Hatena::Groupmanabiai

ナカダ☆ツヨシ RSSフィード


ジオターゲティング

2014-03-04

[]360°評価 02:19

 総合学習や課題研究のように◯◯能力(力(りょく)能力と呼ぶらしいです)の育成を目標とした学習については、妥当性や信頼性の高い評価方法について議論が尽きません。

 渋谷グローバルリーダーを育成する塾IGSの福原正大学院長は、スーパーグローバルハイスクールを中心とした課題研究についてのオンラインソフトを開発する際に、マッキンゼーBCGのような世界トップのコンサルタント会社が採用している360°評価を参考にしているそうです。

 360°評価とは、ある社員について自己評価を含め、上司、部下、クライアント、第三者等、できるだけさまざまな人物の視点から評価するというものです。

2012-07-04

[]高校教師の必要条件 23:24

 以前、上教大の教職大学院のグループ発表で、評価をテーマに発表した時、私は高校の三者面談を再現するロールプレイを行いました。生徒と保護者を前にして、B社とK社の判定システムをプロジェクター投影して、生徒の模擬試験の判定を基に志望校を決定する場面を再現したのです。確信犯でしたが、発表後に義務教育の先生方からはかなり批判的な声が上がったのを覚えています。当然です。関心、意欲、態度は全く評価の対象にならないのですから。

 今週末、1年生はB社の模擬試験を受験します。毎日毎日、対策授業、質問会、家庭学習4.5時間を課しています。

 これが、現実です。現在、生徒の学力を測る指標として最も信頼性の高いテストは、模擬試験以外存在しません。大学入試が現行の制度である以上、これは動かしがたい事実です。B社の模試は、全国で30万人以上が受験します。これ以上に母集団が多い統一テストはおそらく存在しないでしょう。

 受験が全てではないという教員がいます。しかし、それは教師の論理です。生徒や親からしてみれば、模擬試験偏差値を上げてくれる先生が力のある先生です。逆に言えば、偏差値を上げることができない教員は、生徒や保護者の信頼を得ることができません。自分の目指す教育を実現したいならば、生徒に模試で点数を取らせて当たり前でなければなりません。

 そんなもの塾に任せればいいだろうというのは、私は間違っていると思います。日本の学校教育アイデンティティは全人教育です。生徒の社会性の育成も含め、大学入学に必要な学力も、基本的には学校教育でカバーしなければならないと思います。

 模擬試験まであと2日ですが、やれるだけのことをやりたいと思います。