あおのりの共育挑戦記

千葉県で小学校の教員をしています。 『学び合い』の精神で子どもたちと共に育っていけるよう日々チャレンジしていきます。

2013-08-01 (木)

おかあさまのためのコーチング

おかあさまではありませんが。

古本屋で本棚を眺めていたら,105円だったので買ってみました。

おかあさまのためのコーチング

おかあさまのためのコーチング

「コーチング」という言葉には前々から興味があったのですが,いや~初めて読むにとってもいい本でした。

帯に書いてあることは間違いありません。

コーチングの技術や人と相対するときの姿勢が丁寧に,著者のエピソードを数多く交えながら書かれていました。

なるほどと納得したり,大事にしたい言葉がありすぎて,本が付箋だらけになりました。

クラスの子どもや,自分の子どもとの関係を見直すよい機会になった気がします。


教員採用試験を受ける時に決めたことを再確認。

子どもの気持ちに寄り添って,チャレンジをいつでもサポートしていける大人でありたいと思います。


そして中でもとっても印象的だった言葉。

そして,コーチは一つの原則を持って生きている生き物です。それは,「相手から帰ってきたコミュニケーションは,自分が相手に伝えたコミュニケーションの結果である」という原則です。つまり,相手からの反応はすべて自分が引き起こしたものだ,という立場を忘れずに関わりを持ち続けるのです。

日頃の自分の雑なコミュニケーションをとっても反省しました。

自分の子どもの言葉遣いが悪くなってるのは,親である自分の悪い言葉を聞いているからですよね。

クラスの子どもが自分の話を聞かなくなったのは,自分が子どもたちの声に耳を傾けなくなったからかもしれません。

逆に,妻との関係がうまくいっているのは,自分が感謝や愛情を伝えているからでしょう。

職場の同僚に自分を受け入れてもらうためには,自分から好意や受け入れる気持ちをどんどん表現していく必要がありますよね。


明後日の『学び合い』フォーラムに行きます。

福島なんて遠くまで,しかも泊りがけで学びに行くなんて初めての経験です。しかも会ったことのある方はほとんどいないので,とってもドキドキ。

大きなチャレンジです。

でも,きっと自分と同じように緊張いっぱいの方も少なからずいるはずです。

一人残らずみんなで学んで,みんなで成長していけるように,勇気を出して積極的に行動しようと思います。

maya-1さんの記事にならって,簡単な名刺も作ってみました。

緊張ですが,とっても楽しみです。

maya-1maya-12013/08/02 13:24千葉の会では、十分にお話できませんでした。先生の真面目な姿勢であまり無理なさらないように。名刺を持参して参加してくれるんですね。ありがとうございます。私自身、校長になったとき教委からいただいたのが名刺を持った初めてでした。でも、大事なツールの1つだと今は思っています。

aoqsk2630aoqsk26302013/08/02 21:44「名刺交換」ってなんかやっと一人前の社会人になった気がします。
ですが臆病者なので,萎縮していたらどうか助けてください(笑)

akifune3akifune32013/08/02 21:48私も今日名刺つくりました。笑
明日はよろしくお願いします。

aoqsk2630aoqsk26302013/08/03 05:02では、ぜひ改めてご挨拶させてください
よろしくお願いします~