愛媛県の片隅から このページをアンテナに追加 RSSフィード

 愛媛県で小学校の教諭をしている、本山といいます。今は、『学び合い』、信頼ベースの学級ファシリテーション、アドラー心理学に興味をもち、講座などで勉強したり、ちょっとずつ実践したりしています。

2018-05-16

いじめ0の日

23:32 | いじめ0の日 - 愛媛県の片隅から を含むブックマーク はてなブックマーク - いじめ0の日 - 愛媛県の片隅から いじめ0の日 - 愛媛県の片隅から のブックマークコメント

松山市では、毎月10日が「松山いじめ0の日」に指定されています。

各学校の創意工夫でいじめをなくすための活動を行います。例えば、全員遊びや交流給食などです。

今は、なかなか言える立場ではないですが、その日に1時間、全校『学び合い』をするのも選択肢の一つだなあ、と思います。

2018-05-10

仕事のこなし方

21:05 | 仕事のこなし方 - 愛媛県の片隅から を含むブックマーク はてなブックマーク - 仕事のこなし方 - 愛媛県の片隅から 仕事のこなし方 - 愛媛県の片隅から のブックマークコメント

『なぜか仕事がうまく行く教師の7つのルール』を読んで、ハッとしました。

それは「計画的」より「できることをすぐやる」ことです。

以前はTO DO リストに仕事を書き込んで、一週間の仕事の予定を組んでいましたが、いざやってみると次から次に色々な仕事が入ってくるので、いつの間にか挫折していました。

その時の私は「仕事が予定通りに進まない、もっと自分の時間をくれよ!」とイライラしてしまっていました。

でも、それは周りから頼りにされているからだと知れました。むしろ計画通りにうまくいくなら無能だと。

今はとにかく頼まれた仕事をリストに書いて、片っ端から片付けていっています。

今まで藁にもすがる思いで、たくさんの仕事術の本を読んできましたが、

「できることをすぐやる」

これが、一番私の中でしっくりくる考え方でした。

2018-05-08

漢字指導

23:11 | 漢字指導 - 愛媛県の片隅から を含むブックマーク はてなブックマーク - 漢字指導 - 愛媛県の片隅から 漢字指導 - 愛媛県の片隅から のブックマークコメント

以前、子どものテストの点数を見て、新出漢字の定着ができていないなー、と落ち込むことがありました。

そもそも国語って、教科書や指導書だけでは足りないんだよなー、と思います。

指導書に書かれている単元計画以上に、新出漢字の学習や語句の意味調べをしなくちゃいけません。

だから想像以上に時間が必要なんですよね。

『学び合い』で新出漢字の学習って、なかなか難しいですね。

漢字指導については、自分の中では今もTOSSや法則化の影響が根強いです。

今年『学び合い』フォーラムへ行くことができて、去年のように学びたいことを付箋に貼ることがあるならば、自分は漢字指導と書くつもりです。

もしも、よい方法があるよ、という方がいらっしゃったら、勉強させていただきたいです。

2018-05-07

学級会

22:45 | 学級会 - 愛媛県の片隅から を含むブックマーク はてなブックマーク - 学級会 - 愛媛県の片隅から 学級会 - 愛媛県の片隅から のブックマークコメント

先日、学級会を始めました。

やり方は、赤坂真二先生のクラス会議です。

最初なので、輪になって、「いい気分、感謝、褒め言葉(コンプリメント)」の交換までです。

以前は、森重裕二先生の朝の会クラス会議も実践してみたのですが、やはり、朝という限られた時間の中で行うのは相当に厳しかったため、断念してしまいました。

こちらも、いつかは再チャレンジしてみたいなあ、と思っています。

本を参考にしながら、クラス会議の最初の語りをしたとき、『学び合い』の語りとつながりがあるなー、と思いました。

丁寧に進めていき、去年よりもよりよい学級会ができるように、子どもたちと頑張ります。

2018-05-01

出席簿

21:47 | 出席簿 - 愛媛県の片隅から を含むブックマーク はてなブックマーク - 出席簿 - 愛媛県の片隅から 出席簿 - 愛媛県の片隅から のブックマークコメント

最近、出席簿が手書きからデジタル入力になりました。

もしかしたら他ではとっくになっているのかもしれませんが。

デジタルで打ち込んだ出席簿を月末に提出したとき、管理職から指摘を受けました。

その指摘は、今までの手書き出席簿だと、絶対にミスしない箇所でした。

しかもそのミスを、他の先生方もしていました。

結局、私が仕事でできるようになったのは、「手書きの出席簿を仕上げる」ことであって、「出席簿を仕上げる」ことではないんだなあ、と思いました。

子どもの「単元テストの学力」と、「学力状況調査の学力」は違うことの意味を、ちょっとだけ体験できた気がしました。

jun24kawajun24kawa2018/05/09 22:04どんなミスですか?

bookmountain333tmbookmountain333tm2018/05/10 21:13jun24kawaさん
休日部分の線の引き方や、子どもの欠席理由を書き込むことです。
今までは当たり前にできていたことなのに、指摘されるまで気づけませんでした。
今思うと、子どもの学力の話とは少し違うかもしれません。

jun24kawajun24kawa2018/05/12 20:17ありがとうございました。