Hatena::Groupmanabiai

akifune3の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012年秋に『学び合い』に出会い,『学び合い』を研究,実践してきました。連絡先はakifune3とgmail.comを@で繋げてください。

2015-01-28

お誘い

21:46 | お誘い - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - お誘い - akifune3の日記 お誘い - akifune3の日記 のブックマークコメント

西川研究室OBの西澤氏から以下のような,『学び合い』の会のお誘いがありました。ご都合がつく方はぜひ,参加をご検討ください。


*******************************

第1回 東信ブロック会を次のように開催するはこびとなりました。

3学期を迎え何かとお忙しい時期ではありますが多くの方と情報交換ができればと思っております。

日 時  平成27年2月15日(日)午後6時00分から午後8時

会 場  長野県上田市交流文化芸術センター・上田市立美術館第一会議室

内 容 ①高校生・若年者と夢を語り合う

     ②夢のプレゼンテーション

     ③フリートーク

申 込  こくちーず(http://kokucheese.com/event/index/254442/)からお願いします。

 

      

      懇親会にご参加いただける方はその旨のお申込みをお願いします。(懇親会からの参加も可です!)

********************************

2015-01-26

中学校キャリア教育『学び合い』

22:49 | 中学校キャリア教育『学び合い』 - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 中学校キャリア教育『学び合い』 - akifune3の日記 中学校キャリア教育『学び合い』 - akifune3の日記 のブックマークコメント

本日は,研究室の仲間と中学校3年生学年合同キャリア教育の出前授業を参観してきました。

本時の課題は「「将来,自分が幸せであるために,高校卒業時の自分はどんな自分でありたいか」を考え,仲間2人に説明して,納得してもらうことができる。」こと。

授業の導入では,今までの中学校生活の写真などが映し出された動画が流れ,生徒がこれまでの生活を振り返る時間となる。その後,授業者が課題を説明し,学習活動が開始されます。学習活動時間は20分と少々短く,課題も少し難しいかなと思いましたが,予想を上回る生徒の動きでした。教師の話を聞くときはとても静かにしていたけれど,学習活動になると,近くの友人に相談したり,黙々と自分の将来像を考えたりしている動きが見られる。

素敵だなあと思った姿は,教室の後ろの方にいた生徒の意見を聞きに行く生徒がいたり,最後まで残っていた生徒に対して話を聞きに行く生徒がいたりしたこと。みんなができるためにはどうしたら良いかということを,たった20分の授業で学んでいる生徒の姿があった。

最後の生徒の振り返りからは,

「もともとは赤の他人だった友達から,自分の幸せについて考えられる深い関係性になれたことが嬉しい」(少し記憶違いがあるかもしれません)というような発言が聞かれました。

参観された学校の先生からも,

「今までの授業を振り返る機会となった」

「授業の冒頭から,泣きそうでした」

と,とても素敵な評価をいただいた出前授業でした。


授業者はこれからもこのような出前授業を増やしていきたい!と,意欲的なので,興味がある方は是非ともご連絡ください。(近日中に,ブログ公開予定だそうです!)

mei-c5mei-c52015/01/26 23:07深い関係性、、、一瞬びっくりしました…!(゚o゚)
ブログ公開されるんですね、楽しみにしております♪

akifune3akifune32015/01/26 23:15誤字です。汗 ご指摘ありがとう!
乞うご期待!

2015-01-24

『学び合い』北信の会 語り

01:41 | 『学び合い』北信の会 語り - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『学び合い』北信の会 語り - akifune3の日記 『学び合い』北信の会 語り - akifune3の日記 のブックマークコメント

ゼミのFさんと2人で,O町K小学校で開催された『学び合い』北信の会に参加してきました。上越を出発する時刻が遅かったこともあり,開始時刻に間に合わず,あまり十分に参加者の方々とお話しをすることができませんでしたが,得るものが多い会となりました。


ttfuji先生の発表や高校理科のH先生の発表を聞き,子ども達にどのように語っていくのかが大切だと改めて感じました。ttfuji先生は算数授業の単元全体の『学び合い』について発表し,テストの結果などの成果を報告してくださいました。また,成果を報告したうえで,「本当に「みんなができるようにする」という意識が低い子が多い。」(ttfuji先生の資料引用)ということを課題で挙げ,他の学級ではどのようにしているのかということを全体に投げかけました。


私が支援している学校においても,2学期終了時に同じ課題が教員の振り返りで出てきました。2学期全校達成がほとんどできない状態で,子どもたちが本気になれていない。教員自身も全校達成を求めきることができていない。そこで,少し全校算数の学びがマンネリ気味になってしまいました。


先週,3学期最初の全校算数が行われ,研究主任の先生が仕切り直しをしました。

「2学期の全校算数で全校達成の回数が少なかったことみんな気付いている?」

うんうんとうなづく子ども達。研究主任の先生は続けて語る。

「みんな頑張っているけれども,全校達成するために足りないことがあるんだよね。それは何だろう。」

「全校算数の時間,先生は教えることはしません。チョークを持って説明をすることはしません。それはなんでだと思う?それは,みんなだったらできるからだよ。」

研究主任の先生が,子ども達のことを本気で信じ,子ども達の力であれば達成できるということを伝えた語りでした。


その日の子ども達は過去にないほど良い動きをしました。普段はかかわりをもたない児童同士が学び合っている姿があちらこちらで見られました。しかし,その日は残念ながら全校達成はできませんでした。研究主任の先生は,締めの語りをしました。

「今日はとても良い学びでしたね。しかし,全校達成できませんでした。まだ何か足りません。それを考えてくださいね。」


子どもに本気で求めているけれども,責めるような口調ではない。だから,子ども達も暗い様子ではなく,悔しがる様子でした。


そして,昨日の全校算数では先週のリベンジと言わんばかりの学びを見せました。その結果,残り30秒で全校達成。子ども達は今までにはないくらい喜び,振り返りの時間でもノートにみっちりと振り返りを書く児童の姿がありました。

校長先生は,「1年生のふりかえりのレベルが高学年と同じだよ。子どもの中に思いがあれば,それだけの記述ができるんだね。」とコメント。教師が子どもを信じ,本気で求め続ければ,子どもは教師の想像を超える動きを見せるということを感じた一日でした。



>「本当に「みんなができるようにする」という意識が低い子が多い。」

という課題に対しての私の考えは,教員が仕切り直しを行い,子ども達のことを信じて,本気でみんなができるようになることを求める。みんなができなかったときも,責めるような形ではなく,子どもを信頼した語りをしていくことなのかなと思いました。

まだまだ自分は,実践経験が少なく,偉そうなことも語れる立場ではありません。現場に出て実践をすることを通して,また考えが変わるかも知れません。けれど,今の想いを忘れないために,久々にブログを更新しました。最近更新頻度が減っているので,更新頻度を増やしていきます。

kuro106rakuro106ra2015/01/24 06:25お久しぶりです。
勤務校に来ていただいていたころが懐かしいですね。

あの時akufune3さんとつながれたおかげで、昨日も素敵な方々と話すことができました。感謝してもしきれません。

ttfujittfuji2015/01/24 08:57akifune3さん、昨日は遠路よりお越しいただきありがとうございました。十分お話しできなかったところをブログに書いていただきありがたいです。『学び合い』の考え方の授業では「語り」が大切だと思っていながらも、苦手意識があり、できるだけ語らずにすませてしまう自分があります。「みんなでみんながわかる」ことの価値とその可能性を信じていることをもう一度しっかり伝えていこうと思います。ありがとうございました。

akifune3akifune32015/01/24 22:44kuro106raさん
コメントありがとうございます。昨年度は2回も参観させて頂きましたね。懐かしいです。
素敵な方々とお話しができたのですね!また,群馬セミナーのときにお話し教えてくださいね。

ttfujiさん
いつも素晴らしい会を企画してくださり大変ありがとうございます。そして,あまりお手伝いせずにすいません。短い時間でしたが,ttfujiさんを始めとても考えさせる発表で,参加した甲斐がありました。偉そうなことを書いてすいません。きっと,ttfujiさんの語りで,響く児童は多いと思います。結果,どうなったか,また教えてくださいね。