信濃の国からこんにちは このページをアンテナに追加 RSSフィード

三崎隆です。
長野県長野市の信州大学教育学部で『学び合い』(二重括弧の学び合い)を研究しています。
「信濃の国からこんにちは」は私たちの『学び合い』研究室の研究室通信です。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』の考え方を共有しましょう。
メールアドレスは、misakiとshinshu-u.ac.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。
研究室の全体ゼミは参観OKです。
全体ゼミは2019年度から毎週月曜日18:30-19:30に行っています。
詳しくは,私たちの『学び合い』研究室をご覧ください。

2020-01-26   水鳥

[] 07:10    水鳥 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    水鳥 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

水鳥は,

 えさを探しに水中に潜ります。水中の透明度がそれほど高いと思われないような池でも,それは変わりません。どうやってえさを見つけるのか聞いてみたくなりますが,不思議なことにみつけてきます。1羽がくるっと回転したかと思うと水しぶきも上げずにあっという間に水中に消えてしまます。まもなく隣にいたはずのもう1羽もくるっと回転したかに見えていつの間にか水の中に潜って,水面から消えます

じっと水面を見ていると,

 波は立ちません。泡も出てきません。つまり,水中では呼吸を止めてえさを探します。なめらかにえさを探します。じっと見つめていても,まだ上がってきません。時間にして30秒から45秒くらい経ったでしょうか,頭から水面に上がってきますさらにじっと見つめていると,隣で潜った水鳥が頭から水面に上がってきます。上手なものです。誰が教えたわけでもなく,生きるためにDNAに組み込まれた天性の見事な技です。観察は楽しいものです。

2020-01-23   さすがです

[] 05:34    さすがです - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    さすがです - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

学部附属松本中学校

 理科の授業でSTEM教育自由試行実践を参観しました。見応えのある内容と展開で見とれてしまいました。伝統的な長野県理科の授業実践を見慣れた人にとっては,なんだこれと思われるような授業ではないかと思われますが,前述の視点から見てみると,斬新的な取組として注目される授業の一つとして記憶に残ります子どもたちの感覚の鋭さに目を見張ってしまうほどであり,思わず唸ってしまます。次回の学会で発表したくなるほどの先見性もあり,さすがです。思わず,「それ,残しといてね」と会話が弾みます。授業を公開してくれたN先生お疲れ様でした。

2020-01-22   要因特定の難しさ

[] 05:45    要因特定の難しさ - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    要因特定の難しさ - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

授業で成果が上がったとき

 その授業による成果であると誰も疑いません。しかし,その成果がその授業によるものかどうかを特定することは極めて難しいことです。仮に,その授業で,普段しないような,ある一つの手立てを講じたとします。成果が上がりました。果たして,その成果はその,普段しないような,ある一つの手立てによるものなのでしょうか。

成果が上がったことは誰も疑いません。

 結果として可視化されていることに依ります。近年は数値化されることが求められているので,そうなっていれば尚更良いでしょう。しかし,その成果がどの手立てなり要因なりによってもたらされたものなのかは,余程条件制御された環境下での吟味でない限り,議論はできません。一般に,学校現場教育実践する場合,そのようなときには,講じた手立てによるものであることは疑われません。意図的操作された手立てであるだけに,それによる効果であるはずなのです。

しかし,それが研究ベース

 議論されると,その成果がその手立てによるエビデンス(証拠)は何かと問われます学校現場単位時間の授業の場合,成果をもたらす要素は相当数存在するからです。要素が相当数存在する中で,特定の要素によって成果がもたらされたと主張するからには,それなりの根拠必要になります学校現場場合,それが教育的な配慮の下で妥当なのかどうかが疑問視されます学校現場一定の成果を上げることは可能ですが,その成果が何に依るものなのかを特定することは極めて難しいことです。

2020-01-20   感謝

[] 07:01    感謝 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    感謝 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

3年前に

 一般社団法人日本理科教育学会の第66回の全国大会を主管しました。参加者数が900人に迫ろうかという大きな催しです。3年前から準備し,当日運営し,後片付けをしますが,その大変さは時間とともに忘れていきますしかし,あれほどの大変さを経験した者としては,多少の人数のイベントならば,そうそう驚くことはなくなりました。それだけ会場校は大変なのです。

2日間に渡って

 行われたセンター試験が無事に終わりました。キャンパス受験した人数がそれに匹敵します。書類の準備,会場の準備,当日の運営,後片付けが完璧に成されました。関係のみなさまのご尽力の賜です。苦労の凄さを知っているだけに,当たり前にできて当たり前の仕事を当たり前のように成し遂げたことに頭が下がります。心から感謝します。本当にありがとうございました

2020-01-19   センター試験

[] 06:35    センター試験 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    センター試験 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

今回で最後と言われる

 センター試験が行われています大勢のみなさんが挑戦しています。この2日間を迎えるに当たって,数々の困難を乗り越えて燃焼してきたことと推察しています。一人一人が頑張っている姿を見るに付け,心からエールを送ります。彼らの挑戦が実を結ぶことを願うばかりです。

5gatu