あおのりの共育挑戦記

千葉県で小学校の教員をしています。 『学び合い』の精神で子どもたちと共に育っていけるよう日々チャレンジしていきます。

2014-01-30 (木)

折り合いをつける、とは。

学び合い』の学校観は、「多様な人と折り合いをつけて自らの課題を解決すること」だとあります。

正直、私は今まで「折り合いをつける」の意味がちゃんと理解していませんでした。

せいぜい、「ケンカしても仲直りする」とかその程度の意味でしか捉えられていなかったと思います。

色々な方が、「うまくやる」とか「したたかに」とか言うのも、「うんうん、したたかに、したたかに、ですよね!」と分かっているつもりでしたけど、言葉の響きに気持ちをよくしていただけで、実際は分かっていなかったんだと思います。


辞書を引くと、

① 人と人との関係。「嫁と姑との―が悪い」

② 互いに譲り合って一致点をみつけること。「―をつける」「二人の間で―がつく」

③ 連句で,長句のとめの字と,短句の中のとめの字とが同じであること。「てにをは」でとめる場合,避けるべきこととされる。体言の場合にはかまわない。

とあります。

② 互いに譲り合って一致点をみつけること。「―をつける」「二人の間で―がつく」

私は今まで折り合いをつける、折り合いをつける、と思いながら、実際、全然「譲って」いませんでした。

なんとか自分の考えを理解してもらおうと必死になっていたと思います。

自分と違う考えに触れた時、「なるほどー。でも・・・」と「でも」がいつも頭にありました。

これじゃあ、たとえ一致点が見出だせたとしても、譲ったのは向こうだけ。折り合いがついているわけではない。

もしくは一致点が見いだせないまま、同じ方に進んでいる「ように見える」。けれどもちろん、表の皮を一枚めくれば中ではバラバラ・・・

譲るだけの心の余裕や視野の広さがないので、バラバラになっているのも気づかず、同じ方向に進んでいる、と錯覚してしまう。

こうやって、以前周囲と折り合いをつけられず学級を崩壊させ、私自身も鬱病になってしまったのでした。



では、折り合いをつけるってどうすりゃいいのさ。

今回たどり着いた私なりの結論は、

自分の思い通りになるわけではない、と諦めて相手に従う。その状況下で、できることをやる。

です。これが、諦めて従っちゃ「譲り合って」ないじゃん!とも思うかもしれませんが、多分、私が本質的に「諦める」のはムリです。

自分でも思いますが、私ってほんとに頑固。面倒くさいくらい頑固。ちょっと悲しくなるくらい強情っぱり。

なので、ばっさりと「諦めて従う」くらいでちょうどいい気がします。

それぐらいやらないと、逆に相手は納得してくれないと思います。不満だらけなのが表情に出てしまいますし(笑)



こんなこと書いている自分、幼いなぁと思います。

だから今、少しずつ大人になっていっているのでしょうね、きっと。

組織っていうのも、こうやってみんなが我慢しながら成り立っているのかなぁ。



ということで、今の校長の下での『学び合い』は昨日で終了しました。

今日からは授業中の関わり合いを廃した徹底的な個別指導に入りました。

(気持ちの面で納得いっていなくて、今日は暗黒面丸出しでしたけど。子どもは何も悪くないのに、本当に申し訳ないですね。反省。)


一人も見捨てたくない、自分も含めてみんなが幸せになるために教員として働いていきたい気持ちに変わりはありません。(ないつもりです。本当はこれも言葉の美しさに酔っているだけだったりして・・・??)

なので、今の環境で自分と、子どもたちと、のためにできることをやります。

前向きに、どんな状況からも学び取っていきたいと思います。

(本音は、「あと2ヶ月早く終われ―!」です。)

scorpion1104scorpion11042014/01/31 22:22きっと、いろいろなことが重なっておられるのでしょうね。私の場合は、十年前に管理職の複数の指示が納得できなかったことがありました。悔しかったけれども上司の指示に従いながら、この体験から絶対に損しないと決め実行しました。指示にしたがいつつも、それを良いように解釈しました。解釈したことに文句がつけられないようにしました。その時からですね~、転んでも何か拾って起き上がる私になったのは。で、うるさいおばさん教師になったと思ってます。(笑)2ヶ月間、長いかもしれませんね。応援してます。

aoqsk2630aoqsk26302014/02/02 23:01◆scorpion1104さん
励ましありがとうございます。上司の考えと自分の考えがズレると苦しいですよね。
「良いように解釈、それに文句がつけられないように」
これが自分にはどうしていいかよくわからず、難しいです。上司の考えと自分の思いのすり合わせが必要なのでしょうが、うまく頭が回りません。
あと2ヶ月、起き上がろうとしてまた撃たれるのも嫌なので、死んだふりでもしていようと思います〜