Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を務めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第14回(2018年)は
2018/8/4〜5に静岡県総合研修所「もくせい会館」でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2018-05-15勉強するとつい眠って……

[]勉強するとつい眠って…… 勉強するとつい眠って…… - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 勉強するとつい眠って…… - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 勉強するとつい眠って…… - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

徒然草第三十九段

 或人、法然上人に、「念仏の時、睡にをかされて、行を怠り侍る事、いかゞして、この障りを止め侍らん」と申しければ、「目の醒めたらんほど、念仏し給へ」と答へられたりける、いと尊かりけり。

「先生,勉強しているとつい眠って勉強できないんです。どうすればいいですか?」

「そうか,起きてるときだけ勉強しなさい。」

深いなぁ。何事にも覚悟が必要。

2018-05-14言葉の「檻」について

[]花筐(はながたみ) 2017 花筐(はながたみ) 2017 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 花筐(はながたみ) 2017 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 花筐(はながたみ) 2017 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

高田世界館で観る。

大林宣彦監督の戦争を題材にした映画。戦争を題材にし,長岡が舞台だった「この空の花」を観て衝撃を受けたし,大林宣彦監督の健康状態の報道もあったことだし,絶対に見逃せないと思い,観に行った。

終始大林映像が徹底されていたものだった。初作品「HOUSE」や初期の作品「時をかける少女」の非現実感を表すときの,「作り物感」が徹底されていたということだ。「HOUSE」や「時をかける少女」などを当時観たとき,今ほどCG技術が高くなったわけで,手書き感満載に着色されていたり,例えば花火が打ち上がったりと,「何だ,雑だなぁ」と思ってしまった。シーンの切りかえもワイプが多用されて,古めかしいなぁと思っていた。

しかし,今,そんな感じで作られた映画を観るとわかってくる。そのようなタッチで「非現実感」を現すと,現実に眠っているときに観ている夢のような感じを現しているんだと。つまり,現実に起こっている非現実感を表す表現だったのだ。人間が実際に見る夢は,リアルでもあるし,起きてから思い返すとなんだかわざとらしい「作り物感」を感じる。

この作品では,現実社会で起こっているが,冷静に考えたらあり得ない「戦争に日本全体が突き進む」という感じを「非現実感」として表現しているのだ。頻繁に差し挟まれる子どもたちの歌と行進,兵隊たちが整列してあるところに向かって歩いている姿,もう止められないというのが「非現実」として描かれている。

たまに見え隠れする「非現実」の社会に触れた登場人物も「現実」と「非現実」が交互に現れる世界で生きている。現実的な行動をしたり,非現実的な行動をしたり。

はっきりいって登場人物の言動は「よくわからない」,「一貫性の無い」ものであった。全てが現実であり,全てが何かのメタファーとして描かれているような気がするが,何のメタファーなのか,わからない部分が多い。わからないからこそ「非現実」を観ている人に感じさせるものなのだろう。

主人公窪塚俊介は,伯母の常盤貴子の元に居候をし,亡くなった常盤貴子の夫の妹,矢作穂香に恋心を寄せているのか,寄せていないのか。主人公の同級生満島真之介は付き合っている女学生がいるにもかかわらず矢作穂香にアプローチしていく。矢作穂香は病で余命幾ばくも無い。また,同じ同級生長塚圭史は,長年病気を患っていてベッドから起き上がれなかったが,その時面倒を見てくれた門脇麦のことをどうも思っていないと思いきや,満島真之介と付き合っていたにもかかわらず,結ばれてしまう。

と,分けがわからない。ぐちょぐちょなのだ。現実の映像と非現実の映像(イメージ映像)が入り乱れて描かれ,そして全員が死に向かって行く。

「わからない」という思いが観ているとき全編を通してあったが,観てから時を置いてみると,全てがメタファーなのだろうと思えてきた。

唯一観てはっきりわかったことは,常盤貴子も門脇麦も矢作穂香も魅力的だったということ。

f:id:F-Katagiri:20180517172248j:image



[][]言葉の「檻」について 言葉の「檻」について - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 言葉の「檻」について - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 言葉の「檻」について - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

院生授業「中学校・高等学校授業づくり演習」の今回は,教材をもとにした授業づくりはお休みして,ブログ「内田樹の研究室」2016.12.9記事「言葉の生成について」(大阪府高等学校国語研究会での講演の文字起こし)に書かれてあることから,「これってあれか!」と気づいたことや,気になることを話題に話し合いました。

国語授業の根っこの部分について掘り下げていきます。

 「似合う服が無い」っていう表現がすごく言葉っぽい感じがする。

 内田さんがフランス語の文献を日本語翻訳するとき,ぴったり当てはまる日本語が無いという比喩が「似合う服が無い」っていう。

 中国語では,宝石を表す言葉(「玉」,「璧」,「玦」……)がたくさんあるけれど,日本語では「宝石」だけとか。

 ちょっと違うかもしれないけれど,野球を教えていたとき,ボールの打ち方を説明してもなかなかわかってくれず,言語化が難しい感じかな?長嶋茂雄がボールの打ち方を説明したときに,「ばーっときたらばーっと振って打つんだ。」みたいな?

 中国の友人に言われたことは,日本は音の表現がとてもたくさんあるっていうんです。オノマトペとか擬態語とか。

 日本人って,自然の音を知覚するのが言語脳だって聞いたことがある。だから,言語化されやすいんじゃないかな?

 鳥の声が聞こえると,本が読めなくなるという……。

 韓国の「ドラゴンボール」のオノマトペはどうなってるのかな?(本棚からとって開いてみる。)あ,ハングルだ。

 韓国も音を表す語が多いって聞いたことがある。

 たまにアルファベットになってるね。

 野球の話に戻るけれど,なかなか伝えられないときに,「足の踏み出し方は,トマトをクチャって踏む感じ。」と言ったら伝わったときがあった。

 比喩表現かぁ。

 

 国語をやっていると,何でも言語化できるという気になっているところがあるよね。もちろん言語化すれば,認識したり,整理されたりするのだけれど,「深い学び」って,言語化できない部分もあると思うし,言語化したら深い部分が知覚されないまま捨て去られるようになっちゃう。

 限定されちゃうこともあるので,無理矢理言語化する必要が無い場合もあるんじゃないかな?読書感想文書かせると読書が嫌いになっちゃう……。

 言語のメリットとデメリットをちゃんとわかって国語教師は課題を作らないといけないんだろうな,なんて思ったりして。

 確かに難しいなぁ。

 英語って何で必要なのって課題があったけれど,英語はそのうち喋らなくても通じるようになるんだろうけれど,英語を勉強することが別の「服」を着ることだというのが何となくわかった。

 ホリエモンが良く言ってた,「スマホがあれば英語はもういらない。」って。

 中国で,よくスマホを持って話しかけられてた。

 僕もやった。

 同じところのレベルで古典の学習っていうのもあるんじゃないかな?

 昔,先生に「古典は外国語だ」って言われたことがあった。今読んでわからないだから,外国語だって。

 さっき,和歌の読み取りがなかなかできなくって,いつからかできるようになったって話があったけれど,ここ(内田樹のブログ)に書かれてあることだよね。読んでいれば自然とできるようになる。

 これが言葉の檻を獲得したっていうこと。ここでは「服」を着られたということ。

 これは,生活習慣がそうだから,言語が生まれるのか,言語があるから,そういう言語になるのか……。

 中国語って,日本語と語順が違うじゃん?それって,何か規定されている感じはある?

 あるある。欧米の人もそうだと思うんですけど,なにが「一番」なのかな?っていう感じが日本と中国とでは違う。日本で「御飯を食べます」っていうけれど,中国語では必ず「私は」が入るし,「私が」「何をする」というのが必ず来る。主張が強いっていうのか。日本じゃ,「御飯」だけで通じるというか,「私,御飯……」だったら,「あなたは御飯なの?人間じゃ無いの?」となってしまう。

 人間形成に関わってくるよね。

 外国語を獲得していない状態を「身に合う服がない」という語で表されていて,どんな服を着ているのかわからない,しっくりこないという意味なんだろうな。

 新人の教員が「教師らしくない」と言われるのは,教師の「服」を着ていないという感じなのかな?言葉遣いが違うというか。教師の言葉を使っていないという。でも,それって,どんな言葉遣いなんだろう?

 自分は教師になってもこんなくだけた言葉遣いになると思う。

 グループワークしているときとみんなに発表するときでは,言葉遣いが違うよね。

 そのグループだけに伝わる言葉遣いと,不特定多数に伝えようとする言葉遣いは,いつの間にか,学校で習得しているんだよね。小学校低学年で,それを無意識に獲得するというか。

 教育実習の時に,1年生と3年生で授業をするときに言葉遣いが変わっていた。

 それは,意識して?意識しないで?

 意識していなかったと思います。

 どんな風に違っていたんだろう?何に反応して変わったんだろう?

 同じ学年の別のクラスでも言葉遣いが違っていた。反応を見てなのかな?静かなクラスでは,元気を出してワイワイやらせるように。元気なクラスではもっとワイワイやらせるようにと。

 私はこの間小学校で授業をしたんだけれど,高校生相手と基本的に言葉遣いは違っていなかったような気がする。どちらも丁寧にしていたというか,もちろん,難しい語は使わないようにしていたけれど……語彙以外は違わなかったような……。

 「中腰」っていう表現がここに何度か出ているんだけれど,「中腰」の状態で,わからない,わからないと思いながら過ごすという。国語も,わからないものをわかった気にさせるのって,よくないと思う。先週やった「高瀬舟」もそうなんだけれど,「わからない」という状態を持続させて,気にさせて,自分でわからせるというか,気づかせるというか……。

 でも,テストがあると,ある程度「答え」を提示して,点数とらせる授業にしないとだめなところもありますよね。

 そうだよね。でも,新学習指導要領で,大きく変わっているんだから,テスト自体を変えて何を身につけさせるのかを変換していかないとだよね。センター試験も変わるし。

語り尽きず時間切れ。本当はここに書き切れない,たくさんの内容を語り合ったのだけれど。言語の獲得は新たな服の獲得。その服を新たに着ることで,新たな視点が持てる。なんてことを内田さんはこの段で言っているんだろうな,と読み解いて,問題は,それを国語授業づくりにどう活かすか,なのだ。

新たな服や檻の獲得と,その服をぴったりとしたものにしたり,檻を大きくするのが,国語授業の目的なのかな?とイメージは固まってきた。

2018-05-12高瀬舟

[][][]高瀬舟 高瀬舟 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 高瀬舟 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 高瀬舟 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

第3回目は「高瀬舟」

最近は「高瀬舟」が中学3年生の教科書に掲載されている。ちょっと前,高校3年生現代文で取り扱った記憶がある。かなり難しい語もたくさん使われており,中3で扱うことに驚いた。

《読んだ印象》

 こんなに難しい語があると受け付けない子は受け付けない。

 読む子は,授業で扱わなくてもどんどん読み進めると思う。

 生徒が嫌にならないように,どのような導入をしますか?

 音読は必ずやらせる。まる読みもするし,漢字の読みの確認も兼ねて。「こころ」を暑かったときは,2時間かけて読んだこともあったなぁ。

 先に話題を提示して,「安楽死」とか。みんなだったらどうする?という様なことを話してから読ませて,興味を持続させるとか。

 「高瀬舟」の映像作品ってあるんでしたっけ?ドラマとか。あんまり聞いたこと無いなぁ。

 調べたら,あるみたい。それをちょっとだけ見せるとか。

《作品解釈》

 自分がこの作品をみんなに考えてもらいたいのは,安易に「安楽死」の是非を問うのは,なんだか違うような気がして。

 テーマは「安楽死の是非」じゃないよね。森鴎外はそういうことをテーマにしているんじゃないんじゃない?

 なぜ鴎外がこれを書いたのか?というところを考えてみて,陸軍軍医だったから,殺すのか,殺さないのか,見捨てるのか,見捨てないのかというそういう経験があったんじゃないか?と。

 冒頭で,「入相の鐘の鳴る頃にこぎ出された高瀬舟は,黒ずんだ京都の街の家々を両岸に見つつ,」とあって,最後の文で,「次第にふけてゆくおぼろ夜に,沈黙の人二人を乗せた高瀬舟は,黒い水の面を滑っていった。」とあって,どちらも「黒」という語が使われているのが気になる。

 そして,真ん中らへんに「空を仰いでいる喜助の頭から豪光が差すように思った。」とあって,ここは光に包まれているよね。

 喜助は自分で剃刀を抜く時,「今まで切れていなかったところを切ったように思われました。」なんて言っていて,これを読んだときに「ぞわ〜」ってしたんです。

 これ,言わなくてもいいことだよね。

 切ってしまったから悪いことをして,罪を得ているんだと思っている?

 剃刀を抜くと,弟が死ぬってわかってやってる?

 「ひと思いに」とか,「しっかり握って」とか,決心はしている。

《課題》

 今までにない価値観を突きつけてるよね。

 いかにも森鴎外的な作品ですね。

 究極の選択。

 私と仕事どっちが大事?みたいな。

 「舞姫」!

 「いったいこの懸隔はどうして生じてくるだろう。」とあって,喜助と庄兵衛の違いを読み取らせるのは?読み取らせて,それを対義語で表させる。辞書とか使って。ネットに接続出来れば,簡単に対義語調べられるし。「果敢」と「逡巡」とか。「自立」と「依存」とか。ほら,庄兵衛って,自分で何も決めてないじゃない。オオトリテエに任せようとか。

 この最後の1文が何を現しているのかを考えさせる。

 これってなんだと思います?

 二人は平行線,交わらない。理解できないかな?

 黒い水で,わからないまま流れて行くみたいな。

 何も結論がつかず,流れていくっていう。

 中学校での「高瀬舟」は読書単元だから,わからないまま,気になるまま,結論付けずに読んで心に残しておく,でいいんじゃないかな?

 そうすると,「安楽死」の是非みたいに,無理矢理結論付けるのは,やっぱりおかしいよね。

 高瀬舟はかなり手ごたえのある作品で,「わからないまま(わかった気にさせないまま)」というのがいいんじゃないか?という雰囲気で時間切れになった。中学生で取り扱うには,字数の関係もあり,がっつり取り組むこともできないのか?とも思った。

 高校でだったら,ところどころある情景描写と2人の雰囲気(特に庄兵衛の考え)をからめて,「メタファー」について取り扱うのも面白いかもと,授業後思った。

2018-05-11ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル

[]ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル 2017 ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル 2017 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル 2017 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル 2017 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

1995年に1作目が制作され,これはその続編だということだ。1作目はロビン・ウイリアムズの主演ということで,観に行ったのだが,内容はすっかり忘れていた。そして2作目は「続編」というアナウンスがどこからも聞こえてこなかったので,違う映画なのかな?と思いながら観にいった。

観ても,「続編」という感じは全くせず,繋がりを匂わすところもない。設定はほぼ同じで,ゲームの中にプレイヤーが入ってしまうというもの。1作目はボードゲームだったと思うけれど,今回はちょっと古めのビデオゲームとなっている。

この映画の面白いところは,プレイヤーとゲームのアバターのギャップだ。おたくなひ弱な主人公が,筋肉ムキムキのスキンヘッド考古学博士になったり,いけてるJKが,太ったおっさんの地理学者になったり,ちょっとおとなしめの暗い女の子が,8頭身美人格闘家になったりと,現実世界では経験しなかった設定を生きることで,他者の視点から物事を見られるようになるというもの。

ゲームだから,ライフが3つある。3回死んだらゲームオーバーなのだが,1,2回目では,死んでちょっとしたら空から降ってくるという設定。これがなかなかゲームクリアーに活きてくる。

以下はネタバレ

続きを読む

2018-05-10縦縦横横〜意味は自分で見つける〜

[]縦縦横横〜意味は自分で見つける〜 縦縦横横〜意味は自分で見つける〜 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 縦縦横横〜意味は自分で見つける〜 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 縦縦横横〜意味は自分で見つける〜 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

NHK朝ドラ「カーネーション」を夕方再放送している。

主人公糸子(尾野真智子)が女学校をやめてパッチ屋に勤めるとき,父親の善作が「いいか,勉強やで,勉強のつもりで行くんや」と送り出す。糸子は何言っているんだろう?とよくわからずも「はい」と言って勤め出す。

職場のパッチ屋では憧れのミシンを触らせてもらえず,掃除やまかないばかりをやらせられる。そんなシーン。([:title=ブログ「日々のダダ漏れ」より引用https://ameblo.jp/pikataa3/entry-12368586205.html

「カーネーション」第13回~第3週「熱い思い」

(窓ガラスを磨く糸子)

田中) そんな拭き方があるかい!

 もっと縦縦横横や!

糸子) 縦縦横横?

田中) 縦縦縦縦、端っこまで行って、

 ほんで上から横横横横や。

糸子) ああ…。

田中) 丁寧にやれ、丁寧に! 返事は?

糸子) へえ。

 縦縦縦縦、横横…。

糸子は窓ガラスをまるく拭いていて,言われた「縦縦横横」の意味を全くわからずおこなう。何でそうしなければならないのかわからず,疑問に思いながら,不満に思いながら言われたとおりにする。

いろんなしきたりがわからないまま,言われるがままに働くが,ある日わかってくる。


「カーネーション」第15回~第3週「熱い思い」(「カーネーション」あらすじ感想を綴るブログより引用)

翌朝、糸子は桝谷パッチ店でいつも通り誰も来ていない時間から店の準備を始めた。

それまで雑用を嫌々していた糸子は、楽しそうに窓を開け、作業台を拭いた。

窓を開けたら朝の風が入って空気が入れ替わるんやな。

こんなして机が綺麗に拭かれておったら気持ちがええんやな。

「おろ!風邪もうええんけ?」

昨日、居ない方が進むと糸子に言った作業員・岡村が出勤してきた。

「へい元気になりました」糸子は元気良く答えた。

「そうけ…せや!飴やろ!」

怖い人が飴くれることもあるんやな。

縦に拭いて横に拭いたら汚れが残らへん。

お茶は少し待ってちょっとずつ入れたらおいしなる。

その気になったら勉強できることは山程あるんや!よし!もうこんだけ知恵ついた。

糸子は学んだ事を記しているノートを見ながらそう思って嬉しくなった。

知恵ちゅうんは増えていく物ばっかしもんやし

10年っちゅうのは減っていくばっかしのもんや。

…あと9年と369日…大丈夫や、ウチはちゃんとミシンに近づいてる。

「しきたり」の意味を教えてもらったわけでもないのに,糸子は自分で見つけている。これが父善作が言った「勉強」ということもわかった。

「意味を自分で見つけている」のだ。これが「深い学び」の姿だ。


奇しくも今日の「半分、青い。」で,主人公すずめが職場のインベーダーゲームのテーブルをまるく拭いていたら,井川遥が吹き方を縦縦横横に直していた。そのシーンはそれで終わったけれど。

掃除から学ぶことは多いな。学校の清掃は,しきたりの伝承があまりなされなくなったような気もする。掃除の仕方がわからない教師も多いからなぁ。

f:id:F-Katagiri:20180511101107j:image

2018-04-30レディ・プレイヤー1

[]レディ・プレイヤー1 2018 レディ・プレイヤー1 2018 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - レディ・プレイヤー1 2018 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 レディ・プレイヤー1 2018 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

シュガー・ラッシュや,ピクセルを次男と観に行っていて,結構楽しんでいたので,これも連れて行った。仮想世界と現実世界が舞台の話。前評判では,スティーブン・スピルバーグが日本のために作ってくれた映画だという。なるほど,日本で生まれたキャラクターが随所に出現する。

と言っても,字幕版で観たので,字幕を読みながら,画面の細かいキャラクターをチェックするのは至難の業だった。気づいたのは,アベンジャーズに出てくるキャラ数体と,キティーちゃんくらいかな?

予告編に出てくるキャラを紹介したサイト

観ていると,「サマーウォーズ」の実写版(CG版?)の様だった。仮想世界と現実世界が相互に影響し合って,仮想世界で現実世界を救うというもの。2つの世界の配分も心地よく,楽しめた。

最初のカーチェイスのシーンは圧巻で,すごい迫力だった。これを観るだけでもこの映画の価値はすごいとわかる。マリオカートが出てくるのか?と思いきや,これはゲームのキャラクターはあまり出てこず,映画やアニメのキャラクターを集めたもののようだ。なんと,主人公が乗っているのはデロリアンである。

そして最後の決戦でゴジラとガンダムが戦うシーンは,鳥肌が立ってしまった。CGでガンダムをあれほど躍動する動画を見たことがない。どうやらガンダムのシーンは日本でしか観られないそうだ。

続きを読む

2018-04-29ちはやふる 結び

[]ちはやふる 結び 2018 ちはやふる 結び 2018 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - ちはやふる 結び 2018 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 ちはやふる 結び 2018 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

1日1回の上映で,細々とロードショーを続けていて,早く行かないと終わってしまう!と思っていた。いつもは上映開始が16時台と,遅かったのだが,この数日は14時台だったので,これを逃す手はなかった。カミさんと行った。

封切り直前にテレビで「上の句」と「下の句」を上映してそれも観たし,マンガは全て読んでいるので,「完結編」としてどのようにまとめているのか?期待して行った。

マンガではよくわからない競技かるたの「感じ」が「なるほど」と思うほど描かれていた。これから発する「声」を聞き取る(周防)雰囲気がうまく描かれていた。ただ,それを表現するために映画では無音の場面がとても多く,体調を崩して咳が出る私にとっては,咳を抑えるのが辛かったな〜。

あんなに長いコミックを3本の映画にするには,無理があるのが当たり前だが,もうちょっと脇役たちそれぞれのストーリーを描いてほしかった。特に筑波は映画では単に嫌な奴としか描かれていなく,実は弟たち思いの,ちょっと抜けたところがある愛されキャラなのに〜。と思った。

最近サブキャラ役者として良く出てくる矢本悠馬(にくまん君)がいい感じだった。彼は「花子とアン」のタケシ役でも同じような年ごろを演じていたし,「半分、青い。」でも高校生役をしているぞ。いったい何歳なのだ?と調べていたら,28歳かぁ。そうだよな。昔から見ているもん。かつての荒川良々のような使われ方だな。そこまで三枚目じゃないか。

誕生日を調べていたら,広瀬すずと私は同じ誕生日ということが判明。びっくり。どうでもいいことですが。

続きを読む

2018-04-27手の変幻 清岡卓行

[][][]手の変幻 清岡卓行 手の変幻 清岡卓行 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 手の変幻 清岡卓行 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 手の変幻 清岡卓行 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

「中学校・高等学校授業づくり演習」第2回は「手の変幻」(評論文 高校 現代文 だいたい高2が学ぶ)だ。現代文の定番中の定番といってもいいだろう。

《不明点》

 「生臭い」って?

 ミロのヴィーナスは,腕がなくなったから美しさが普遍的になった。ということは,腕が特殊的というか,現実的。

 腕が埋まっているところが「現実的」ということ?

 「生臭坊主」って言葉があるじゃない?

 「俗世間」みたいな?

 「均整の魔」って?

 「魔」だから,魔術,魔法っていうこと?

 魔法の力で人を魅了する。

 「全体性への肉薄」?

 なんか比喩表現多いよね。

 「全体性」?「普遍性」ということ?

 部分がなくなっているのに,「全体」になるのか。

 なんと,5年前に授業をしたときのメモがここに。前の文章からの繋がりで読むと,「全体」というのは,地域や時代「全体に」ということ。まぁ,「普遍性」と同じようなことなんだけど。

《課題》

 みんなにこの写真を載せたプリントを配って,手の復元図を描いてもらおうかな?と思って。いろんな絵を描く人がいると思うし,生徒の数だけの腕が描かれるから,「いろんな腕を想像できるでしょ?」って言えるし。

 高校時代にそれ,やったような気がする。

 それで,描かれた腕のあるヴィーナスと腕のないヴィーナスを見比べて,どっちがいい?なんて比較できるし。

 それから,腕がないヴィーナスではなく,鼻や耳や目がないヴィーナスを配って,それを描いてもらって,それとの比較もできるよね。

 この文章は,「無いからいい」ということが書いてあるから,そういう「無いからいい」他の例を考えてみようっていうのを考えたんだけど。

 「無いからいい」って,例えば……?

 知らないと思うけれど,昔,岡本真夜という歌手の売り出しの時に,どんな姿形か,全く明かさないで,歌だけ世に出てきたんだけど,想像して,すっごく綺麗な人かな?なんて思ったりして。

 なるほど〜。

 この文章は,3段落になっていて,1行空いているから,段落の切れ目がよくわかる。各段落で結局同じことを言っていて,「具体がなくなって普遍的な美になった」とか,「無いからいい」ということ。各段落で様々なアプローチを使ってこのことを言っているから,「どんなアプローチで主張しているか?」ということを読み取らせるのは?

 なるほど〜。

 1段落では,ヴィーナスは腕がなくなったかこそ美しいということ。しかも偶然で。

 2段落は,復元案を考えるけれど,どの復元案もだめだよっていうこと。

 3段落は,失ったのが手だからこそいいんだよっていうこと。

 それでもこれって,随筆みたいだよね。「評論文」ってあるけれど,それほど固い文章じゃないよね。論理的でもないし。

 「評論文」と「論文」は違うからね。でも「小論文」でこんな文章を書くと,だめなんだよね。

 誤解するよね。

 私は,この文章は比喩ばっかり使っているから,比喩をピックアップして,その指している具体を考えさせたらいいかな?って思いついた。

 比喩多いね。

 例えば,「偶然無くなったよ」とか,「普遍になったよ」とか,だいたいそういうところに比喩表現を使っている。カテゴリー分けするとか。

 この人,何でこんなに比喩使うのかな?あ,詩人だし,小説家なんだ。

 そうなのか。

これを題材に選んだ受講者は,「手の変幻」といえば,「特殊」と「普遍」に分ける授業をよくやっていたけれど,他のやり方も無いかな?ということだった。

記述のある部分を具体化して理解を促す課題や,文章の構造を読み取る課題や,修辞法を読み取る課題など,バラエティ豊かな課題が出たと思う。

2018-04-24パシフィック・リム:アップライジング

[]パシフィック・リム:アップライジング 2018 パシフィック・リム:アップライジング 2018 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - パシフィック・リム:アップライジング 2018 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 パシフィック・リム:アップライジング 2018 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

2013年に第1作が公開されていて,観よう観ようと思っていながら,機会がなくそのままになっていた。怪獣好き,ロボット好きにはたまらない映画だという。私はそれほど怪獣好き,ロボット好きではないのだが,小さい頃はそんなテレビ番組を結構観ていたから,面白いかな?と思って最新作を観に行った。

第1作目を観ていなくても十分楽しめる(内容がわかる)映画だった。冒頭部でキャラ設定は短い時間でわかりやすくしてくれる。どうやってロボットが動くのか(操作方法)もなるほど,と思わせるものだった。どうして2人で操作するのか?と思うのだが,考えてみればレンジャーものの最終兵器の巨大ロボットは,5人で操作していたから,きっとそれを踏襲しているのか?とも思う。

とにかく,日本のロボット,怪獣アニメ,番組のオマージュがすごかった。よくわからない敵が巨大生物を送ってくるという設定で,人間が巨大ロボットにシンクロして操作するというところで,「ヱヴァンゲリオン」の実写版みたいだが,ロボットの形態は1970年代ロボットアニメの味で,ちょっとゴテゴテしている感じがマニアにはたまらないのだろう。

考えてみれば,巨大ロボットが戦闘する実写(CGだけど)映像を観たのは久しぶりで,綺麗に映像化されていたのだが,現実はそれでもそんなに綺麗なのかな?という違和感を持ってしまう。あんなでかいものが,あれほどスムーズに綺麗に動いたり,壊れたとしても,破片とか綺麗だし,なんだか綺麗すぎる感じがしてしまった。例えば,スター・ウォーズの戦闘シーンは,もっと現実味(?)がある気もする。機械が壊れれば,もっとぐちゃぐちゃだし,埃はもっと舞うし,ビルだってあんなに粉々にならない。

でも,そんなシーンは現実で観たことがないから,これも想像なんだけど。

最後の戦いのシーンが日本だったり,ガンダムの1/1オブジェがちょっと映ったりと,観ながらそういうところを楽しんでいた。

f:id:F-Katagiri:20180426165622j:image

2018-04-21若手能楽師に聞く 能の楽しみ

[]若手能楽師に聞く 能の楽しみ 若手能楽師に聞く 能の楽しみ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 若手能楽師に聞く 能の楽しみ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 若手能楽師に聞く 能の楽しみ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

この歳になって初めて能楽を生で見にいった。今年から意欲的に「楽しみ」に行こうと決意する。全く知識がないから,「基礎講座」に行った。

実は,江戸時代ぐらいまで武士の教養として,武士は鑑賞したり,演じたりして,教養を付けたり,体の使い方を身につけていたというのを内田樹さんの文章で知ったのだ。しかも,セリフは全て古文である。古典を長年やって来た身として,これは触れておかねばならぬと思った。

歌舞伎は江戸時代に形が作られたというので,セリフは江戸言葉(なのかな?)だから,現代の我々にも何とか聞き取れるが,能楽は室町時代の言葉をそのまま継承しているというのだ。

初見の古文を文字で読む,音読するということは,してきたが,初聞(しょぶん?)の古文を聞き取るということは,考えてみれば経験がほとんどないということを能のセリフを聞きながら気がついた。半分くらいしかわからない。

しかし,そもそも古文は音声言語表現方法が主である。耳で聞いてわかりやすく工夫されているはずだ。音声的に鑑賞しないで味わったと言えないじゃないか,と,今更ながら気づく。高校教師時代,そんな古典の本質に迫る授業はしてこなかったなぁ。

今回観た「田村」もそうだが,能のストーリーは,霊的なものとやりとりするものが多い。それが能のテーマだといってもいいかもしれない。霊的なものと接点をもつ特別な空間がそこにある。そこで生きて観ている我々は霊的なものとの付き合い方を体感する機会を得るのか。


今回は「基礎講座」ということで,2回で4,500円なのだが,普通のりゅーとぴあの公演は,9,000円位する。何回も行ける値段じゃないな。各地の能舞台でおこなうやつを観に行くことにしようか。

f:id:F-Katagiri:20180427104409j:image