Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を務めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,2019/11/2〜4に長野県でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2018-12-17国語教員としての資質・能力

[][]国語教員としての資質 国語教員としての資質 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 国語教員としての資質 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 国語教員としての資質 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20181218111444g:image

国語教員としての資質とはなにか?」という問いに,最低条件として「言語に敏感であること。」と答えたい。国語は主に日本語という言語を扱う教科である。その言語に敏感でなければ,いけない。

「敏感」というのは,「正確」であるということと,「感性豊か」ということだ。言語に関して間違わない(自他)ということと,言語から想像できるということだ。

「正確」ということは特に教育現場に求められる。特に国語は「言語」そのものを学ぶ教科だから,そのテキストが間違っていては,学習者にその間違ったテキストを読むことを強いることになる。絶対にあってはならないことなのだ。

学習者に提供する前のチェックが必要だし,もしそのチェックからすり抜けても,授業中にそのテキストを提示しているときに気づいてすぐに訂正する感覚が必要だ。「何かおかしい?」と気づくことが必要だ。そのためにはたくさん読む必要があるし,自分が入力したテキストだったら自分を信じず少なくともダブルチェックする習慣がなければならない。

間違ったテキストを音読,暗唱させられる学習者のことを想像すると,単なるケアレスミスでは絶対に済まされない。授業者はとても恐ろしいことを学習者に対してしているという感覚になる。この感覚を持ち得ていない人は,国語教師になんてなってほしくない。

2018-12-16散歩と道順とランドマーク

[]散歩と道順とランドマーク 散歩と道順とランドマーク - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 散歩と道順とランドマーク - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 散歩と道順とランドマーク - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20181217155552j:image

珍しく12月なのに新潟市で晴れの日があったし,珍しく,次男は部活動も塾もない日曜日だったので,散歩に行った。古町にいってピザを食うためだ。

次男はあんまり一人で出かけないようだ。先日珍しく一人で朱鷺メッセに行って,ポケモンカードを買ったようだ。実際部活動で忙しかったりするので,仲間とどこか自転車に乗って行くという機会がないのかな?とも思う。

散歩だったので,次男に「万代橋まで自分で行けるかチャレンジしよう」と言って,私は次男の後に付いていった。万代橋はビルの影に隠れてみにくいのだが,万代シティまでは行けるし,そこからなんとなくの感覚で万代橋まで行った。「あそこは橋らしいけれど,万代橋かどうか分からない。」というのが正直な感覚だったようだ。

万代橋からピザ屋までは私が連れて行き,ピザを食べたあと西堀ローサに入り,「前よりも人通りが多いな。」といろんな店を冷やかし,西堀ローサの端から地上に上がった。

「ここから家まで,また,連れて行ってね。」とまた次男に道案内をさせた。次男は全く別の方向に行こうとする。途中気がつき,掲示されていた地図をみる。その地図には現在地が書かれていない。「NEXT21があれば分かるんだけれど。」と言って,NEXT21を探すが分からない。実はあまりにもNEXT21にが近くにあって,他のビルと同じにみえる。三角屋根がNEXT21の目印だが,それが見えないのだ。

一か八かで歩いていき,NEXT21の玄関をみて,ようやく確信した。

大昔,次男がまだ小学校に上がったか上がっていなかった頃,日本海タワーに連れて行き,そこでアイスクリームが販売していないと怒り,「自分で帰る」と一人でどんどんどこかに行ってしまったことがあった。そのまま放っておいたら,帰れたのだろうか?と思うのだが,そんな思いっきりの良さは今はない。

レインボータワーがなくなり,新潟のランドマークが消えてしまった。新潟市は平野の中にあるから,ちょっと曇ると山が見えなくなり,どっちが海の方か簡単に分からなくなる。その時に助かったのがレインボータワーなのだが,それも無くなってしまった。ビルの色や形は似通っていて,子どもにはすぐに見分けは付かない。さて,次男は新潟島の真ん中に放り出されたら,帰ってこられるのだろうか?

2018-12-15OQTA HATO もく(Wi-Fi)

[]OQTA HATO もく(Wi-Fi) OQTA HATO もく(Wi-Fi) - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - OQTA HATO もく(Wi-Fi) - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 OQTA HATO もく(Wi-Fi) - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

これがほしい。しかし高い。ラジオで知って,1万円代だったら……と思ったが,案外高かった。

スマホのアプリでタップすれば,「ぽっぽ」と鳩が鳴くだけの時計。平日は家族と離れているから,起きたときとか,帰ったときにタップして,家の鳩が鳴いたら,子どもとか私の存在を感じてくれるかな?と思ったのだけれど,それほどうちの子どもは小さくないなと思い,諦める。もうちょっと安かったら買うんだけれどな。

2018-12-14授業課題の「必要性」について

[][]授業課題の「必要性」について 授業課題の「必要性」について - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 授業課題の「必要性」について - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 授業課題の「必要性」について - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20181214103058j:image

授業課題に関して,「その課題って面白いの?」とか,「その課題って役に立つの?」ということをいつも気にする。面白ければ学習者は乗ってくる。役に立つと思えば,面白くなくても学習者は取り組む。

「役に立つ」といってもレベルがある。「自分が将来大人になるため,生きるために役に立つ。」とか,もしかしたら「自分が追求している宇宙の真理を解明するために役に立つ。」となどいうレベルから,「明日のテストの問題を解答するために役に立つ。」という低いレベルまでいろいろだ。

学習者が主体的に「面白さ」や「有効性」を見つけられればいいのだが,あまりそれがおこなわれないから,授業者は苦労して「語り」をおこなう。「この単元で学ぶことが,どんな意味があるのか。」について語る。

しかし,その語りがおこなわれず,授業者も今日の課題の面白さや有効性を見出せなければ,どんなに「みんなが達成することは重要だ」とか,「わからない人に教えることによってじぶんがより解るようになる」などと言っても,学習者はそっぽを向く。

もちろん,「みんなが達成すること」は崇高なことであるが,「その課題に取り組むモチベーション」にはならない。別のことでもいい。教科の学習じゃなくてもいい。「それが重要なんだったら,勉強なんてやめて,運動会や文化祭をずーっとやっていればいいじゃん。」ということになる。学習者はそれを見透かしている。

「あんなに高い山を苦労して,どうして登るの?」

という問いに

「そこに山があるから。」

とジョージ・マロリーが答えたそうだが,勝手に解釈すると,「そこに『高い』山があるから。」という意味じゃないだろうか*1?つまり,「崇高さ」を知っているから,登るのだ。

目の前の課題が崇高なのかなんなのか,さらに授業者さえも意味が分からない(少なくとも同様の他の問題を解けるようになる程度)課題に,どんな手を使っても取り組むわけがない。現在において,フロッピーディスクのドライブへの入れ方と取り出し方,保存の仕方,ガードのかけ方を学ばせているようなものだ。

意味がわかりにくいことに取り組ませるには,

  1. その納得できる意味を伝える
  2. 面白さを伝える
  3. もう既にそれに取り組んでいる人たちが大勢いる「ゲーム」の中に放り込む

この3点くらいしか思いつかない。私が今年マラソンにいきなり参加しようと思ったのは,行きつけの床屋の店主から2番目の「面白さ」を伝えてもらったからかな?

*1:本当は,「そこにエベレストがあるから」と答えたそうだ。

2018-12-12かわら亭

[]神の宮温泉 かわら亭 神の宮温泉 かわら亭 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 神の宮温泉 かわら亭 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 神の宮温泉 かわら亭 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20181213110337j:image

サウナ禁断症状が出てきたので,今日は行こう!と思っていた。冬のホームサウナのうみてらす名立が休肝日なので,かわら亭に行った。冬は外の水風呂が温泉になっているから,避けていたのだが,そこしかないからしょうがない。

駐車場にたくさんの自動車が止まっていたから,風呂場はめちゃ混みなのか?と思いきや,そうでもない。きっと宴会か宿泊客の車なんだろう。サウナに入っても最大4人しかいなかった。

実はここのサウナが一番好きだ。ちょうどいい大きさだし,音はオルゴールしかかかっていない。(テレビはうるさくて嫌だ。)だから,瞑想するにはとてもいい。たまに変なうなり声を出したり,知人と喋っているオヤジがいるが,今日はそれもいない。

好きな理由はオルゴールのみということと,体感温度が高いのだ。温度計をみると88℃になっている。しかし熱い。1ターン目は6分と入っていられない。先日行った釜ぶたの湯の温度計は92℃をさしていて,ぬるかったのだが,90℃行っていないのに熱く感じるのは,なんなんだろう?サウナとしての歴史なのか,ストーンサウナだからなのか,よく分からない。それにしてもなんでサウナは90℃近くになっても火傷しないんだろう?120℃でも大丈夫だった。

そして今回は自分のペースでサウナに入れたり,冬は小さくなる水風呂に入れたり,唯一の屋内休憩ができるフロイスに座れたりして,とてもよかった。混んでいるとそうはいかない。特に水風呂渋滞があると最悪だから,冬はここを避けるのだが,今日はラッキーだった。

しかしここの水風呂は冷たい。入って10秒くらいで手足先がビリビリ痺れてくる。2分も入ったら,腰が砕けるほどの冷たさだ。このままでは死ぬ,と思って水風呂から上がる。水風呂につかっていると,聴覚が鋭敏になる。流れている水が大きく聞こえてくる。ジャグジーもあるので,その音がはっきり聞こえてくる。これはなんなんだろう?

3ターンおこなったのだが,「ととのい」と呼吸は関係があるような気がする。体が冷えると手や脚の血液が少なくなり,体に集まる。体を冷やさないようにするためなのだろうか?そして水風呂から出るとそれが手や脚に流れてきて,じんじん痺れてくるのだろう。深呼吸することで,酸素を体中にめぐらし,それが顕著になる気がする。だから休憩時には意識して深呼吸してみた。瞑想にも繋がる。

そして頭にも血液が流れて,「ととのい」が発生するのかな?と推測する。

今日は,あまりにも水が冷たく,休憩している場所もちょっとひんやりしていたので,ととのい度はそれほどでもなかった。

今日のととのい度→3 ☆☆☆★★

2018-12-11体育の模擬授業

[]体育の模擬授業 体育の模擬授業 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 体育の模擬授業 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 体育の模擬授業 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20181211172411j:image

学部2年生の「教育課程実践論」では,各受講者30分間の模擬授業をおこなっている。まだ教育実習に行っていない学生にとって,「主体的・対話的で深い学び」を目指した模擬授業をするのはとっても難しいと思う。

ただ,今年の受講生たちは授業内容がチャレンジングなものが多く,今日は体育で「体の柔軟性」について考える授業だった。もう1つは「人間の幸せ」について考える授業だった。

教育実習で型にはまった授業をしていないせいか,授業の発想が柔軟で,毎回毎回楽しみだ。ただ,「目標と学習と評価の一体化」が難しいようで,そこをいつもダメ出ししているのだけれど。

2018-12-09第8回音声言語表現研究会の案内

[]第8回音声言語表現研究会の案内 第8回音声言語表現研究会の案内 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 第8回音声言語表現研究会の案内 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 第8回音声言語表現研究会の案内 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20181209105433j:image

急ではありますが,学校支援フィールドワークで,ディベートをおこなうことになりました。担当の先生や,院生たちは,ディベートを本格的におこなったことがないので,音声言語表現研究会でディベートを事前におこなって,学習をすることにしました。

12月12日(水)15:00〜上越教育大学人文棟407教室(予定)で,教室ディベートの講習会をおこないます。

授業での進め方を説明し,実際にディベートを体験する予定です。どなたでも参加できます。

2018-12-08自由の森学園

[]自由の森学園 自由の森学園 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 自由の森学園 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 自由の森学園 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20181210181316j:image

久米宏のラジオなんですけどの「今週のスポットライト」に,自由の森学園(埼玉県飯能市)の理事長が登場した。なんと,星野源は自由の森学園の卒業生だそうだ。

久米さんの鋭いつっこみに,言葉を選びながら,子どもたちに変な被害が及ばないように発言している鬼沢真之さんがとても真摯な人なんだという印象を受けた。

今までの中学校や高校の枠をとっぱらった学校を作っているようだ。テスト無し,高速無し,カリキュラムも「一般的な」学校とはちょっと違うようだ。寮も併設していて,4月からは寮の給湯器は薪で加熱するらしい。電気も100%再生可能エネルギーに切りかえたそうだ。

これから日本や世界は大転換期を迎える。今までの知識をため込んでおけば大学に入れて,仕事ができてという時代では無くなってくる。そんな中,教員の意識改革だけで子どもたちに大転換期を乗り切れる力がつくのか?根本的なカリキュラム変革が必要なのでは?と思ってしまう。教科学習だけでは無く,学校生活から全てのカリキュラム変革だ。

「今までの知識をため込む学習はしていません。」とやんわりと多くの学校の評価方法を批判しているところが魅力的。一体どういう授業をしているんだろう?視察に行ってみたい。

2018-12-07国語教育の危機

[]国語教育の危機 国語教育の危機 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 国語教育の危機 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 国語教育の危機 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

知り合いの国語教師が「今話題になっている」と言う本だから,読んでみた。

新学習指導要領,共通テストの導入により,国語教育が危機を迎えるという。ということは,現在高等学校国語科授業がおこなわれている各教室では,「危機」は訪れていないというのだ。

現行の学習指導要領においても,新学習指導要領においても,「生きる力」を育む教育を目指しているのだが,今おこなわれている国語授業で,それを意識しておこなっている教師は全体の何%だろうか?どのくらいの国語教師が,国語で身につく力を「問題を解いて正解を書く力」以外と設定しているのだろうか?

特別ではない,普通の中学校や高等学校に行って,授業中に廊下を歩いて教室を覗いてほしい。国語の授業で,学習者が「活動」をしている教室がどのくらいあるのか,見たことがあるのだろうか?

これからおこなわれる共通テストの問題を問題にしているようだが,現在のセンター試験を受けるのは,高校3年生のうち,約半分である。約半分の「国語教育」について問題にしているのだろうか?

きっとこの本は,現場の国語教師の不満や不安を「よく知っている」人が,今まで通りの,自分が受けてきた,多くの「国語教師」が好む授業をやっている教師向けに「今のままの『訓詁注釈』的教師主導,学習者の主体性を奪う国語授業で構わないんだよ。」という「逃げ場」を与えるために書かれたものなんだろう。その意義を十分に果たしているすばらしい本であった。

2018-12-05釜ぶたの湯

[]釜ぶたの湯 釜ぶたの湯 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 釜ぶたの湯 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 釜ぶたの湯 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20181206123140j:image

上越妙高駅前に先月オープンした。サウナもあるというので,行ってみた。

オープンしたてなので,とても綺麗だ。アルカリ泉質なので,床がすべすべする。転ばないように気をつけなければならない。サウナ目当てなので,2階に行く。2階には洗い場もあり,デッキチェアも4つあり,サウナも広そうで期待できる。

この作り,どこかでみたことがあると思ったら,上越にある門前の湯と同じような感じだ。経営が同じなのだろう。サウナを利用する人は,利用しない人よりもちょっと料金が高くなる。そして貸しタオルが付くので,サウナを利用する人は,タオルを持っている人という見分けが出来るようになっている。

体を洗ったあとに,湯船につかってからサウナに入るのが私のルーティーンなのだが,2階で洗ったところ,湯船は2階にはない。1階に降りて湯船につかる。それだったら1階で洗えばよかった。湯船の底もぬるぬるしている。転ばないように気をつける。

さて,出来たばかりのサウナはどうなのか?と思ったが,それほど檜の匂いはしなかった。あれ?もしかしたら檜ではないのかもしれない。新潟市のコナミスポーツセンターで,サウナが改装されたときは,檜のいい香りが充満していたなぁと思い出す。

入ってみて,感じたのがそれほど熱くない。温度計をみたら,92℃だった。あれ?ぬるいぞ。いつも1回目のサウナは,なかなか我慢できず,6分程度で出るのだが,6分たってもまだいられる感じだ。汗はもちろん出てくるのだが,いつまでもいられる感じのサウナだ。先月入った米本陣のサウナほどのぬるさではないが,なんだか残念だった。

水風呂はすばらしかった。門前の湯と同じ感じで,天然水だし,ジェット水流があり,いつも冷たい水が体に当たるようになっていて,すぐに冷える。これでサウナが96℃近くだったら,回数券でも買って通うんだろうと思ったが,今回で終わりかな?サウナの温度は調整できるんだろうけれど,本当に惜しい。

2回目はソルトサウナに入った。体に塩を塗りつけて入るスチームサウナだ。温度計は60℃だったが,体感的にはこっちの方が暑く感じた。じわーっと汗が出てくるのがいい。

水風呂は冷たいから,ととのうか?と思ったのだが,ととのうには熱いサウナと冷たい水風呂がなければならないということが今日分かった。人も少なくていい環境だったのに,サウナの温度が低いというのは致命的だった。

今日のととのい度 1 ☆★★★★