あおのりの共育挑戦記

千葉県で小学校の教員をしています。 『学び合い』の精神で子どもたちと共に育っていけるよう日々チャレンジしていきます。

2014-01-26 (日)

機嫌が悪い時にも笑顔でいたい…どうしてもできない時には。

前回の投稿からずいぶん間が開いてしまいました。

おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。




さて。

どうにも機嫌が悪い時ってありますよね。

つい先日も、同僚のちょっとした一言に腹を立てて、いまだに引きずっております。

我ながら情けない。


個人的なことはさて置き、そんな、まったくテンションの上がらない日でも子どもたちには全力で向かっていかなければならないのが教員としての勤めです。


子どもたちは健気に頑張っています。

でも笑顔で褒めてあげられない!

あぁ、どうする私!


そんな時私が笑顔の代わりにすること。

それは

グーサイン

とっても便利に使えます。

もちろん、歯をキラリと見せての爽やかなグーサインではありません。

ポイントがあります。

  • あえて険しい顔で

「本気さ」を演出?

  • 低い声で「いいね」

「さすが」とか「ナイス」「やるじゃん」「イェイ」など、短い言葉なら何でもOK

  • 最後にハイタッチ

私はハイタッチを多用するので使いやすいですが、普段使ってなかったら微妙かもしれません。でも何らかの形でスキンシップを取るのはいいと思います。


動作的にはとっても簡単です。

必要なのはちょっとの勇気。怒りが渦巻いてる時にはこれを出すのが難しいのかもしれませんが。

普段から時々使ってるとハードルが低いかもしれませんね。


曲がりなりにも褒めているので、何度かやっていると次第にマイナスの感情が薄らいできて、ちょっぴり眉を緩めたり、口角を上げたりできるようになってきました。


いつでもにこやかに笑える心の強さがあればいいんですけどね。

FlipperKFlipperK2014/01/27 05:19私もしょっちゅうです。今も薬飲んでる身ですしね。これらのアクション、参考になります。ありがとうございます。

aoqsk2630aoqsk26302014/01/31 03:31◆FlipperKさん
参考になったなら幸いです。私は今は薬は飲んでいません。医師の診断があったわけではなく、怠慢のために病院に行っていないからです。いけないと思いつつ、日々なんとか持ちこたえているので、易きに流れています。