Hatena::Groupmanabiai

<自由>を目指して~浅間山の麓、佐久平から~ このページをアンテナに追加 RSSフィード

長野県佐久市の中学校で講師をしています。
下伊那で2年間勤務し、今年度で3年目です。
大学院時代は、西川研究室でゼミ長を務め、保健や体育の『学び合い』を実践・研究してきました。
メールは、goodlife.goodsmileとgmail.comを@でつなげてお気軽にご連絡ください。

15年12月20日(日)

臨床授業研究会、無事に終了しました!

19:41 | 臨床授業研究会、無事に終了しました! - <自由>を目指して~浅間山の麓、佐久平から~ を含むブックマーク はてなブックマーク - 臨床授業研究会、無事に終了しました! - <自由>を目指して~浅間山の麓、佐久平から~ 臨床授業研究会、無事に終了しました! - <自由>を目指して~浅間山の麓、佐久平から~ のブックマークコメント

約3年ぶりの開催。

働き始めてから、初めてこういう会を企画運営しました。

計11名、小・中・高・大・院、多様な立場の方々からご参加いただきました。

振り返ってみると、信州大学のM崎先生、会場校のI先生、上越教育大学のK生先生から話題提供していただき、さらに臨床授業研究会の会長のY澤先生にもご参加いただけるという、なんとも贅沢な会でした。

下伊那に来て2年。

「そういえば、『学び合い』の会のような、先生方と意見を交わし合ったり交流したりする場が南信にないよな……」と思い始めたのが昨年の夏頃。

しかしそれは違っていました。ないのではなく、休止状態になってしまい、それから「やろう!」という人がいなかっただけのこと。

それ以降「やりたい!」とは思っていたものの、一体どうすればいいのかわからず1年以上過ぎてしまいました。

一方、その1年の間にもたくさんのことがありました。

全郡研究まとめの会という公の場で、『学び合い』の実践報告があったこと。

教育会報に、「アクティブ・ラーニング」「『学び合い』」に関する県外視察報告があったこと。

南信の某新聞に、上越教育大学のサテライト講座に関する記事があり、多くの方の参加があったことや「アクティブ・ラーニング」に関する内容だったということが記事にされていたこと。

これは飯田下伊那にも大きな波がきていると強く感じました。

と同時に、「このタイミングでやらなければ、絶対後悔する」と、直感的に思いました。

(その他にも、自分と同年代の人が『学び合い』の会を開催していること、その会に実際に参加して「臨床授業研究会やります!」と懇親会で言ってしまったこと(汗)、M崎先生が「空いてる日であればいつでも行きますよ」と背中を押してくださったこと、も大きな要因です。)

開催できたこと自体は、とても光栄なことですし、それを後押ししてくださる方がたくさんいらっしゃって本当に心強かったです。

また、今回は特に、I田高校の先生方にご参加いただけたことも個人的には大きな収穫の1つだと感じています。

I田高校は飯田下伊那地区の一番の進学校です。

勇気を出してFAXしましたが、そういった先生方にもご参加いただけたことは、今後のこの地区の教育全体を考えても、非常に大きな意味合いがあるのではないかと個人的には考えています。

でも、課題はやっぱりたくさん残りました。

時間的にかなり押してしまった(内容を詰め込みすぎた)こと、関係する方との連絡が不足気味だったこと、開催の広報・告知が遅くなってしまったこと、緊張で勝手にめちゃくちゃガチガチになって参加してくださった方にご迷惑をおかけしたこと……挙げればキリがありません(*_*)

ですが、3年の空白期間を脱却することはできました。

今回をまた新たなスタートにして、またこうして集える機会・場を定期的につくっていきたいと思います。

参加してくださった皆さん、興味を示してくださった皆さん、本当にありがとうございました!

15年12月13日(日)

『学び合い』長野セミナーに参加しました!

23:26 | 『学び合い』長野セミナーに参加しました! - <自由>を目指して~浅間山の麓、佐久平から~ を含むブックマーク はてなブックマーク - 『学び合い』長野セミナーに参加しました! - <自由>を目指して~浅間山の麓、佐久平から~ 『学び合い』長野セミナーに参加しました! - <自由>を目指して~浅間山の麓、佐久平から~ のブックマークコメント

年に一度、この時期に開催される『学び合い』セミナーで信大へ足を運ぶのは3回目。

毎回、三崎研究室の学生さんが『学び合い』の模擬授業をしてくれるのですが、その度に、「わかる(その逆のわからないの時もあります)ってこういうことか!こういう感覚なんだな!」ということを、身をもって体感できる貴重な機会です。

それだけでなく、授業はじめの語り、課題に取り組んでいる時、自分は課題ができたけどまだ課題に取り組んでいる人がいる時の可視化、終わりの語りなど、ゼミ生さんの言動から、実際に『学び合い』を初めてやった頃の自分を思い出し、初心に戻った感覚になります。

O布施町の小中学校の実践や、N野西高の様子等も聞けました。

幼保小中一貫教育の柱の1つとして『学び合い』に取り組む町ですが、『学び合い』のコミュニティやその輪が、各地で少しずつ広まっていくといいなと、強く願うばかりです。

(O布施町の中学校では、美術や技術でも『学び合い』にトライしているようです)

お会いできた方からは「来週、いよいよ臨床授業研究会ですね」というような声をかけていただき、励まされました。

ドキドキの方が優勢ですが、ワクワクもしています。

臨床授業研究会、ぜひ多くの方にご参加いただけたらと思っています。

参加された皆さん、企画運営に関わった三崎研究室の皆さん、ありがとうございました!

来年も参加したいなと、強く思います。

15年12月03日(木)

臨床授業研究会(『学び合い』南信の会)、やります!

23:02 | 臨床授業研究会(『学び合い』南信の会)、やります! - <自由>を目指して~浅間山の麓、佐久平から~ を含むブックマーク はてなブックマーク - 臨床授業研究会(『学び合い』南信の会)、やります! - <自由>を目指して~浅間山の麓、佐久平から~ 臨床授業研究会(『学び合い』南信の会)、やります! - <自由>を目指して~浅間山の麓、佐久平から~ のブックマークコメント

12月19日(土)は長野県飯田市へ!

お待ちしています♪

お申込みは↓へどうぞ(^^)

http://www.kokuchpro.com/event/9c91003fdf4ed7b9341d3e3fb152e9de/

kiri-2000kiri-20002015/12/04 19:27みなさん進んで申し込んでね。
懇親会の設定もあったのですね。
よろしくお願いします。

tsukuda0523tsukuda05232015/12/07 23:40kiri-2000さん、ありがとうございます。
たくさんの方のご参加をお待ちしています!

15年11月05日(木)

出張の先生の補充で

23:58 | 出張の先生の補充で - <自由>を目指して~浅間山の麓、佐久平から~ を含むブックマーク はてなブックマーク - 出張の先生の補充で - <自由>を目指して~浅間山の麓、佐久平から~ 出張の先生の補充で - <自由>を目指して~浅間山の麓、佐久平から~ のブックマークコメント

1年生の数学に入りました。

プリント2枚をやる(そのうち1枚は答え合わせもする)というシンプルな内容だったので、迷わず『学び合い』です。

始めの5分でプリント配布と語り、40分で学習、最後の5分で終わりの語りです。

始めの語りでは、こんな感じの話をしました。

「この時間の課題は大きく2つです。1つは、プリント2枚をやること。2つ目は、このプリントの答え合わせをすることです。でも、みんな知っての通り、先生は数学の先生ではありません。なので、みんなで協力しながら課題を達成してほしいと思います。あの授業覚えてるかな?理科で先生が入った時。(1学期のことですが、うなずく生徒も数名)ああいう感じで、みんなで力を合わせて取り組んでみて。例えば、わからない時に、『わからん!』って一人で悩むんじゃなくて、『教えて!』って言える雰囲気っていいよね。課題ができた人も、周りを見て『ここはこうやってやるといいよ』って、みんなの力になれるようなクラスって素敵だよね。ぜひ、そんな雰囲気をみんなでつくっていけるクラスを目指していってほしいなって思います。時間は〇〇時△△分までです。課題が全部終わったら、黒板に名前書いてください。質問ある人?(「ありません」と返ってくる)よし、じゃあ始めようか。どうぞ。」

学習が始まると、開始数分で「ねぇー、これどういうこと?」「え?これは…」や「これどうやってやるの?」「俺はこうやったけど…」の声が行き交う状態に。

「どうぞ」と言ってから一言目をつぶやくまでの数分間(課題を板書していましたが)、何も言わなくても自然に隣近所で相談し合いながら取り組んでいます。

もちろん、1人でまずはやっている、という子もいます。

「いいよー。自力でまずはやってみたい人はそれでもよし、相談しながらの方が分かりやすい人はそれでもよし。みんなで課題を達成できるようにやっていけるといいね。」、「あぁ、そうやってわからないことを聞けるっていいなぁ」、「分からない時にすぐに聞けるクラスって素敵だよね」という感じで可視化しました。

でも、両隣の教室では、普通に授業が行われています。数回、職員が廊下を通ることもあり、あまり立ち歩くことを推奨することはできませんでした。

しかしながら、15分ごろ経過すると、こちらから何も言わなくてもわかる人のところへ行って課題に取り掛かる生徒も出てきます。

「そうだよねー。隣近所でわからなければ、わかる人のところに行って聞くのもいいよね」とつぶやくと、それを真似する生徒もチラホラ。

ウロウロしながら会話に耳を傾ければ、会話の内容が課題に正対しているのは、言うまでもありません。

後半にさしかかり、課題が終わった生徒が出てきます。

もちろん、自分だけが課題ができればいい学習ではありませんので、「ここにいるみんなで、課題をクリアするんだよね」「課題が終わった人の活躍が見たいなぁ」と、つぶやきます。

しかしここで、以前補充で入った理科の時には見たことのない状況が起こりました。

全体の1/3ぐらいの人数の生徒が課題を終えたころ、課題が終わった途端、本を読み始める生徒が出てきました。

それも、1人2人ではありません。

でも、それを個別に注意するのも何か違うなぁ…と、モヤモヤと焦りが出てきました。

結局、全体の約2/3の人数が課題をクリアしたところで時間がきました。

終わりの語りはこういう風にしました。

「今日は〇〇人が課題を達成しました。でも、先生が言いたいのはそこではありません。多くの人たちは、自分からわからないことを聞いたり、まだ困っている人を助けたりと、みんなのためになることをしてきたよね。でも、まだまだ十分ではなかったのかなっていう気がします。途中にも言ったことだけど、『自分のためだけにやる勉強』『自分だけができていればいい勉強』はやめよう。みんなでやっていこうよ。」

「ところで、みんなは何で学校で勉強するんだろう?自分だけできればいいのであれば、ネットとかで勉強できるよね。今、世界を見れば、有名な△△大学の講義も、無料で見られます。そんな時代です。であるならば、そんな中でも学校で勉強する意味は何だろう?ここに来たからこそ、みんなだからこそ、できることがあるからなんじゃないかなって、先生は思います。ぜひ、みんなを支え合える・助け合えるクラスを、みんなでつくっていってほしいなと思っています。」

この後、ちょっとラーニングピラミッドの紹介をして、授業を終えました。

生徒は、本当によく課題に正対して懸命に学習に取り組んでいました。

特に前半は、とても良い雰囲気だったように感じます。

ただ、どうしても、終わりの語りが長くなってしまうなぁ……というのが反省です。

もっとシンプルに語りたい。そう思います。

それにしても、久しぶりの『学び合い』。

自分の信じていることができる状況がなかなかなく、厳しい状態が続いていましたが、今日は元気が出ました(^^)

※余談ですが、12月のどこかの土曜日で、臨床授業研究会(『学び合い』南信の会)を再開したいと考えています。

(12日(土)は『学び合い』長野セミナーのため、それ以外の日で開催したいと思っています。)

詳細が決まり次第、コクチーズ等でお知らせしたいと思います。

15年10月06日(火)

下伊那教育会の会報に…

22:23 | 下伊那教育会の会報に… - <自由>を目指して~浅間山の麓、佐久平から~ を含むブックマーク はてなブックマーク - 下伊那教育会の会報に… - <自由>を目指して~浅間山の麓、佐久平から~ 下伊那教育会の会報に… - <自由>を目指して~浅間山の麓、佐久平から~ のブックマークコメント

ある先生の県外視察報告が掲載されていました。

そこには「真のアクティブ・ラーニングを目指して」と題して、信州大の三崎先生の『学び合い』出前授業の様子等が書かれていました。

あまり詳しいことは書けませんが、文中にも『学び合い』としっかり書かれていましたし、要点もいくつか挙げられていました。

また、先週のセンター研修(アクティブ・ラーニングによる学力向上)でも、飯田下伊那からも多くの先生方が参加されていました。

さらに、ある高校ではアクティブ・ラーニングの研究部会も設置されているのだとか。

徐々にではありますが、飯田下伊那全体を見れば、アクティブラーニングや『学び合い』の雰囲気が広まっていることを感じます。

(勤務校の中だけで見ると、そうは感じにくいですが…)

と同時に、アクティブ・ラーニングや『学び合い』に関心のある飯田下伊那の先生方をつなぎたい。そして、その輪(ネットワーク)をさらに広めていきたい。そう思いました。

やっぱり、臨床授業研究会(『学び合い』南信の会)を再開させたいな。

でも、どうしたらいいのかわからない…。

OB1989OB19892015/10/07 06:50県外視察報告はもしかしたら,うちの卒業生のものではないですか?
臨床授業研究会は「ここでやります」と言えばできますよ(にこにこ)。
二人でやりましょうか。喜んではせ参じます。

tsukuda0523tsukuda05232015/10/09 23:23おそらく、先生の卒業生の方の報告だと思われます。
(まだ直接お会いしたことがありませんが…)
ぜひともお願いします!先生がいらっしゃるとなれば、僕個人としても本当に嬉しいですし、多くの先生方も集うことと思います。
先生のご都合のつく日時等ありましたら、教えていただけると幸いです。

maya-1maya-12015/10/12 22:29M中のH先生のところ、A中のH校長にお願いすれば喜んで会場を提供してくれると思いますよ。私も勇んで駆けつけます。

tsukuda0523tsukuda05232015/10/21 20:52ありがとうございます。
ただ、どちらの先生もこちらが一方的に知っているだけで、ちゃんとお話したことがない状態なんです…。そんな中でお願い(依頼)もちょっと…と躊躇してしまう自分がいます。