信濃の国からこんにちは このページをアンテナに追加 RSSフィード

三崎隆です。
長野県長野市の信州大学教育学部で『学び合い』(二重括弧の学び合い)を研究しています。
「信濃の国からこんにちは」は私たちの『学び合い』研究室の研究室通信です。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』の考え方を共有しましょう。
メールアドレスは、misakiとshinshu-u.ac.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。
研究室の全体ゼミは参観OKです。
全体ゼミは2019年度から毎週月曜日18:30-19:30に行っています。
詳しくは,私たちの『学び合い』研究室をご覧ください。

2019-04-30   宿題

[] 06:37    宿題 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    宿題 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

先日,宿題の話になりました。

 みなさんは宿題を出したら,その後どうするでしょうか。一般的に,宿題を出したら出しっ放しにはしないので,必ず提出期限を決めて集めるはずです。提出期限に,全員が宿題を提出するでしょうか? 40人いたら,40人が一人残らず,提出期限を守って提出しますか?私の経験上,それはないことがほとんどです。そのときにみなさんならどうするでしょうか?2つの選択肢があります。一つは,未提出の子は未提出のままにする,一つは未提出の子が提出するまで繰り返し促す。前者の場合,一度や二度は促すかもしれませんが,最終的に未提出を認めるということです。宿題が1年に一度ということでなければ,次から次へと未提出の宿題が貯まっていきますから,いちいちしつこく催促などしているわけにいかないのが現実かもしれません。

私は学部で,

 中等理科指導法基礎という,中学校理科及び高等学校理科免許取得希望者のための必修科目を担当しています。本年度は受講生26名です。6回の宿題(レポート)を課しています。その宿題は1回を除いて,すべてealpsというキャンパス内のWeb上のサーバーファイルにて提出する形式をとっています。そこには提出期限が決められていて,期限を過ぎると遮断されるようになっています。提出された宿題は採点して成績評価に組み入れます

先日,第1回目の

 宿題の提出期限が来ました。確認してみたところ,26名全員が提出しています。びっくりするとともに嬉しくなりました。この子たち,なかなかやるなあとひとしきり感心です。大学担当しているこれまでのすべての科目を通して,初めてのことだからです。この子たちなら,このあとの4回とも’皆勤’に相当する全回提出期限内全員提出の初めての現象が期待できそうです。

5gatu