Hatena::Groupmanabiai

学び続ける集団へ

愛知県の小学校で教えています。情報交換をしながら皆さんと学び合い、そして多くの人と繋がりたいです。いつでも連絡ください。なお、メールはyudai7.iとgmail.comをアットマークで繋げています。よろしくお願いします。

2018-10-08

今週の目標

21:13

今週の自分の課題は、


『ユーモアによるイニシアティブ獲得を積み重ねていくこと』

2018-10-06

今週の振り返り

16:33

▷4色ボールペンを使った手帳記入。先週から試しているのがこういう感じ。まず黒はメインとして全体の9割に使用。次に赤は、重要事項の記入。1日に1回記入するかしないか。続けて青は印象に残ったフレーズやこれブログに書けそうと思ったエピソードの記入。最後に緑は、生徒指導系。いついつこういうような指導をしたと。今週おわってみて、なかなか機能しているのではないか。


▷単元のプリントを全部渡してからの『学び合い』。一定層にとってはものすごく相性がいいのだが、それとは対照的に機能しない児童もいる。長期的に見ればそれはそれでいいのだが、これでは持続ができない。そのため、円滑に移行できるよう、意図的に介入して子どもたちを励ましていく。だがやはりこっちが出すぎるとものすごく甘えてくるのだ。そりゃ嬉しいのだけれど、危ういなぁ。


▷運動会終了。さぁ乱世が終わり、日常生活が再び始まっていく。そんなようなことも話しながら、子どもたちにこれからの学級経営の方針を伝える。


▷ある児童、最近自信がみなぎっている。生き生きしている。学習も、捗っている。思うに以前、個人的に呼び出してそれでいいんだ、間違ってないそのまま突き進めと言ってから変わっていったように思える。このように、私たち教師は常に学習者への叱咤激励のバランスに気を配る必要があるのだなと感じた。とくに、激励。『学び合い』持続の上では欠かせない。


▷読み聞かせはというと、さすがに毎日毎日本気で読み続けているので自分の語り方も成長してきたように思える。以前はかなり早口で読み進めてしまうのが自分の癖だったが、間を取ったり緩急をつけたりすることが自然とできるようになってきた。何より本の内容がおもしろい。「9月0日大冒険」気になる方は調べてみてください。


▷今週の雑記を読んでいると、自分の精神状態も良好で無く、苛立ちから空回りな縦糸張りをしてしまうことが多かった。極めつけに、やってはいけないミスをしてしまい、信用を失ったしまったのではないかと思う。何より学年団の先生方に申し訳ない。自分も本当にまだまだだ。伝えてくださった方の誠意に感謝し、またコツコツとやっていこう。失敗は成功へのデータ。

2018-09-25

雑記

21:14

▷朝、子どもに嫌味な指導の仕方をしてしまった。きっとこうやってドツボにはまっていくのだろう。心でっかちな指導の行き過ぎには気をつけたい。


▷最近自分なりにコツコツと書いている手帳を見直したが、どうも書いていることに面白みがない。面白みがないというのは、エピソードに笑い要素が含まれるかどうかなどの次元ではなく、未来に見返した自分にとって思考が促進されるような、そんな媒介機能を持っているかと言う観点において面白くないのだ。そういう意味でも書けるスペースには限りがあるのだから、それらを意識したことを書いていこう。


▷とある生徒指導場面を見たが、どうだろうか。対象者同士を突き合わせていろいろと話をしていたが、いったい何を話していたのだろう。あれが事情聴取だとしたら、もっと前に踏むべき手順があるのではないか。当然、自分も陥りがちな状態であるので、自分への戒めとしてこのエピソードを機能させよう。


▷だからこそ、運動会の喧噪状態は早く過ぎ去ればいいのになと思う。他の学年を傍目から見ていても、子どもたちが不安定だなと感じる。当然、そうなれば心でっかちな指導が入るわけだし、反発もあり、負の連鎖が誕生してしまう。10月以降の学級崩壊は初期段階として運動会の副作用から生じてくる、そんなことさえ感じてしまう。

2018-09-24

できるかできないか

12:50


できるかできないかではない。


やるべきかやらないべきか。


この思考の転換は今の自分の支えになっているものの、同時に前者の在り方も大切にしていきたい。

2018-09-22

縦糸横糸論を指標に

21:52


現状、学級づくりの状態を、縦糸横糸論を指標に振り返ってみる。


今年度、自分は横藤先生の縦糸横糸論を強く意識した学級経営を行っている。その際、子どもたちの中に悪しきヒドゥン・カリキュラムを形成していないかどうかに観点を定め、それを自己評価の指標としてきた。


特に4月は自分が前に出て戦略的に縦糸を張ってきた。


システムの大枠については、次年度も踏襲できるくらいのものが出来上がったのではないかと満足しているのだが、肝心の定着面に関してはまだまだだ。


原理・原則に忠実にならなければいけない場面で、これくらいいいではないかと思考に偏りがかかってしまい、何度か失敗をしてしまった。


2学期に入り、9月序盤は子どもたちにも宣言し、細かくチェックしていったのだが、それもすべて徹底しきれていない。正直自分も、何もそこまでと思ってしまっている傾向があるのがだめだ。


学び合い』でかなり充実した横糸が張られている状態になっている分、甘えが自分の中で生じているんだなと思う。


あと、やはり運動会の喧噪というか、勝手に自分の中に多忙感が生まれてしまっているのかな?それが必要以上に見えなくなってきた縦糸を意図せず浮上させてしまっている。


これかな今の課題は。


縦糸に関しては戦略的に引いていこうと決めていたのだが、突発的な感情を抑えられない場面がいくつかあった。


その頻度は緩やかにではあるが、2学期初日よりも増えてきている。


今まで自分は、縦糸については張ることにばかり意識してきたが、今後は戦略的に引くことに視野を広げなくてはいけない。