Hatena::Groupmanabiai

学び続ける集団へ

愛知県の小学校で教えています。情報交換をしながら皆さんと学び合い、そして多くの人と繋がりたいです。いつでも連絡ください。なお、メールはyudai7.iとgmail.comをアットマークで繋げています。よろしくお願いします。

2017-02-10

道徳の内容項目別発表④

| 19:11

「はい、これご褒美だよ。これからも礼儀正しくあいさつをしようね。」


発表に向けた最後の練習中。


礼儀の大切さを伝える班の劇中のセリフ。


礼儀正しくあいさつをした3人の子に先生役の子がアメをあげていた。


それを見ていて、


「ねえ、君らはアメがもらえるから、あいさつをしているの?ご褒美がもらえるから、礼儀正しくするの?」


と言ってその場から立ち去った。


その後、この班の中で一体どのような対話があったのだろうか。


正直私は、彼らはアメをなくすのだろうと思っていた。


しかし、子どもたちはそれを選ばなかった…。




今日のリハーサル。


礼儀正しくあいさつをした3人の子に先生役の子がアメをあげていた。


しかし、そのあと先生役の子がこう言ったのだ。


「こんなのもらわなくても、しっかりあいさつできるようになりなさいよ。」


と…。


これなら、小道具を作った人も傷つかない、脚本も大幅に変更しなくて済む。


たった一つのセリフを加えるだけで。


少なくとも言えるのは、私があの時、アメをなくしてしまえと彼らに言ってしまえば、このセリフは生まれなかったのだ。

2017-02-07

道徳の内容項目別発表③

| 19:30

道徳の内容項目別発表ですが、現在とてもワクワクするところまできています。


製作物を作り終わり、発表練習を始めているのですが、まだまだ高まれる内容。


ここまで私から何も具体的な指示も受けず、よくぞここまできたと思います。


具体的なアドバイスはほとんどしません。


ただ伝えるのは、それが君らにとっての世界に一つだけのものなのかと。


あとは心です。


どれだけ相手に伝えたいかという発表者の本気度が、発表成功の成否に決定的に影響するかを伝えました。


教師の語りと同じですね。


あと数回の練習時間でどれだけ磨きをかけていくか楽しみです。



f:id:yudai7-i:20170207191402j:image

f:id:yudai7-i:20170207191550j:image

f:id:yudai7-i:20170207191607j:image

f:id:yudai7-i:20170207191625j:image

f:id:yudai7-i:20170207191642j:image

f:id:yudai7-i:20170207191700j:image

2017-01-15

道徳の内容項目別発表②

| 22:34


以前、全校児童の前で発表する機会があるということを書きました。


1つのチームが決めたテーマが「自然愛護


その中でもポイ捨てをやめようということを扱いたいらしく、私に一人の子がこういう流れだとプレゼンします。


このままいけば、それなりの出来になりそうだったけど、


でも、正直つまらない。


「先生の言ったのは、世界にたった一つだけの発表だよ。いま聞いただけでは、ただふーんという思いしか抱かない。君たちが必死で自然愛護の大切さを伝えようとしているのだという本気さを感じない。それに君ばかりしゃべっているけど。〇〇ちゃんはどうなの?この発表について説明して・・・・。いいかい、先生が君たちに求めていることは君たち全員がこの時間本気で取り組むことだよ。君ら全員が必死に考えてふりしぼったもの、ぼくにもってきてよ。君らならできるって。」



大体こんな感じだったと思います。



結構ばっさりいったのですが、きっとあの子らならできると思います。



楽しみです。

2017-01-12

道徳の内容項目別発表①

| 19:45


子どもは有能。

頭ではわかるが、心では…。

自分にとって大きな壁です。

この課題でその壁をこえたい。変容したい。



今日から道徳の課題で、




『君たちの力で、〇〇小学校の1年生~6年生みんなの道徳の力が高まるような世界に一つだけしかない発表をしよう。』




という課題を出しました。



毎年3年生は2月に全校児童の前で人権にかかわる発表の機会があるのです。


そこでこの子たちがどれだけのものを生み出すのかを見てみたいのです。


1時間目の今日は、まず、自分がこのような思いであることを包み隠さず子どもたちに話しました。


そして、道徳の学習指導要領に記載されている、学年段階・学校段階の内容項目一覧を全員に配布しました。


教師の修正一切なしの完全に原文です。


この中から自分が全校児童に心の底からのびてほしいと願う項目を選ばせ、3つのグループを子どもに作らせました。


ここからスタートです。


約1カ月の大きなプロジェクトになります。


発表時間以外、内容については一切指定しません。


ただ、頭をフル回転させて本気で取り組むことを求めます。


全員が本気でやらないと、世界にただ一つのものはできないと話しました。


そして、私も本気で子どもたちに願い、高いレベルのものを求めようと思います。