Hatena::Groupmanabiai

愛知・東三河・豊橋で『学び合い』を深めよう!

愛知県豊橋市の小学校教員(30代前半)です。2011年1月から『学び合い』の実践を行っています。大きく3つの目標があります。 ①「愛知の会」や「東三河の会」を立ち上げること(立ち上がっているのであれば、発展の役に立つこと) ②身近な人や興味をもってくれる人と実践を深めること ③授業を積極的に公開し、自分の力量を高めること 以上です。志高くやっていきたいと思っています。どれか1つにでも興味を持たれた方は、paidorosu131★yahoo.co.jpに連絡ください。(★は@に変えて送ってください。

2017-02-02

道徳

22:29

学び合い』に出会う前に、興味があったのは、算数と道徳です。

算数は、学生の頃から一番好きというか、相対的に得意だったのでというのが強いと思います。

道徳については、幸せな子どもたちになってほしいなという漠然とした思いがあったからかなと思います。

とはいえ、基本、人と同じことがあまり好きではないのと、一般的に言われる道徳の授業をあまりおもしろいと思ったことがなかったということもあり、オリジナルでいろいろなことをやりました。

オリジナルでつくったものはあまり関係ないですが、興味関心もあり、市のなかでも、道徳に関することに、関わることがだんだん増えてきました。



道徳教育は、教育活動全般で行うものとなっています。

道徳の授業は、まさに授業です。


その道徳の授業でどんなことがやれるのだろうと思います。

これまでの道徳の授業はある一面では、否定されています。

だからこその教科化です。


今後、まとまりのないことを書いていくと思います。


ごちゃごちゃ考えてでてきたこと。

道徳の「学ぶこと」と現実の世界とのギャップをいかに埋めるか。

特に、授業で。


「親切」について学んだ。もちろん、「親切」という言葉ひとつとっても、内容や深さは多様。

だとしても、その「親切」を学んだことが、自分自身の「親切」を呼び起こし、もしくはその「親切」にあこがれを抱いたとき、それをやってみようと思える場は必要ではないのだろうか。

行動しなければわからないことも多い。実感を伴うことも重要。

しかし、実際にはその「親切」の行動は、どんな思いがあれ、普通の授業で発揮することは難しい。

うん。やっぱり思います。

道徳と『学び合い』をいかに、生かし合い、

そして、自分が納得するようなオリジナルにあふれたものを生み出していくか。

苦しいでしょうが、自分の燃えるポイントなのかなと思います。



すみません。まとまりはありませんし、意味もよくわかりません。

2017-02-01

続けるむずかしさ

19:42

私自身、何かのことを続けるのは苦手です。

4月から、学校で起こったことを、毎日綴っていました。

珍しく、3ヶ月ぐらい続きましたが、忙しくなったことをきっかけに、止まってしまいました。

一度やり始めてから、やめられないのは、『学び合い』ぐらいですかね(笑)


最近、数年間、撮り溜め、ほとんど見ていなかった、プロフェッショナルをみはじめました。


その中にあった言葉。

高倉健さんが岡村隆さんに。

「絶対にやめちゃダメだ。続けられること、それだけで勝ちのようなものだ」

※記憶は曖昧です。

また、別の回で

「才能は転がっていない。何かを続けている、努力するといったものがあってのこと。小説やマンガ、面白い内容も上手な文章も、それらもすべて努力の結果。」

※かなり脚色というか、曖昧です。


他の本を読んだ時にも書いてありました。

どうして、続けられないのだろうか。

その続けたいことも、1日なら恐らく誰にでもできる。

そういう意味では簡単なこと。

では、どうして続けられないか。

単純な話で、やるのも本来は簡単だけど、やらない方がもっと簡単だから。

その通りです。


私は、『学び合い』のほかに、興味がありもっと力をつけたいのが、道徳に関することです。

ただ、最近は真剣に立ち向かえていないなと感じてます。

1日、1回は、道徳に関するものを読んだり、書いたり、考えたりしたいと思います。

2017-01-30

第9回『学び合い』を学ぶ、愛知・豊橋の会を開きました。

23:12

昨日、学び合いの会を無事にひらくことができました!

参加者は、私を含め12名。

dai42takadaさんやogymさん

今年度から初任として先生をやっている人

そして、残り8名は全員学生でした。

4年生2名、3年生5名、2年生1名でした。


この中には、ありがたいとこに1年生からずっと来てもらっている学生もいます。

ただ、今回はほとんどの学生は『学び合い』ということすらほぼ知らないという方ばかりでした。

ずっと続けてきている方が、告知してくれ、それに興味をもった人たちが参加してくれたということでした。

本当にありがたいことです。


会自体は、全体として『学び合い』って結局なんだろうということを、さまざまな角度、それぞれの問題意識から、話をたっぷりしました。

また、グループも構成的に作りました。

1回こっきりの会だからそこはいつもこだわってます。

(教室では、その授業でかりにうまくいかない子がいても、その後にもチャンスはいっぱいあります。ただ、学び合いの会は、うまくいかなかったら、次はないかもしれません。)

あえて、学生だけのグループも作りました。

同じ土俵で、話すことで、話しやすさはもちろん、何を疑問に思っているかもより言いやすいと思ったからです。

その一方、経験者の3人は、好きな話をしていました(笑)

これもまた、楽しい!

そして、学生たちの疑問や課題意識をもとにしながら、今度は一緒になって話す時間を取りました。

やはり、素朴な疑問は、自分たちが普段やっていることを改めて言語化して答えることになり、とても新鮮な感じになりました。

自分としては、学生が言っていたことがきました。

それは、面接の練習をしたときに、「個性と集団、どちらを大切にするのか」という質問に答えられなかった。

でも、『学び合い』の考え方を聞いていて、個性と集団は対立するだけのものではないのだということがわかりました。

というようなことを言ってくれました。聞きながら、「そうそう、そうなんだよね。」なんていってよいかわかりませんが、大いに納得し、胸にきました。

そのほか、多くの収穫がありました。

今回は、急だったのでいつもより人数は少なかったですが、とても有意義な会となりました。

参加していただいた方、本当にありがとうございました。

2017-01-13

第9回『学び合い』を学ぶ、愛知・豊橋の会をやります

23:30

昨年度は、7月、12月、3月とやりましたが、

今年度は、いろいろと厳しく、まったくできていませんでした。

少し、急ではありますが、今年度1回目をやりたいと思います。

ぜひ、お時間のゆする方はご参加ください!


〔日 時〕

平成29年1月29日(日) 

13:00から16:00(受付12:45から)

※遅刻、早退、大丈夫です。

〔場 所〕

豊橋市羽根井地区市民館 (直接の問い合わせはしないでください)

愛知県豊橋市羽根井本町131

豊橋駅西口から徒歩10分

〔参加費〕

 一般 300円(会場費と、その他雑費に充てます)

 学生 200円(2人以上で参加の方、100円 一言メッセージでお知らせください)

〔内 容〕 (予定 ※参加者によっても変更します)

13:00~ アイスブレイク

13:15~ 実践発表(あれば)

13:40~ワールドカフェ ラウンド1

14:00~ワールドカフェ ラウンド2

14:20~休憩

14:30~ワークショップ『学び合い』の授業作り

15:00~グループ1

15:20~グループ2

15:40~振り返り

16:00 終了

http://kokucheese.com/event/index/448315/

2016-11-08

きっかけ。

00:00

どんな出来事やきっかけがあり、動き出すかはわかりません。


私のことでいえば、

やはり、11月5日(土)に参加した、明日の教室名古屋分校での講座が大きかったです。


そこでは、アクティブラーニングと『学び合い』ということで、道徳の実践を紹介しました。

それもあるのですが、一番大きいのは、講師であった石川晋先生とたくさん話ができたことかなと思います。


自分にはない考えをたくさん持っています。当然と言えば当然なのですが、とても刺激を受けました。


正直、最初は参加するのがおっくうでした。

なんだか疲れているし、ゆっくり休みたいなあと。


でも、仕事の中であるモヤモヤは、休んだり、遊んだりすればよくなるというよりは、

まさに、仕事の内容であることを学び、そこが前向きになれた方が、結局モヤモヤを払拭するのだろうと思います。


やはり、どこか抜け出すきっかけは、人に会い話をすること、また、その前段階のパワーを得るものとしては読書をすることです。


余裕がないときは、この2つともがダメになっています。


今回のことをきっかけに、地道にやります。