Hatena::Groupmanabiai

学び続ける集団へ

愛知県の小学校で教えています。情報交換をしながら皆さんと学び合い、そして多くの人と繋がりたいです。いつでも連絡ください。なお、メールはyudai7.iとgmail.comをアットマークで繋げています。よろしくお願いします。

2017-05-15

絵本の力を

20:53

今年は絵本の力を大きくかりています。


絵本の力で子どもを変えたいというよりも、


大の大人がこんな楽しそうに一つのことに取り組んでいるのだという姿を、1年を通して子どもたちに示したいのかなと思います。

異なる課題

20:43


今までは、授業実践のことだけ考えていればよい状態でした。


しかし今は、何より、職場、同僚です。


学び合い』による授業実践は確かに以前と比べて減ったのですが、


その中で、どう『学び合い』の考え方を、同僚に対して伝えていこうかな、とまた違った課題が自分の中で根付いた気がします。


状況は何も悲観する必要はなく、最近の更新が滞っているのも、自分の今の悩みが、昨年度と比べて変わり、簡単に文章にあらわせなくなったからだと感じています。


ワクワクします。

2017-05-09

今の自分

20:09

更新がこれだけ滞っていたのは初めてかもしれません。


毎日毎日思うのですが、どうも自分は人の影響をすごーく受けやすいようです。


それも言動とかのレベルまで。


それを見極めた上で、冷静になる必要が自分にはあります。

strongmind222strongmind2222017/05/10 22:40心中お察しします。というのも、私も「言動を真に受けやすい」タイプだからです。でも、よーく考える必要があると思っています。学校のテストと違い、正解がありませんから。
とにかく最善手を打ち続けつつ、自信をつけることが大切と思います。私の場合は知識的な詰めと自信があるていどついたことで、他者の言動に影響され「すぎ」ることが減りました。
知は力なり。本でも耳学問でも、様々なところから学んでいくべきと思っています。

yudai7-iyudai7-i2017/05/11 20:53自分の指導に自信が出てくるかって大きいですよね~( -.-)またスターさんとお話したいな(^。^)

strongmind222strongmind2222017/05/13 00:00こちらこそ!
何処かでお話できるといいですね(^^)

2017-04-29

1週間の振り返り

09:41

長い1週間が終わりました…。


先週よりは、できている子たちのことを冷静に見ることができたなかなと。



★理科のプレゼンシートですが、かなりいい感じ。


自由帳に絵をかくことが好きな子が書いたシートはとっても魅力的でした。


こりゃ、すごいと思わず唸りました。


さらに、紙を切って本のようにする子もいました。おもしろい!


後ろの本棚においてある図鑑や虫眼鏡、ノートの書き方の本などを活用している子もたくさんいて、あっこういうときにタブレットなんか置いておいたら面白いのだなと思いました。


やっぱりこの課題はいいです。何回も書きますが、子どもたちもですが、何より私たちが楽しいんです。


★カリマネ本を参考にして、レポート課題を始めました。


「~を見て気づいたこと」というテーマで、書いています。


ナンバリング・ラベリングを活用させ、教科書の文例や何よりも、友だちのレポートの書き方を参考にしてもいいよ。


学ぶことはまねぶことだよと繰り返し話していきたいと思います。


★大切なのは、1度でみんなができるわけじゃない。でもできる子もいるということなのだと思います。


たった1回の授業ですべての子に結果を求めるのは、お互いに辛くなります。


今できなくたっていい。ゆっくりでいい、ゆっくり…。でも、学び続けて下さい。


来週は、2日間しかないけど、こんなことも話せればなと思います。


学び合い』の方法論を用いた授業をしていくのはなかなか難しいですが、そこはもうぐちぐち言わず、友だちと折り合いをつけながら学び続けてほしい、この考え方を丁寧に子どもたちに語り続けていきたいです。

2017-04-28

浅いです

22:53

まだまだ自分は若僧。浅いです。


職場のいろいろな先輩方への日々の感謝の気持ち、習おうという姿勢を大切にしていきたいです。

2017-04-23

緩やかにつながっていれば

16:36


理科では、『今日から2時間で、春に見つけた生き物を友だちにしょうかいするプレゼンシートを作ってみよう』という課題に取り組んでいます。


子どもたちが取り組みやすいよう、いろいろな種類の紙を用意したり、ペンも何種類か置いておいたり、図鑑や虫眼鏡も用意したり、こういうところに力を入れます。


これに、国語の教科書の作文例や表などを同時進行で組み込んでいけば、たぶんいずれはかなりいいものができるだろうなと思います。


子どもたちには、「任せるよ。先生がびっくりするようなものを作ってくれ」と言いました。


この子たちでいけるのかなぁと不安に思いながら出した課題ですが、


子どもたちが緩やかにつながっていれば、全然いけます。


ただし立ち歩きがNGなので、机をアイランド型にさせて、グループ学習という体で緩やかな協同を保障しようとしています。


しようとしている…というのは、難しいんです。


ベストは誰と学習するか、何人でやるのかなど、子どもたちに学習方法を徹底的に選択させることなんだなと思います。


立ち歩きを抑制したり、一人でやりたい子をグループにつなぎとめておいたりと、とほほなことばかりしなくてはいけないのですが、これならふだんよりはマシです。


あと、やっぱりクリエイティブ・シンキングを働かせる課題は、教師が見ていて本当にわくわくします。