Hatena::Groupmanabiai

yudai7-iの『学び合い』日記

奈良県の小学校で教えています、教員歴3年目のyudai7-iです。『学び合い』の考え方で実践をはじめて2年目です。1年目はまったく思うようにいかず、2年目はその失敗の反省を踏まえて取り組んでいるところです。情報交換をしながら皆さんと学び合い、そして多くの人と繋がりたいです。なお、メールはyudai7.iとgmail.comをアットマークで繋げています。よろしくお願いします。

2017-02-13

全部子どもが知っている

| 19:04

クラスのある女の子が書いた文章です。



〈「学び合い」は、先生が、前に立って、教えるのではなく、自分たちで決められたか題をといていきます。「学び合い」には、いいところがたくさんあります。たとえば「友だちと考えれて、かいけつできる」ということです。中には「先生に聞くのがはずかしい」と思う子がいるかもしれません。わたしはそういうタイプですが、そういうときに「学び合い」があると、すごく心が楽になります。わけは、先生に聞きづらくても、友だちがいるから、聞けるし、助け合うことができます。なので、「学び合い」があると、楽しく、勉強ができます。〉



率直に、研究紀要に『学び合い』のことを書くから、これを読んだ先生が『学び合い』に取り組みたいと思うような文章を書いてくれとお願いしました。その中の1つがこの文章です。

続いて、この子。



〈3年生では学び合いをしています。ふつうのじゅ業より学び合いのほうが友だちに聞けるし友だちの説明のほうが理かいしやすいので私は学び合いのほうがいいと思います。学び合いになるといつも遊んだりしている子いがいにも分からないことをきけるので友だちもふえます。ふつうのじゅ業では前で発表するのがにがてな人が手を上げなかったけど、学び合いになると手を上げるのがにがてな人もすすんで考えを友だちにいえるのでいいと思います。〉



ちなみにこの子は、人前で発表するのが得意な子です。

教える子が暇になるのでは?教える子の時間が無駄だと思われる方もいるでしょう。さらに、教わり続ける子がかわいそうだという声もききます。

最後にこの2人の文章ですが、『全部子どもが知っている』ということを私たちに教えてくれます。



〈3年生では「学び合い」のじゅぎょうをやっています。学び合いのいいところはおしえる方もおしえてもらう方も頭をつかえるところです。〉



〈3年生では「学び合い」という勉強をしています。学び合いのないようは、先生が前に出て教えるのではなく、友だちに聞いたり、教えたりして勉強する事です。学び合いの良いところは、友達に聞いたりしても分かるけど、友達に教えることによってまたそれも勉強になります。〉



こんな子どもたちの様々な変容を生んだ考え方が『学び合い』です。

学び合い』に興味がある方、始めてみたいと思っている方へ参考になれば幸いです。