Hatena::Groupmanabiai

ナカダ☆ツヨシ RSSフィード


ジオターゲティング

2012-05-21

[]黒船襲来、ゴーイングメリー号作戦 22:02

昨日ブログで書いた、「黒船襲来、ゴーイングメリー号作戦」を学校長が即採択しました。さすが、懐が深い。

ということで、作戦の決行が現実のものとなります。

e_chigoyae_chigoya2012/05/21 22:17さすが仕事が早いですね。黒船に乗れるようにしたいです。

hina-desuhina-desu2012/05/21 23:26日々、ばく進中とのこと。遠くより羨ましく見させていただいています。
私は現在の状況が歯がゆく、もがいているのかさえよくわかりません。が、私は私のやるべきことをまずやります。
早くそちらに行けるよう精進します。
またお会いできるのを楽しみにしています。

sumi-chansumi-chan2012/05/21 23:42ぎゃぼっ!!
楽しみですね〜!!

twoyoshitwoyoshi2012/05/21 23:55越後屋さんへ
なんか、うまくいってしまったぞ。
ヒナへ
俺の船に乗らないか。
スミちゃんへ
その時には是非黒船に乗って襲来してくださいね。

NBT(笑)NBT(笑)2012/05/22 05:32副校長に気合を入れておきます。

gkgkgkgkgkgkgkgkgkgk2012/05/22 06:36そば屋さんで、話したことが本格的になりましたね!
ぜひ参加したい!です。
黒船でどんなところか楽しみです。

maya-1maya-12012/05/22 08:40「課題の設定にあります。しかし、それはこれまでかなり議論されてきた課題の「内容」ではなく、達成によって受ける喜びや愉しみの大きな課題=シリアスな課題=大人レベルの課題設定にあると考えます。」全く賛成です。

MYRMYR2012/05/22 12:32「黒船襲来。」先日は戦線離脱したことでこの話に乗れていないことが残念。近々ぜひ伺いたく。
永遠なる航海に旅立つかもしれぬこの船。楽しみです。

osugi-symphonicityosugi-symphonicity2012/05/22 16:49苫野さんに共有しました。

まさにエロス!「関係のエロス(よろこび)」を育んでいけることこそが、学び合いの大きな意義なんじゃないかと思います!それが相互承認につながると。

と返信頂きました!
僕個人的には、「語りをウエットにいくかドライにいくかというよりも、とにかく良さを感じてもらう」というところがまさに!って感じで腑に落ちました。方法の原理に照らし合わせると、語りは、関係のよろこびを感じてもらうという目的を達成するための「手段」であるので、状況(生徒や先生自身、あるいは環境など)に応じてその都度ベターな方法を選択していければいいですね。状況(場合)によっては、「語り」ではない方法も有効かもしれませんね。

twoyoshitwoyoshi2012/05/23 22:08NBT先生
よろしくお願いします。
gkgkgkgkgkさんへ
ありがとうございます。よろしくお願いします。
maya-1先生へ
でも、よく考えてみると西川先生がいつも言っていることなんですよね。
MYRさんへ
よろしくお願いします。
おすぎさんへ
ありがとうございました。苫野先生と会える日を指折り数えて愉しみにしています。

2012-05-17

[]授業第一主義 22:35

昨日の教育実習生との会話からずっと考えていたのですが、私は本当に生徒が『使える英語』を身につける授業をやっていないと思います。はっきり言って、授業が『古い』。

学び合い』を取り入れてはいますが、でも目標設定が『古い』のです。来年から海外で学ぶ生徒を指導するというのに、これではダメです。

まじめに考えます。

kogame200777kogame2007772012/05/17 23:03ご無沙汰しております。私も真面目に考えたいと思います。流されてしまっている自分がいます・・・。先生とは違う次元かもしれませぬが・・・。

twoyoshitwoyoshi2012/05/18 07:41次元なんて違いません。同じ悩みです。でも怠け心を生徒はすぐ見抜きますよね。

kogame200777kogame2007772012/05/18 23:12本当にそうですね・・・。私の場合、これでうまくいってくれ!と希望的観測ですすみ、気づいたらあらら・・・ということも多々ありです。『使える英語』について、また土日悩んでみます。

twoyoshitwoyoshi2012/05/19 00:31私は今日の授業で、目標を明確にするために資料を作りました。

kogame200777kogame2007772012/05/19 20:30また先生の授業についてお話しをお聞きできる機会を楽しみにしております。早くその時が来ればと願います。またいつの日か。

2012-02-01

[]教えられない 00:17

 最近授業をしていて感じるのは、生徒が何かわからないかがわからなくなってきている事だ。3年生から授業を受け持ったので、もちろんこれまでの生徒のバックグラウンドがわからないのだが、それにしても以前ならもう少しましだったように思う。

 西川先生の本に、ある事に精通すると自動化が進み、結果としてそれができない人が何に躓いているのか理解できなくなると書かれていたが、全くその通りである。

 特に今日の授業中に生徒から出る質問のほとんどは、こちらが意図しないものばかりで、正直参った。校長が授業参観に来ていたのに。生徒の見とりができない完全なダメ教師である。

 添削に疲れて同僚と雑談していると、その方も同じように悩んでいる事を話してくれた。そこから『学び合い』の話になり、結構盛り上がってしまった。

 幸島のサルの話は実証されてはいないらしいが、私はシンクロニシティを信じる。つまり、今、全国で同じような思いを抱えている先生方が一定数に達している事を感じる。共時性とはオカルトでもなんでもなく、特にインターネットにより様々な情報が、たとえそれが不完全で意識に昇るレベルではなかったとしても、かなりの早さで波及して、それが同じ事を感じさせているのだろう。

 予言しておくが、高校部会ではきっと多くの先生方が、「自分が生徒に教えられなくなってきている。」ことを話題にするだろう。

jun24kawajun24kawa2012/02/02 06:30個人の発想と考えればシンクロニシティはあり得ないかも知れませんが、歴史の必然が個人に現れると考えればシンクロニシティは当然だと思います。逆に言えば、シンクロニシティがなければ歴史の必然ではないと思います。

twoyoshitwoyoshi2012/02/02 23:23なるほど、歴史が思想や集団を生み出すという事ですね。

2012-01-13

[]センター試験 00:17

 今、長岡のホテルからこのブログを書いています。明日はいよいよセンター試験、魚沼地区は雪深いため、受験する生徒は長岡駅周辺に宿泊します。

 県内の受験会場は年々増えて、今年は14会場です。県内の受験生もこの少子化の中で、人数を増やしているとのことです。

 ホテルの自習会場で、2次試験対策の問題をセレクトしていました。私が担当するのは、東北大学をメインとする層です。夏から取り組んできた新しい長文読解の授業に関して、非常に参考になる書籍が手に入ったので、自習室で生徒と一緒に学んでいたところです。

 きっと生徒たちは頑張ってくれると思います。明日が楽しみです。

2011-11-03

[] 22:21

 次の授業から、基本的に英語で授業をすることにします。昨日の公開授業の合評会では、英語で授業を行うと生徒も英語を使おうとする心構えが生まれると聞きました。私はこれまで、授業で英語を用いることのマイナス面だけに意識を向けていましたが、やってみることにします。失敗したら止めれば良いだけの話ですから。

 問題は、どういう意図で全て英語を使うのかを生徒が納得するように説明しなければならないことです。さて、これから考えよっと!