Hatena::Groupmanabiai

学び続ける集団へ

愛知県の小学校で教えています。情報交換をしながら皆さんと学び合い、そして多くの人と繋がりたいです。いつでも連絡ください。なお、メールはyudai7.iとgmail.comをアットマークで繋げています。よろしくお願いします。

2016-12-02

3年算数:単元『学び合い』テスト結果⑤

| 22:14

これにて2学期の算数のテストは終了です。


単元は『三角形と角』 平均点は95点。最低点は80点でした。


そして2学期のまとめのテスト。


こちらは平均点は86点で最低点が69点でした。


最後の最後で「結果」を出せず、悔しい。


なにが課題か。


語りが中途半端だった。


2学期最後の算数のテストで今までで最高の成果を出す価値を話して、それを熱く求めるという、自分の心が足りていなかった。


私に今必要なのは「結果」。


詰めが甘かった。


自分の心が足りていませんでした。

2016-11-14

3年算数:単元『学び合い』テスト結果④

| 19:30

単元は『小数』


配当時数は12時間でしたが、テストを入れて7時間で行いました。


結果は平均95点、最低点が80点でした。


最低点の子はがんばってくれました。そして周りの子が本当によくがんばってくれました。


クラス全体は平均90後半を維持できています。


特に中間層の子の上昇がすごい。


この子たちに足りていなかったのは、対話なのだろうなと思います。


本当にわかるためにたくさん人と対話し、自分に合った教え手を見つけること。


それを保障すると、一気に伸びる。


やはり『学び合い』は学力向上にマッチしていると感じますね。


来週、2学期予定していた分の算数が終了します。


そこから約1か月をどう使っていこうか今考え中です。

2016-10-26

3年算数:単元『学び合い』テスト結果③

| 19:42

今回の単元は「かけ算のひっ算」。

結果は、平均96点。最低点が75点でした。

内訳は、100点が8人。95点が5人。90点が1人。75点が1人でした。


2年生のときの担任からしんどい、あの子は算数が苦手と言われていた子が何人かいましたが、その子たちも今やグッと成績を上げています。


「本当にわかるために必要な膨大な対話時間」と「最強の教材である人」。これらを君たちが選択して自由に使っていいんだよとすべての授業時間内で保障したことが、この子たちの成績向上の理由ではないかと思います。




相変わらず思いますが、多様な子どもたちにとっての最強の教材は人ですよ。




さあ、最後の一人です。


75点の子は、やっぱりという感じです。


が、その子は変わりません。集団を変えていくしか道はないです。


長期戦になります。


あせりはありません。


なぜなら、結局その子は『学び合い』をやったから75点しか取れなかったというわけではなくて、その前でもそうだったから。




今回新しく試みたのは、時数を少なくしたことです。


この単元は12時間扱いの単元でしたが、テストを入れて8時間でやってみました。


結論から言うと、8時間でも長かったくらいです。


たぶんあの子たちが本気をだしたら5時間くらいでいけると思いました。


なぜなら、2時間目の段階で教科書を一通り終わらせた子が何人もいたからです。


集団が本気になりさえすれば、5時間ってのは夢ではないです。


このままいったら12月に入る前に2学期分の算数は終わる。


たっぷり復習ができます。


より高次のレベルに子どもたちを到達させられる。

2016-10-13

3年算数:単元『学び合い』テスト結果②

| 20:43

前回に続いて、今回は「長い長さを表そう」です。

指導書通り、テストを含め6時間構成で行いました。

今回は巻き尺やロードメジャーなどを使って外へ計測しに行くする機会が多く、

なかなか教科書が進まない子が何人か見られました。

正直、おいおいこれで大丈夫なんか!?とかなり心配でした。

しかし、そんな中でも2割の子はしっかりと見通しを立てた学習を最初からしていたので、後半になるとペースの遅い子を緩やかにリードしてくれました。

意識したのは前回と同じように、

①フルの『学び合い』をする

②全員が100点を取ることを求める。

③テストに一致した課題に取り組ませる。

の3点です。それプラス、④とにかく感謝する これもかなり意識しました。

結果は、業者の期待得点が84点で平均点は96点。最低点が80点でした。

最後に『次こそは100点取るぞ!オーー!!』と気合の入った部活のような締めくくり方をしました。

油断、慢心大敵ですが、今まで『学び合い』!?教えないで子どもたちに教え合わせる!?そんなんで学力(テストの得点)が上がるの!?と完全に疑っていましたが、

今は逆に、これでテストの点が上がらない理由があるのと言える状態になってきています。

何より、子どもたちが自分たちの学習に自信をもって取り組んでいるのを肌で感じ取ることができるようになりました。

上昇意識のある学習者集団として、しっかりと育ってきていると思います。

2016-10-04

3年算数:単元『学び合い』テスト結果①

| 21:14

3年生 あまりのある割り算の単元『学び合い』2回目で、最低点が90点でした。

西川先生の学力向上テクニックの本を読んで取り組んでみました。

自分はまだまだ守破離の守ですね。ほんと、そのまんまやっただけです。

①『学び合い』をやる。

②テストの点をあげることを求める。なぜあげなければいけないか語る。

③テストと一致した課題をやる。


今まであの子は50~70を推移していたのに、やっぱりその気になれば変わるんだな…。人間ってやっぱり関係の生き物なんだなぁ。

中長期的に子どもたちを見なきゃいけないのはわかっているのですが、

今はとにかくうれしいです。。ありがとう、子どもたち…。