あおのりの共育挑戦記

千葉県で小学校の教員をしています。 『学び合い』の精神で子どもたちと共に育っていけるよう日々チャレンジしていきます。

2013-09-07 (土)

千葉の会は懇親会が楽しい

9月7日(土)の第19回『学び合い』千葉の会に参加しました。


今回一番のできごとは,「飲み会が楽しかった」ということです。


もちろん,昼間の会は学びも最高です。

今回は,井上先生の指導案検討と,私の特別支援についての話と,大野先生の2学期再スタートの語りについてが話題となりました。


残念ながら大幅な遅刻のため,指導案検討にはほとんど参加できず。

自分の発表も,事前の準備不足がたたり,なんだかぐだぐだに・・・・・・

でも,参加者の皆さんからするどい質問をいただいたことで話したいことが追加できたり,また全員で意見を交換できたりしました。

そう考えると,自分の中ではだいぶ反省が多いですが,皆さんへの話題提供くらいはできたのかと少し安心。


大野先生が思考整理に利用したエンパシーチャート,少し気になります。

次回のテーマともなるかもしれないとのこと。楽しみです。


その後の懇親会では,昼間の話とはまた違った,濃い~ぃ話ができました。


学校を作りたい夢を楽しそうに語るnisinaoさんたちの話を聞いていて,自分にはそんな発想はなかったので驚くとともに,楽しそうだなぁ,いいなぁとも思いました。

封建社会から競争社会へ,今は共生社会へ転換していこうとしている。

今,幸せに生きている人は環境は違えど,共生社会の中にいる。

より高い次元の夢を思い描き,具体的な目標,予定に落とし込んでいく。

そこまで落とし込めてはじめて,実現させることができる。

そのためにはより高い次元でものごとを考え,願っていく必要がある。

将来の身の振り方を考えさせられる大切な気づきです。福島でのフォーラムでの西川先生の話ともつながりました。


今はまだ,自分のごくごく身近なことを考えるので精一杯です。でも,その時期だって大事。

いつかそこから脱皮して,一歩外の世界へ出た時に,自分が何を思うのか,今から楽しみでもあります。


あとあと,ほめるのってやっぱり大事だと実感。

ワタミの店員さんをみんなで褒めまくり。そしたら小さなこともプラスに捉えられて,サービス満点に感じてさらに幸せ。

みんなでハイタッチ。爆笑。


楽しさ,伝わりませんよね。

知りたい方は,ぜひぜひ次回の千葉の会へ。

とってもあったかい人たちばかりですよ。