yamakan-sendaiの日記

2013-04-29

Q-Uなどのアセスメントを元にしたいじめ指導の授業提案

20:19

 6月の学級づくりパワーアップセミナーの案内です。私もお邪魔させていただきます。Q-Uなどのアセスメントを元にした,いじめ指導の授業提案をします。魅力的な講師,講座内容が満載です。超お勧めのセミナーです。詳細は次の通りで,こくちーずから申込みください。



「学級づくりパワーアップセミナーin東京

【日時】 6月15日(土) 9:50~17:00

【会場】 教育同人社:

   (東京都豊島区東池袋4丁目21 アウルタワー2F)

 <テーマ>

  「授業による学びの環境(空氣・雰囲氣)づくり」

◎授業を通して、教室の空氣をつくる、空氣が変わる、空氣にふれる・・・

 目に見えない空氣、つまり、学級の機能面を

 授業を通してどのように耕し、育み、潤していくか。

 スタッフと参加者が互いに提案し合いましょう。

http://kokucheese.com/event/index/87167/

東京セミナー日程】 

 9:50 スタート

(0)10:00 余川 亘(教育同人社)

  「<主体的な学びの環境づくり>教育現場の現状と提案」 

   → 教師たちの自主的な学びの現状と、サポーターから見た提案。

(1)10:10 大谷雅昭 (群馬藤岡市立鬼石小学校)

  「基調提案:テーマについて」

  ①学級の環境(空氣、雰囲気)づくり ②表のねらい、裏のねらい

(2)10:40 グループ・ワーク

   「私の学級環境づくり①~参加者編~」

   → 4グループに分かれて、参加者が自分の

    「学級づくり・授業づくりのスタート」について紹介し合う。

 【キャスター

 A:安次嶺隆幸(東京暁星小学校)

 B:八巻寛治仙台市立沖野東小学校

 C:岩瀬正幸(横浜国立大大学院 教育実践専攻)

 D:佐瀬順一(東京荒川区立第三中学校)

                    

(3)11:15 講師(安次嶺,八巻,岩瀬,佐瀬) 各10分  

  「私の学級環境づくり②~講師編~」

   → グループ・Wで紹介された内容もふまえて、

    講師が自分の考えをそれぞれ提案してもらいます。

(4)13:00 【講座1】八巻寛治

「いじめ指導(学級活動)による学びの環境(空氣・雰囲氣)づくり」

(5)14:10 松下崇(横浜市立都田小学校)

  「<明日から使えるとっておきネタ紹介>学びの環境づくり①」

(6)14:25 【講座2】岩瀬正幸

①「開き読みで子どもの心を育てる」

②「くらしとつなぐ学びをどう創るか」

(7)15:10 佐藤宗巧(横浜市金沢小学校)

  「<明日から使えるとっておきネタ紹介>学びの環境づくり②」 

(8)15:25 大谷雅昭

  「<明日から使えるとっておきネタ紹介>学びの環境づくり③」 

(9)15:55【講座3】 安次嶺隆幸

  「世界一の学級づくり&授業づくり《空氣のドーナツ》」

~礼儀でまとめる学級づくり~

(10)16:45 引き続き: 安次嶺隆幸による「フィナーレ」



《やまかん・こんなことやってます》

明治図書関連↓

http://www.meijitosho.co.jp/eduzine/cskill/?id=20130191

http://www.meijitosho.co.jp/search/?keyword=%94%AA%8A%AA%8A%B0%8E%A1

http://www.meijitosho.co.jp/eduzine/interview/?id=20100296

小学館関連↓

http://www.shogakukan.co.jp/yomi/author/_author_6821

アマゾンさん↓

http://www.amazon.co.jp/s/ref=sr_pg_1?rh=n%3A465392%2Cp_27%3A%E5%85%AB%E5%B7%BB+%E5%AF%9B%E6%B2%BB&ie=UTF8&qid=1364760796

同じテーマの記事

多賀さんの親塾始まる 04月19日

授業力&学級統率力2013年4月号が発… 04月16日

杉田調査官の本特別活動の教育技術が発刊… 04月06日

最新の記事一覧 >>

最近の画像つき記事[ 画像一覧へ ] やまかん先生のHap

04月26日

社会的スキルを育てる…

04月22日

学級懇談会演出のスキ…

04月21日

2013-03-03

やまかん流☆ここで活かせるカウンセリングスキル最新号は?3月号

12:51

 f:id:yamakan-sendai:20120703233557p:image連載第9回目になります。ぜひご一読ください。

やまかん流☆カウンセリングスキル(9)

物の貸し借りについてのやりとり―エピソードを使ったトラブル解決―

仙台市立沖野東小学校教諭八巻 寛治

2013/2/28 掲載

 「2月は逃げる」の言葉通り、他の月に比べて日数が少ないこともあり、知らぬ間に3月を迎える感覚があります。学習もまとめの時期に入り、評価に関するワークテストなども頻繁に行われるために、学習に苦手意識を持つ子にとっては、焦れば焦るほど学ぶ意欲を持てなかったり、ストレスをためやすい負のスパイラルになりやすい時期であるとも言えます。

 「未履修問題」が話題になり、教科の時数が戻った現在においては、授業時数と学習内容の充実を背景に、履修に関する漏れがないようにしっかり確認することが多いです。よって、学習用具の忘れ物は、子どもたちにとっても、われわれ教師にとっても微妙な問題になります。

 今回は、高学年の学級活動で活用できるシナリオを使ったロールプレイを取り入れています。高学年特有の遠慮し合う関係から、自分の気持ちを適切に伝えて、自分もよく相手もよい関係に醸成していくために、日頃のトラブル場面を元に、主張的に課題解決していくことを体験します。


物の貸し借りについてのやりとり

1ねらい【高学年の学級活動】

 友達との貸し借りで起こりがちなトラブル場面を元に、貸した側と借りた側の間に意識の違いがあることや、伝え方が適切だとトラブルになりにくいことに気づくことができる(習字道具の貸し借りを例に)。



http://www.meijitosho.co.jp/eduzine/cskill/?id=20130132

Jennifer1029Jennifer10292013/03/27 15:50http://www.chinacheapbrands.com

2013-03-02

指導と評価2013年3月号が発刊になりました。

23:26

f:id:yamakan-sendai:20130219164958j:image

指導と評価2013年3月号が発刊になりました。今回は,私,八巻寛治も原稿依頼をいただきました。興味のある方はぜひどうぞ!

いまこそ特活、道徳、総合

教育調査研究所研究部長 寺崎千秋

★平成二五年度は、教育課程を改訂してから実質五年目であり、特別活動、道徳、総合的な学習は完全実施五年目である。次期改訂までの中間点として「生きる力」の実現状況を評価し見直しをする時である。

★教育課程の見直しの視点として特別活動、道徳,総合的な学習を取り上げ、「生きる力」を育む上での意義を再確認する。

★特別活動、道徳、総合的な学習の指導を確実に行うためには、教師力の見直しと授業力の更新が必要である。

★以上の取組を意図的、計画的、組織的に行うためには、校長は認識をあらため、リーダーシップを発揮することが必要である。 

特別活動はこうしたい

福岡市立長尾中学校長 岸川 央

★特別活動では、「望ましい人間関係をいかにつくるか」が最も重要である。

★学級集団づくりのためには、構成的グループエンカウンターソーシャルスキルトレーニング等を取り入れた学級活動が有効である。

生徒会活動の活性化は、生徒会役員が中心となった学校が一つになる取組の設定にかかっている。

★生徒が、保護者と共に達成感を味わうことができる学校行事の仕組み方が重要である。

道徳教育が目指すべき方向

千葉大学教授 上杉 賢士

★道徳の学習は集団で行うことが暗黙の了解事項になっている。この特質を最大限に生かすための理論的基盤は、「構成主義パラダイム」にある。構成主義とは、「収集した知識や情報を自分なりに再構成することが学びである」と説く哲学である。共に学ぶ学習において、お互いが情報源となり、考え方や価値観を提示し合うことによって、より深い学びが期待できる。そして、道徳のこの特質を生かした学びは、他の教科や領域にまで敷衍され、現下の多様な教育課題に十分応えうるものである。

総合的な学習の特質をいまこそ再確認しよう

上智大学教授 奈須 正裕

★科学の教育(教科)と生活の教育(特活、道徳、総合)がそれぞれに充実するとともに、「知の総合化」によって互恵的に補い合い高め合うのが、現行教育課程の基本構造である。

★総合的な学習は三つの生活実践課題をめぐり子どもが主体となって現に生活を創造、変革する営みを通して「自己の生き方を考えることができる」ように育て上げていく学びと実践の場である。

生徒指導の充実と確かな学力の育成

高知県黒潮町立大方中学校長 岡崎哲也

★生徒指導における、2次的支援を組織化し個別の支援を充実させることと、1次的支援としての取組を充実させることで、意欲的に学習に取り組める生徒が育成できると考えた。

★1次的支援の取組として、ガイダンスカリキュラムを実施することで、人間形成に必要な知識とスキルの育成を授業として取り組むことにより、個人のスキルも高まり、学級・学年の中で、きまりや人間関係づくり、授業や行事など、よりよいものをめざそうとする集団として成長するであろうと期待した。言語活動も充実し、表現力が高まりより確かな学力につながると考えた。

★ガイダンスカリキュラムを実施するにあたって、教員の研修を行うことで、教員自身も、主体的にさまざまな教育活動に取り組もうとする姿勢になると考えた。

特活、道徳、総合で震災後のケアを-震災被災した子どもたちを、どう支援してきたか

仙台市立沖野東小学校教諭 八巻 寛治

★心に傷を受けた子ども心のケアが重要になっている。自然災害や事件・事故に遭遇した後に求められる“子ども心のケア”を、東日本大震災を経験した筆者が、被災地の状況と経過、今後の支援・援助者にとって必要なものを模索し、子ども心のケア(不安や悩みの解消)を考えるきっかけにしたいと思う。

★特に、阪神淡路大震災が起きた数年後に、子どもたちの心が荒れ、不適応を起こしたり、衝動的な言動をする児童生徒が増えたとの報告事例がある。今後学校現場で求められることになるる支援・援助の目安は何か、現行の道徳や特別活動で取り組める不安や悩みの解消とは何かの有効性を確認したい。

イギリスのCitizenship Educationイギリスでの特活・道徳・総合学習を合わせたような時間の紹介

京都教育大学教授 水山光春

英国におけるシティズンシップ教育は、現代民主主義社会を支える能動的な市民を育成する教育で、現在、中等学校において必修教科となっている。その実態は、ナショナルカリキュラムに学習内容が定められていて評価・評定があることを除いては、社会的・道徳的責任を大切にする意味では道徳的であり、生徒会活動や学校行事を活用する意味では特別活動的であり、積極的に地域と関わろうとする意味では総合学習的である。しかし、その概念の幅広さから、成果が明確でないという批判も受けており、二〇一四年には見直されることになっている。

http://www.toshobunka.co.jp/magazine/detail.php

adminadmin2013/03/27 15:50http://www.cheapwholesaleshoeschina.com

2013-02-11

エンカウンター教育分析コースと自分づくり教育

02:56

 土日に千葉船橋で驚異カウンセラーの教育分析コースのワークショップがあった。教育分析は,とことん自分自身に向き合う,いわば内観にも似た体験になる。

 仙台市教育委員会は,仙台自分づくり教育を推進し,市内全小中学校200校で実施しようとしている。勤務校では,学びの連携の指定を受けて,地域連携をベースにした小中連携を推進している。地域連携では,のべ700人に迫る勢いの方々から多方面にわたりご支援をいただいている。まさに感謝・感謝である。

 自分づくり教育プロジェクトでは,学びのコミュニティとして夏の体験講座を実施した。また,私の試案ではあるが,自分づくり教育の9年間のプログラムも作成した。キャリア教育を意識して,縦軸に自己理解のベクトルを,横軸には目標設定をイメージした概念化シートを組み合わせて,発達課題を確認しながら当てはめたものである。

ぜひそのうち皆さんにも見ていただき,ご意見をいただきたいものだ。

 東日本大震災から今日で1年11ヶ月目,早いような遅いような…,被災地ではまだまだ復興が進んでいないところがあります。今後ともご支援をお願いしたいと思う。

adminadmin2013/03/19 15:38http://www.chinacheapreplica.com

2013-01-31

やまかん流☆ここで活かせるカウンセリングスキル最新号は?

22:26

やまかん流☆ここで活かせるカウンセリングスキル最新号は?

日頃ありがちなトラブル場面を想定しての学級活動の提案です。意識のずれを元に,相手の心情を心理的に理解します。

やまかん流☆カウンセリングスキル(8)

“協力”の仕方を意識のズレから学ぶ

―掃除当番のトラブル解決に向けて―

仙台市立沖野東小学校教諭八巻 寛治

2013/1/31 掲載


 新年を迎え、新たな気持ちでやる気が感じられる1月。この時期は、子どもたち一人一人が冬休み中に体験してきたことを生かして、新たな気持ちで頑張ろうという意識をもったり、2学期に積み残した課題をやり遂げようとする意欲をもったりする節目の時期でもあります。

 子ども個々のやる気をしっかり自覚させること、そのやる気をどのように集団へ反映させていくかという方向性をもたせるために、学級の中での自分の存在感や所属感を確認させることが課題になると思います。


“協力”の仕方を意識のズレから学ぶ

続きはここから↓

http://www.meijitosho.co.jp/eduzine/cskill/?id=20130058

Jennifer1029Jennifer10292013/03/19 15:36http://www.bestwholesaleshoes.com