信濃の国からこんにちは このページをアンテナに追加 RSSフィード

三崎隆です。
長野県長野市の信州大学教育学部で『学び合い』(二重括弧の学び合い)を研究しています。
「信濃の国からこんにちは」は私たちの『学び合い』研究室の研究室通信です。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』の考え方を共有しましょう。
メールアドレスは、misakiとshinshu-u.ac.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。
研究室の全体ゼミは参観OKです。
全体ゼミは毎週月曜日18:00-19:30に行っています。
研究室の『学び合い』ライブ出前授業もOKです。
詳しくは,私たちの『学び合い』研究室をご覧ください。

明日から使える『学び合い』の達人技術
はじめての人のためのアクティブ・ラーニングへの近道

2017-12-17   第1回合同ゼミ

[] 07:55    第1回合同ゼミ - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    第1回合同ゼミ - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

昨日は上越教育大学西川研との合同ゼミ。

 今年も第1回合同ゼミが盛会です。12月のこの時期に忙しいM2の皆さんの準備,企画,運営,参加,運営に感謝です。B3が来年度もやりたいと明言していましたので間違いなく続くはずです。研究室紹介から始まって,実践・研究発表そして定番のフリー・トークまで多種多様なメニューが続きます。我々の凄いところは,遠慮しなくていいんだよの文脈下で見事なまでに完遂するところ,通常脇役のように付加されるフリー・トークがここでは主役になるところです。長野では今のところまだ見ない雪に「凄いですねえ」を繰り返しながら帰長しました。2回目は1月20日信大です。お待ちしています。f:id:OB1989:20171216135004j:image

iku-nakaiku-naka2017/12/17 11:05去年のことを思い出しました。
合同ゼミが双方のゼミにとって一種の「文化」になることを願うばかりです。

2017-12-16   理科室は魅力が一杯

[] 07:15    理科室は魅力が一杯 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    理科室は魅力が一杯 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

拠点校のある小学校の昼休み。

 1年生が理科室にやってきて,スライムを楽しそうに作ります。紙コップに必要な材料を入れて割り箸で一生懸命かき混ぜます。近くに来た子が見せてくれます。「ほら。スライムだよ。知ってる?」「へえー,きれいな色だね。どうやってその空の色を付けたの?」「マジック」「そう,マジックで付けたの。いい色だね」「ほら。触ってごらん。冷たいから」「ほんとだ。冷たいね」「ぽよんぽよんしているでしょ」「ほんとだね」と私とその子の会話が続きます。そうこうしていると別の子が次から次へとやってきて,隣にいた理科専科の先生にいろいろ話しかけます。1年生にとって,理科室は魅力が一杯です。彼らはそうやって科学の目を育てていくのです。

2017-12-15   ヤマメの稚魚

[] 06:49    ヤマメの稚魚 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    ヤマメの稚魚 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

拠点校の理科室に,

 ヤマメの稚魚が100匹ほど10個ほどの水槽で育てられていました。小5の学びです。筋子ほどの大きさで虫眼鏡で観察できるとか。白馬の養殖業者から入手したとのことで,300個ほどの卵から孵化させたそうです。子どもたちは一人1個の卵から学びが始まり,孵化すると”僕のヤマメ”となります。3人で1つの水槽を使っているので,3匹のヤマメの稚魚が泳いでいます。第三者の私にはどれがどの子の育てているヤマメか全く分かりませんが,子どもたちに尋ねたところ分かるという返事が返ってきました。僕のヤマメ,私のヤマメを見分けられるというのですから,卵から育てるというのはそういうことかと驚きます。大きく育ったら放流する予定とのこと。元気に育ってほしいと願うばかりです。ドジョウもヤゴもいて,さながら自然の宝庫です。30分の間,ヤマメの泳ぎをじっと見つめていても飽きません。自然の宝庫は魅力に溢れています。

2017-12-14   素直にとても嬉しい

[] 07:07    素直にとても嬉しい - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    素直にとても嬉しい - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

嬉しいことが続きます。

 学部3年生の中には,高校3年生の時に三崎先生の『学び合い』の本を読んで興味がありますという学生がいます。学部1年生の中には,高校3年生の時に我々の全体ゼミや長野セミナーに参加してくれた学生がいます。それだけでも嬉しいことです。ところが,来年入学する高校3年生の中に,『学び合い』の本を読みました,『学び合い』のホーム・ページを見ました,だから入学したら『学び合い』を勉強したいです,だから,三崎研に入りたいです,という高校生が複数いることを知りました。『学び合い』の裾野が着実に広がっている証拠ですから,素直にとても嬉しいです。そんな高校生を育ててくれている同志の皆さんにありがとうと伝えたい。

2017-12-13   とても嬉しい

[] 07:08    とても嬉しい - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    とても嬉しい - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

嬉しさが増し,心満たされるときがあります。

 『学び合い』の考え方を説明し,『学び合い』の考え方によるライブ出前授業をしたところ,2度目も招きがありました。その後,その学校で実際に『学び合い』の考え方を多くのみなさんから共感してもらって学校体制で取り組み続け,近隣の学校に『学び合い』の考え方による授業を公開しました。そうしたら,その授業を参観されたみなさんが『学び合い』の考え方に共感し,ぜひやってみたいと意思表明される現象が起きたことを聞いたときです。先日,千葉県流山市立東小学校からそんなメールが届きました。同志としてとても嬉しい,その一言です。『学び合い』冥利に尽きる出来事です。

5gatu