信濃の国からこんにちは このページをアンテナに追加 RSSフィード

三崎隆です。
長野県長野市の信州大学教育学部で『学び合い』(二重括弧の学び合い)を研究しています。
「信濃の国からこんにちは」は私たちの『学び合い』研究室の研究室通信です。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』の考え方を共有しましょう。
メールアドレスは、misakiとshinshu-u.ac.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。
研究室の全体ゼミは参観OKです。
全体ゼミは毎週月曜日18:00-19:30に行っています(前期は終了しました。次回は10月1日(月)からです)。
詳しくは,私たちの『学び合い』研究室をご覧ください。

2018-08-19   全国大会を主管する度に思うこと

[] 05:55    全国大会を主管する度に思うこと - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    全国大会を主管する度に思うこと - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

全国大会を主管する度に思うことは,

 はじめて当地を訪れてきてくれたみなさんにとって,分かりやすく会場に来てもらえて,分かりやすく会場内を見て回れるようにするにはどうしたらよいかです。初めて訪れる全国大会の地の場合,ここに説明があるといいなあとかあそこにこれがあるとよかったと思うことがあります。それと同じことが今,ここで試されようとしています。間違いなく言えることは,岐路に立ったときにどうしたらよいかを迷わないように表示することです。知っている人間だけにしかからない文脈依存した表現を避けることです。”だぶるかん”は最たる表現かもしれません。我々の文脈で語られる表現なので,即時,頭の中で漢字表現に変換できますがはじめてのひとならまず無理です。

一昨日,一番うれしかったのは,

 入口脇にに掲示されていた案内表示と横に置いてあったホワイトボードの案内を見たスタッフ学生のみなさんが,「これじゃ,分かりにくいですよね。手を加えてもいいですか」と言うなり,ものの見事に初めての人仕様に仕上げてくれたことです。ずっと分かりやすくなりました。肝心なことは,今自分はどこにいて,どの方向に進むと何があってそれに対して自分はどう対応したら良いのかが現在地からの進行方向に沿った文脈で図式化されて一目瞭然の状態に置かれていることです。私にしか知らない何気ない改善作業ですが,見事です。お陰で初めての人が迷わず目的を果たせます

2018-08-18   順序尺度

[] 05:50    順序尺度 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    順序尺度 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

教育研究データ処理をする際には,

 順序尺度という指標があります。3人の人の中で,いちばん最初にゴールする人と,2番目にゴールする人と3番目にゴールする人がいた場合,それはゴールする順番で1,2,3の数値が決まる要素です。このように各項目の間では評価されるものに対する順序を表している数値であり,その数値間の差異の大きさは問題にならない数値です。最初にゴールした人と2番目にゴールした人がどれだけ離れているかに対して,2番目にゴールした人と3番目にゴールした人との間がどれだけ離れているか問題にはなりません。あくまでも,最初にゴールした人が1,2番目にゴールした人が2,3番目にゴールした人が3となるだけです。

たとえば,金メダル銀メダル銅メダル

 をもらうことのあることがあったとして,それは紙一重であったとしても順序尺度ですから結果は出ますしかし,それぞれに価値あるメダリストです。目的が別のところにあるのであるとしたら尚更です。それぞれに力を出し尽くしての結果ですから,みなさんの奮闘努力におめでとうと祝います。どこを目的に何をどのように評価するかによって順序は異なります。だからこそ,怪我なく競技を終えたこと,みなさんの爽やかな笑顔が満開になっていたことが一番嬉しいことです。

2018-08-17   ようこそ,信大へ

[] 05:40    ようこそ,信大へ - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    ようこそ,信大へ - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

今日から19日までの3日間,

 一般社団法人日本科学教育学会第42回年会が信州大学教育学部で開かれます。400名を超えるみなさんが全国から揃う全国大会なので,キャンパス内も賑やかになることと思われます。これまでの科学教育研究成果を披露できる場ですので,どんな成果が議論されるのかとても楽しみです。昨日は終日,アルバイトのみなさんが集ってくれて労を惜しまず会場準備等に力を尽くしてくれました。心から感謝します。準備万端整えて,さあ始まります。ようこそ,信大へ。

2018-08-16   一見の価値は十分

[] 06:23    一見の価値は十分 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    一見の価値は十分 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

モニターを通して

 自分実践を参加する機会があります自分の行ったライブ出前授業をビデオに収めて,それを後日再生するときなどは典型的ときです。企画し,実践しているときは一途に取り組んでいるだけにこれで良しという気持ちが強く,自分のやっていることがベストだと思うばかりです。ところが,モニターを通して改めて第三者実践している授業を見るかのように見てみると,全く違う視点から見ることができるため,新鮮です。

語りが長すぎたり,

 繰り返さなくても良いところで繰り返したりする粗が目立って仕方がありません。もっと効果的な言い回しができたであろうに,なぜあの表現採用したのか疑問に思うこともしばしばです。その意味では,自らの教育実践エビデンスとして映像に残しておくことは貴重なことだと思うところです。少なくとも1回は見る機会を持つことがその後の改善に果たす役割重要ものにしてくれます。だれしも,モニターに映る自分様態積極的に見たいとは思わないものしょうがリフレクションの意味では一見価値は十分です。

2018-08-15   昔話

[] 06:27    昔話 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    昔話 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

携帯電話一般に普及していなかった一昔前には,

 個別通信する手段トランシーバー無線でした。トランシーバーは100m程度の距離使用範囲限定されるため,遠足登山等での使用には耐えられません。先頭と末尾の引率範囲が広くなりやす遠足登山等のときには無線です。ご多分に漏れず,無線免許を取得しました。今は,無線免許を取らなくても,携帯電話があれば十分に事が足ります。緊急連絡先にも即時,連絡が可能ですから万全の対応ができることでしょう。トランシーバー無線の話は今や昔話です。

携帯電話もすでに昔の話なのかもしれません。

 今はスマートフォンですからスマートフォンが手元にあれば,遠足登山等のときには地図はいらないでしょうし各種気象情報も即時入手できますGPS現在位置も分かります相互個別通信可能ですし,物品の調整も対応できます。引率には心強い時代です。タブレット端末は授業で使われることが一般的になってきましたから,そのスマートフォンもいずれ20年後には授業で使うことが一般的になる時代になっているのかもしれません。そうなると,チョークと黒板を使っていた授業自体が昔話になるのではないでしょうか。

5gatu