Hatena::Groupmanabiai

chia_ne 「日々是 決戦」 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-10-03

名月と思い出話 23:28 名月と思い出話 - chia_ne 「日々是 決戦」 を含むブックマーク はてなブックマーク - 名月と思い出話 - chia_ne 「日々是 決戦」 名月と思い出話 - chia_ne 「日々是 決戦」 のブックマークコメント

寝ようかな〜と思って毛布に包まったのですが、大事なことを思い出して、庭へ出てきました。


今夜は中秋の名月です。


部屋のブラインドを上げると月光が差し込ん出来て、既に月は空高く昇っていたので、外へ出てぼんやり眺めてきました。


さとばあちゃん…祖母の思い出話によく出てくるのですが、私は幼稚園も行かないような幼いときに、月のことを『なんなさん』と言っていたそうです。何となく自分でも覚えてますが。

なんなさんとは仏様の意味で使われます。何でそう呼んでいたのかはっきり覚えてませんが、うちばあちゃんだったか誰だったかの背中におぶわれて聞いたような覚えがあるようなないような…。


そのせいか、今でも月を見ると手を合わせたくなります。


さとばあちゃんの話では、初めて一人でばあちゃんのとこに泊まるとなった日に、やっぱり泣いて泣いて寝なくて、やっぱりだめだと両親のいる家に連れていく途中、車の窓から月が見えたそうです。さっきまで泣いていた私が、家に帰る安心感もあったのか、「なんなさんや」と月を見て笑ってたそうです。何となくその日も満月だったような気がしているのは、ただの空想なのかも知れませんが、この話を聞く度に明るい満月の印象が浮かびます。今じゃそんな頃もあったと笑い話です。


そんなことを思い出しながら名月と言われる月の光を浴びながら、最後に手を合わせてきました。


明日もいい天気になりそうです。

3つの授業を参観して 21:51 3つの授業を参観して - chia_ne 「日々是 決戦」 を含むブックマーク はてなブックマーク - 3つの授業を参観して - chia_ne 「日々是 決戦」 3つの授業を参観して - chia_ne 「日々是 決戦」 のブックマークコメント

 今日は3つの授業を参観しました。国語を3つ。「学び合う、聴き合う」授業なので、独特の雰囲気があります。みんながあのようにじっくりと話をするという雰囲気を作るというのは、日々の学級経営が基礎だなと改めて思いました。そして、どの先生もとっても柔らかな雰囲気が漂っていて、子どもたちが安心して発言しているという共通点がありました。私のお手伝いした教室でも、自分の言いたいことが言いたくて言いたくて・・・という気持ちを抑えられない子が、みんなに受け入れられ、その発言からまた全体に広がるというステキな場面がありました。目指したい雰囲気の一つです。

 さて、そんな3つの授業を見ていいな感じたことは以下のようなことです。

① グループ・ペアトークの活用

 ・ 自由な発言を受け入れる姿

 ・ そこでの解決は求めているわけではない

② 全体に広げようとする子どもの意欲

③ 大きな課題の中で柔軟に展開していく

 (その時間での解決を必ず求めているわけではない。)

④ 自分の気になることの解決の糸口は友達の中にある

⑤ 一人一人が叙述を大切に読む



 私自身、国語の学習を展開するときに一番苦戦するのは、叙述に立ち戻るということで、そこからまた想像を広げるということを、どうしたらいいタイミングで取り入れることができるのかということです。

 効果的な音読、動作化など手立てはありますが、それをどこでいれるか、子どもたちとの「呼吸」が合わないと、ベストなタイミングはつかめません。それがこの学校の国語にはありました。勉強になりました。

 『お手紙』を早くやりたい!と思いました。が、その前に『サンゴの海の生きものたち』です。2回目の2年生なので、2回目の『サンゴ・・』です。2年前の研究会の資料を引っ張り出しながら、全体での話し合いに挑みます。

研究会にて 21:34 研究会にて - chia_ne 「日々是 決戦」 を含むブックマーク はてなブックマーク - 研究会にて - chia_ne 「日々是 決戦」 研究会にて - chia_ne 「日々是 決戦」 のブックマークコメント

 1年ぶりくらい?の再会をしました。もしかしたら2年かも。いつだったか妙高高原にOB会でスキーに行った以来なので2年かも知れません。

 学校あげての研究会で、同期の先生のお手伝いをしたのですが、その先生の授業の前に時間があったので、別の教室を見てこようとウロウロしていたら、よく知った顔が歩いてきて、思わず昔の呼び名をつぶやいたら大正解でした(笑)

 「ここでそれで呼ぶか?」と笑われました。が、長野から3時間ほどかけてこられたそうで、同じ2年生を担任していることが分かり、午後にもまた話す時間をとることができて、楽しい時間でした。

 この研究会では何故か毎年いろんな方と再会できます。それも懐かしい方。

 こういう偶然ってあるんですね。