Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2011-03-24デマ・買い占めが起こる原理

[]デマ・買い占めが起こる原理 デマ・買い占めが起こる原理 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - デマ・買い占めが起こる原理 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 デマ・買い占めが起こる原理 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

情報が少なく、出された情報に信憑性が亡くなると、デマがまかり通り、買い占めが起こる。デマも買い占めもどちらも「不安」から起こるものだ。

日本では原発から30kmが退避圏としているが、アメリカ・フランスを始めとする各国は80kmとしている。

この50kmの違いはどこから来るのだろう?原発に責任がある国と責任のない国の違いだろうか。そこに国民が多くいる国と少ししかいない国の違いだろうか。事態を過小評価している国と過大評価している国の違いだろうか。

この範囲の違いを東電と国は何も説明していない。ちょっとした情報でも過敏に反応せざるを得ない。そうなると不安が発生する。情報に対して疑いを持つ人が出てくる。

昨日ミネラルウォーターを買い占めする写真がTwitterに上がってそれを批判するツイートがあったが、渦中にいれば批判なんかできない。私だったら乳児はいないが小学校の子どもがいるので、子どもには絶対水道水を飲ませないだろう。

「危険だ」という情報と、「安心だ」という情報が入り乱れている。直接被害を受ける市民は「危険だ」という情報に頼らざるを得なくなるのは当たり前だ。

きちんと安心できる情報がふんだんにあれば、不安に駆り立て、必要以上の買い物なんてしないものだ。

私としては、ニュースや政府記者会見発表のような大上段から「これが正しいんだよ」という情報よりも、Twitterで発信される雑多な情報から取捨選択する方法をとっていくつもりだ。