あおのりの共育挑戦記

千葉県で小学校の教員をしています。 『学び合い』の精神で子どもたちと共に育っていけるよう日々チャレンジしていきます。

2014-03-31 (月)

次こそは「寂しい」と思える別れを

今日は辞校式でした。

初任から3年間勤めた学校を去る日です。

壇上で児童へ向けた最後の挨拶、同期で入った女性の先生は3年間の思いを述べ、感極まって泣いていました。

私は、なぜだか何の思いも湧いてこず、妙に冷めた感じで話を聞いていました。

初めて教壇に立った思い出深い学校のはずなんですけどね。


私が、この学校を去るのが名残惜しい、と思えるだけの仕事をしてこなかったということですね。

きっと休職してから、子どもたちや先生方に対して、本気で向き合って思いをぶつけることを避けてきたのかなぁと思いました。

思えば、誰に対しても敬語を使うようになったのは休職してからですね。

いつのまにか妻にすら使うことが多いです。ちょっと変ですよね。


お見送りの列をつくる子どもの間を涙を流しながら歩き、関係した子たちからいっぱい手紙をもらっているその先生が少し羨ましく思いました。


別に泣きたいわけでもないし、手紙が欲しいわけでもないんですが、なんだか、すご〜く一生懸命だったんだなぁと思って、そんなに一生懸命頑張れるのがすごいなと思いました。

もちろん、私が仕事の手を抜いていたわけではありません。一生懸命やりました。

私も、教えた支援学級の子たちからメッセージをもらいました。保護者の方から言葉ももらい、「一生懸命ご指導いただき〜」とか「先生の熱意が〜」とか言ってもらいました。

でも、なんだか心に響かないんですよね。


次の学校では、異動の時に何か感慨深いものを感じられるような仕事をしたいと思います。