Hatena::Groupmanabiai

学び続ける集団へ

愛知県の小学校で教えています。情報交換をしながら皆さんと学び合い、そして多くの人と繋がりたいです。いつでも連絡ください。なお、メールはyudai7.iとgmail.comをアットマークで繋げています。よろしくお願いします。

2017-04-23

緩やかにつながっていれば

16:36


理科では、『今日から2時間で、春に見つけた生き物を友だちにしょうかいするプレゼンシートを作ってみよう』という課題に取り組んでいます。


子どもたちが取り組みやすいよう、いろいろな種類の紙を用意したり、ペンも何種類か置いておいたり、図鑑や虫眼鏡も用意したり、こういうところに力を入れます。


これに、国語の教科書の作文例や表などを同時進行で組み込んでいけば、たぶんいずれはかなりいいものができるだろうなと思います。


子どもたちには、「任せるよ。先生がびっくりするようなものを作ってくれ」と言いました。


この子たちでいけるのかなぁと不安に思いながら出した課題ですが、


子どもたちが緩やかにつながっていれば、全然いけます。


ただし立ち歩きがNGなので、机をアイランド型にさせて、グループ学習という体で緩やかな協同を保障しようとしています。


しようとしている…というのは、難しいんです。


ベストは誰と学習するか、何人でやるのかなど、子どもたちに学習方法を徹底的に選択させることなんだなと思います。


立ち歩きを抑制したり、一人でやりたい子をグループにつなぎとめておいたりと、とほほなことばかりしなくてはいけないのですが、これならふだんよりはマシです。


あと、やっぱりクリエイティブ・シンキングを働かせる課題は、教師が見ていて本当にわくわくします。