あおのりの共育挑戦記

千葉県で小学校の教員をしています。 『学び合い』の精神で子どもたちと共に育っていけるよう日々チャレンジしていきます。

2013-10-12 (土)

イベントで見える子どもたちの成長

今日,地区の合同運動会がありました。

市内全域の小中学校の特別支援学級の児童生徒が集まり,スポーツで楽しみます。


初めて参加しましたが,いやー疲れました。

人がたくさんいる環境が得意ではないし,とにかく今日は暑かった。

熱気ムンムンの中,子どもたちは大変よく頑張りました。


もちろん,小さなトラブルもたくさん。

会場の大人数の雰囲気に圧倒され,緊張で顔が強張っている子がいました。

お母さんの応援を感じられず,寂しくて「帰りたい」という子がいました。


そんな時にその子を救ったのは,先生からのなだめる言葉がけではなく,他の友だちでした。

「今朝,何食べた?」という話題や,「今日,頑張ろうね~」という友だちからの一言,「おはよう」のハイタッチ。

いつの間にか表情が緩み,いつもの表情に戻って楽しんでいました。


応援席にイスなどは設置されていません。みんな最前列に並びたくて,最初は押し合いしていました。

でも,「応援したいし見たいのはみんな一緒だね」と私が声をかけると,どこからか「低学年が背が低いから前だよ」と声がかかりました。

開会式や閉会式での入場のために並ぼうとした時も,最前列で目立ちたい子を回りの子が優しく抑え,学年&背の順にきちんと並べました。


素直に,すごいなぁと思います。

正直,準備が大変で面倒くさいと思っていたイベントでしたが,子どもたちの成長をたくさん見られてとても嬉しくなりました。

この頑張り,まとまりを保護者の方々に見てもらえたというのも嬉しい。

普段は学級通信での文章や写真だけですから。


でも,ドタバタ,めまぐるしい1日で子どもたちも疲れたことでしょう。

きっと帰ったらグズグズなんだろうと思います。私がグズグズですから。

さっさと寝ます。

scorpion1104scorpion11042013/10/13 00:34私のところも地区の特別支援の合同遠足があります。事前準備の話し合いがかなり大変ですね。子どもたちは、毎年出会う数名の児童を覚えていて、楽しみにしている面もあったり保護者間の情報交換会みたいな面もあるらしくおしゃべりに花が咲いてます。ですから、疲れるけどやって良かったと私も思うことが多いです。でも、合同のスポーツの会だったら、準備や事前の打ち合わせが半端なく大変でしょうね。1人ひとりの諸々の事情があるでしょうから。