Hatena::Groupmanabiai

yudai7-iの『学び合い』日記

奈良県の小学校で教えています、教員歴3年目のyudai7-iです。『学び合い』の考え方で実践をはじめて2年目です。1年目はまったく思うようにいかず、2年目はその失敗の反省を踏まえて取り組んでいるところです。情報交換をしながら皆さんと学び合い、そして多くの人と繋がりたいです。なお、メールはyudai7.iとgmail.comをアットマークで繋げています。よろしくお願いします。

2017-03-09

キーワードは安心感

| 22:15


4月…新天地での学級開きは、手法は様々なものあれど、『学び合い』の考え方でやっていくことは決めています。


そこで、絶対に避けなくてはいけないのが、


〈子どもの不安→保護者からのクレーム→管理職との衝突→同僚との軋轢→子どもの不安→…〉


と、終わることのない負のスパイラルに嵌ってしまうことです。


実際にそれに近いものを味わっただけに、新天地1年目でそれが起こるなど、想像しただけでも胃が痛くなります。。


まずは、


子ども 

保護者

同僚

管理職



それぞれに安心してもらわなければいけません。


それぞれと折り合いをつけなくてはいけません。


失敗本を読んでいて思いましたが、キーワードは「安心感」だと思います。


まとめなし・板書なし・語り以外は任せる・先生は教えないよ


これらのみが『学び合い』だ、という誤解は自分の中で解けたと思います。


つまり頭の中で、手法が先行してはいけないということ。


失敗本にも書いてありました。


どう見ても従来型の授業なのに、育った集団は『学び合い』のテクニックで育った集団以上と。


学び合い』は考え方であり願い。


柔軟にしたたかに、謙虚に取り組んでいきたいです。