あおのりの共育挑戦記

千葉県で小学校の教員をしています。 『学び合い』の精神で子どもたちと共に育っていけるよう日々チャレンジしていきます。

2013-10-03 (木)

私は、鬱病を抱えています。

復帰一年目ということもあり、身体を最大限大切にしながら働きたい時期です。

特に心に負担をかけないように、余裕を持って生活できるように、公務分掌上も配慮をいただいています。


が、秋というのはどうしても忙しくなるようです。

うちの学校の行事予定は、9月の後半から、頭がおかしくなりそうなほど行事が詰まっています。

校長や教頭にいたっては、土日PTAでの会合などもあり、2学期に入ってからまともに休日が取れていない状況だそうです。かわいそうに。


私個人も、休日は家族で出かけたり、幼稚園の体験会について行ったり(来年、娘が入園なのです)、友達の結婚式の余興を頼まれたことから高校の友人で集まって相談したり・・・

充実していると言えばそうなのですが、全然ゆったり休んでいません。


うまく時間がつくれなくて、通院もできないことがあり、ついに薬が切れました。

そこから数日はなんとかやれていたのですが、昨日、イライラを我慢できず、自己嫌悪に陥りました。

なので仕事や予定をキャンセルして、強引に病院に行き、薬ももらってきました。


今日、昨日とは打って変わって、笑顔になれて、子どもを誉められて、受け入れられて、子どものことを尊重しながらうまいこと関われた気がします。

支援員の先生にも、「なんだか昨日と違いますね」なんて言われました。


見た目は普通でも、自分は内側にまだまだ大きなものを抱えているようです。



子どもたちも、見えないけど、分かりにくいけど、大きな困難さを抱えています。

いろんなことを包み隠さず共有して、みんなで解決や向上を目指す、そんな方向に行けたらいいななんて思っています。

ogymogym2013/10/05 11:41>>子どもたちも、見えないけど、分かりにくいけど、大きな困難さを抱えています。

そうですよね…あらためて子どもたちのこと、振り返りました。ありがとうございます。

daitouirukadaitouiruka2013/10/05 12:21大変なことも多いようですが、先が全く見えない状態ではなく、それとの付き合い方の方向性がある程度見えているということは安心につながっていきそうですね。

aoqsk2630aoqsk26302013/10/12 23:23返信が遅くなりすいません。コメントありがとうございます。
◆ogymさん
大人もそうですよね。気丈に振舞っていても,笑顔で仲良さそうでも,実は・・・なんてこともあります。
調子のいい時も悪い時も,嬉しい気持ちも淀んだ気分も,支えあって一緒に歩んで行ける関係はステキだなぁと思います。

◆daitouirukaさん
見通しって大事ですよね。現状を的確に分析するってのも大事です。私にはそれが欠けているので,日々苦労が絶えないんだろうなぁと反省します。