あおのりの共育挑戦記

千葉県で小学校の教員をしています。 『学び合い』の精神で子どもたちと共に育っていけるよう日々チャレンジしていきます。

2013-09-25 (水)

鋭意、面談中

特別支援学級に所属する児童には、「個別の指導計画」を作成します。

私の今いるの学校は、通知票と一体化させる形を取っています。


2学期の分を作成して、ここ最近、保護者の方々と共有のための面談を行っています。

連日、保護者の皆さんとお会いし、お話しして感じるのは、自己発信の必要性です。


みなさん、とっても、溜まっています。吐き出したいこと、感じている悩み、潜在的に抱えている課題、これからへの不安、学校やその他様々なものへの不満。


でも、日常それを吐き出し、発散したり、昇華させたりする場が圧倒的に足りないんだろうなぁと想像します。

障害を抱えていたりすると子どもたちは孤立しがちになりますが、親も孤独感を強く感じているのかも、と思います。


人によっては2時間以上も話し込んで帰りました。

もちろん、こちらから伝えることもたくさんある中ですが、思いをたくさん吐き出し、少しすっきりした顔で帰られる姿を見ると、少しだけ安心します。


どの人も、もっと自己発信する必要があると思います。思いを口に出し、文字に変え、自分の外に出す。

特に負の感情で埋め尽くされないようにするには、とっても大事です。


そして、自分の望みを叶えるためにも。

不満や悩みがある、ということは、こうしたい、という願いがあるということです。でも、自分一人の力ではどうにも解決できないから、悩むのです。

自己発信して、他人と共有すると、解決の糸口が見つかることがあります。

相手が積極的に何かアクションを起こし、一気に状況が変わる可能性もあります。


でも、思いを発信しなくては、それはありません。気付いてー!!と心で叫んでも、誰にも届きません。



私も、何かを変えたくて、ブログに投稿しています。実践記録や児童の記録も日記も細かくとるようになりました。SNSにも顔を出し、様々な人とつながる努力を始めました。

そうしたら、心の中で叫び、不満たらたらだった頃から、何かが変わってきた気がします。

もう少しで、また違う世界が見えてきそうです。

scorpion1104scorpion11042013/09/26 02:22おんなじですね~。マイペースでまいりましょう。私、マイペース過ぎて昔「どん子」というあだ名だったんです。(笑)

aoqsk2630aoqsk26302013/09/26 22:08◆scorpion1104さん
おんなじですよね~。
周りからどう言われようと、マイペースでいられるのってとてもステキなことだと思います。
マイペースでいきましょう。