信濃の国からこんにちは このページをアンテナに追加 RSSフィード

三崎隆です。
長野県長野市の信州大学教育学部で『学び合い』(二重括弧の学び合い)を研究しています。
「信濃の国からこんにちは」は私たちの『学び合い』研究室の研究室通信です。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』の考え方を共有しましょう。
メールアドレスは、misakiとshinshu-u.ac.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。
研究室の全体ゼミは参観OKです。
全体ゼミは2019年度から毎週月曜日18:30-19:30に行っています。
詳しくは,私たちの『学び合い』研究室をご覧ください。

2019-04-05   惚れ惚れ

[] 05:55    惚れ惚れ - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    惚れ惚れ - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

よく考える中学生

 います。驚きます自分を超えていると思われる場合には敬意を念を抱きます自分の考えを持つことは誰にでもできることでしょう。2者択一場合は言うに及ばず,3者選択をはじめとした選択肢の中から選択を求められた場合でもそうですし,いわゆる答えのない課題に対する考えを聞かれた場合も当てはまります。ところが,その考えを持つに至った理由を求められたとしたら,即時的に回答できるような状況を用意することは結構難しいものです。

それまでの自分

 経験知識技能を瞬時に総動員して,自分の持った考えと結びつける必要があるからです。でもそれは,自らの経験知識という文脈からプロセルを経るので,どうしても一面的な考えに陥ります多面的理解し,その問題点を焦点付けて把握し,解決に向けて判断して実行に移すのですから,頭が下がります。そんな中学生に会うと惚れ惚れします。

5gatu