信濃の国からこんにちは このページをアンテナに追加 RSSフィード

三崎隆です。
長野県長野市の信州大学教育学部で『学び合い』(二重括弧の学び合い)を研究しています。
「信濃の国からこんにちは」は私たちの『学び合い』研究室の研究室通信です。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』の考え方を共有しましょう。
メールアドレスは、misakiとshinshu-u.ac.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。
研究室の全体ゼミは参観OKです。
全体ゼミは2019年度から毎週月曜日18:30-19:30に行っています。
詳しくは,私たちの『学び合い』研究室をご覧ください。

2020-01-25   どの授業も素晴らしい

[] 05:49    どの授業も素晴らしい - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    どの授業も素晴らしい - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

半年前に『学び合い』ライブ出前授業で

 おじゃました学校に呼んでいただいて,15名の先生方の『学び合い』の考え方を使った授業実践を参観させていただく機会がありました。どの授業も素晴らしく,正直なところびっくり仰天しています。通常,『学び合い』ライブ出前授業でお邪魔した学校からは二度目の要請はほとんどありません。二度目の要請があった場合には,一度お見せした学年,ないしは教科・領域ではない別の学年なり教科・領域なりでの『学び合い』ライブ出前授業の要請が届くものです。

「あのときはあの学年だったから」

 や「あのときはあの教科だったので,自分の専門とする教科ならどうなるのかを見てみたい」というのが大方の理由です。それが至極当然のことです。あの学校だからできた,あの学年だからあのクラスだからできた,あの教科だからできた,と思うのが人の常です。やらなければならないのなら,自分事としてとらえてみたいと思えばこそ,自分事としてとらえることのできる学年,教科・領域,クラス,単元でもう一度改めて見てみたいと,私でも思います。あのときは,自分事として見てなかったから。

ところが,

 今回お邪魔した,二度目の要請をいただいた学校からは,『学び合い』ライブ出前授業の要請はありませんでした。自分たちでやりますから,見てください,というのです。15人の先生方による19の授業(すべて『学び合い』の考え方を使った授業)を見せてもらいました。その結果,冒頭の感想がでてきたのです。いったい,この半年の間に何があったのでしょうか。知りたくなってしまいます。みなさんに公開しても良いほどの『学び合い』の考え方を使った授業が展開しています。

子どもたちも育っています。

 私「将来,生きていくときに大切なのは友だちだよ」生徒「違います。信頼です」。見事な受け答えです。授業中に分からないことをはっきりと分からないと言える文化をもち,分からないことをそのときに友だちに聞きに行くことのできる文化が育ち,ジェンダーに依存しない文化が醸成されています。自分ができたことを分からない子のところに行って話している子どもたちがいて,分からないことを解決できたらまだ分からなくて困っている子のところに一目散に駆けていく子どもたちがいます。

「授業命!」という学級目標を

 掲げたクラスがあります。自由に立ち歩き,自由に会話し,分かったことを自由に発信し,分からないことを自由に表現し合える文化が育っている,この学校は凄いなあとひたすら感心しきりです。この半年の間に,これだけの変貌を遂げたとしたら(以前からそうであったのかもしれませんが),その秘訣を知りたいと思うのは私だけではないはずです。保護者の皆さんに理解してもらうにはどうしたらよいでしょうか,と尋ねられるのですから,その凄さはいつもおじゃましている学校のレベルを超えています。

2020-01-24   要請

[] 05:37    要請 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    要請 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

学び合い』の考え方について,

 オファーが来ることは有り難いことです。本年度分が1件,令和2年度分の要請が2件届きました。かつてのように毎月2~3件ずつなどという厳しい日程の下での要請はもうありませんが,学期に1~2回の要請を寄せていただけることを嬉しく思います。みなさまの期待に応えられるよう,そして子どもたちのために力を尽くしたいと思うところです。要請くださったみなさま,ありがとうございました。お会いできることを楽しみにしています。

2019-12-26   議論の先に見えたもの

[] 07:20    議論の先に見えたもの - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    議論の先に見えたもの - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

昨日の学修者主体の授業を創る会

 の話題は,ある学校の新年度からの教育組織体制についての1点でした。7人で種々議論させてもらいましたが,ゼミ生の主張はもっともです。なかなか大変な様相を呈しているように第三者としては感じます。円滑な導入のためには,方法よりも理念をまず第一に先生方と優先して共有してすべての保護者の皆様にも十分に理解してもらうことが望ましいと考えます。なんと言っても,子どもたち自身が幸せな選択ができるような体制を組んでもらえることが何よりであると改めて思うところです。議論の先には,子どもたちの幸せのための最先端の教育体制が見えてきたから不思議です。次回は会場の都合で1月22日(水)20:00信大教育学部です。

2019-12-23   嬉しい

[] 07:00    嬉しい - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    嬉しい - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

学び合い』ライブ出前授業にお伺いすると,

 その学校のその後の様子をお聞きすることはあまりありません。『学び合い』ライブ出前授業を受けてくれた子どもたちがその後,どのように変容しているのか,先生方はどのように取り組み始めておられるのか,校内でのコミュニティがどのようにつくられて行っているのか,等々,気になるのですけれどもなかなか便りを耳にすることはないのです。次年度にもう一度,呼んでくださる学校があると,前に伺ったときから1年間でどのようになったのかをお聞きすることができますが,それは希です。

このたび,おじゃました学校から

 1ヶ月後に便りが届きました。嬉しかったです。それも,その学校で『学び合い』の考え方に共感してくださった先生方が増えて,実際に取り組み始めてくださったという内容でした。嬉しい。それに加えて,近隣の学校から参観に来られた先生方から資料の取り寄せの依頼があって紹介してくださったとのことです。嬉しさ倍増です。さらにはもう一つ,校内の若手コミュニティづくりの一役を担い,考え方の伝播に貢献されているというのですから素晴らしいことです。嬉しさ三倍です。こんな学校が増えてくれることを期待しています。

2019-12-21   素晴らしい子どもたち

[] 06:01    素晴らしい子どもたち - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    素晴らしい子どもたち - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

素晴らしい子どもたちに

 会ってきました。目標達成は完璧な100%です。初めての試みとなった今回の小中全校異学年ですが,全く意に介さずに立ち上がりから目を見張るほどの様態となり,子どもたち同士での関わりが活発化します。日頃からの先生方の指導の賜と敬意を表します。素敵な子どもたちに会うことができ幸せです。名勝も見ることもでき初めての出会いもあり心満たされて帰長できました。機会をくださった校長先生はじめ関係の皆様に心から感謝します。

5gatu