分の為

17:51

 年末の大掃除の時に、ゴミ捨て場にゴミ袋が入りきれなくなり外に置いた人がいました。案の定カラスが来て、ウチのアパートの駐車場がこの世の終わりかのように散らかってしまいました。

 誰のものだかわかりませんが、自分のゴミだと気づいて片づけてくれることを期待したので、皆の帰省を待っていました。しかし、片付く気配なし。仕方がないので、今日1時間くらいかけて拾い集めました。誕生日を祝った形跡があり、子どものいる家庭のものだとわかりました。

 ああ、その家の子どもがかわいそう。子どもは見ていますよ、親が自分のゴミが散らかっているのを見て見ぬふりしているのを。誕生日を祝うより大事なことがあるんじゃないかな?

 まあ、面倒くさいのでしょうね。わかります。でも、どっちが得かで考えれば、ゴミを放っておいた人より、拾った私のほうが得しています。それは、拾った人にしかわかりません。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/honisiki/20190104

2019-01-03

小説、個性、願いなど

21:11

 小説は時々しか読みません。自己中な感情を表しているものが多いからです。気を付けて選ばないと、最後に疲労感だけが残ります。世に出すものは、小説にせよ音楽にせよ、「全員にとって幸せな世の中」につながるかどうかを考えてほしい。それ抜きにして語られる豊かな心はないと思います。

 ましてや、自殺願望を掻き立てる小説なんて・・・。いくら歴史的な大先生でもだめですよ!と思います。

 最近は、多様化する個性や性、家族形態等をテーマにしている小説によく出会います。個性は尊重すべきですが一歩間違えれば自分勝手になると思います。私の中では明確で、「全員にとって幸せな世の中」につながっていれば個性の尊重。そうでなければ自分勝手です。目指すべきところがなければ、「それぞれ」はどこまでいっても「それぞれ」だと思うのです。

 そういう意味で、村田沙耶香コンビニ人間」はわかるが、「地球星人」はよくない。住野よる「君の膵臓を食べたい」はまあよいが、「青くて痛くて脆い」はよくない。瀬尾まいこ「そして、バトンは渡された」は・・・よいですよ!ステキです! 

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/honisiki/20190103

2019-01-02

初詣

18:24

野村監督が言っていたこと。『昔は神様に祈るときは、「(自分が)頑張りますので見守ってください。」だった。しかし、今は、「神様よろしくお願いします。」だ。』

ニュースをみていると、人任せで責任をとらない言葉や行動が色んなところに現れている気がします。

これからの子どもたちには、友達づき合いや勉強は、「先生お願いします。」と任せるのではなく、自分でどうするか考え、選択肢のひとつとして、「教師にアドバイスもらう。」くらいになってほしい。理想的な小学生でなく、立派な人間になるには、大事なことだと思います。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/honisiki/20190102

2019-01-01

日本の文化

16:12

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

実家を出ている私は、正月には親に御賽餞を持って来ています。昨年、のし袋に「御賽『銭』」と書いて渡していたら、違うと怒られていたので、今年は「餞」と書いて持って行きました。ネットで調べても「御賽銭」と出てくるので、納得いかず、なぜかを質問しました。

 すると、「いつの時代の⁈」というくらい古い辞書を示しながら教えてくださいました。なるほど、お金を渡すと言うことではなく「ご馳走をいただいてありがとうございます。」という意味で「食」を使うのだそうです。

 ネットには出てこない心遣いの伝統があるのですね。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/honisiki/20190101