Hatena::Groupmanabiai

愛知・東三河・豊橋で『学び合い』を深めよう!

愛知県豊橋市の小学校教員(30代前半)です。2011年1月から『学び合い』の実践を行っています。大きく3つの目標があります。 ①「愛知の会」や「東三河の会」を立ち上げること(立ち上がっているのであれば、発展の役に立つこと) ②身近な人や興味をもってくれる人と実践を深めること ③授業を積極的に公開し、自分の力量を高めること 以上です。志高くやっていきたいと思っています。どれか1つにでも興味を持たれた方は、paidorosu131★yahoo.co.jpに連絡ください。(★は@に変えて送ってください。

2017-02-02

道徳

22:29

学び合い』に出会う前に、興味があったのは、算数と道徳です。

算数は、学生の頃から一番好きというか、相対的に得意だったのでというのが強いと思います。

道徳については、幸せな子どもたちになってほしいなという漠然とした思いがあったからかなと思います。

とはいえ、基本、人と同じことがあまり好きではないのと、一般的に言われる道徳の授業をあまりおもしろいと思ったことがなかったということもあり、オリジナルでいろいろなことをやりました。

オリジナルでつくったものはあまり関係ないですが、興味関心もあり、市のなかでも、道徳に関することに、関わることがだんだん増えてきました。



道徳教育は、教育活動全般で行うものとなっています。

道徳の授業は、まさに授業です。


その道徳の授業でどんなことがやれるのだろうと思います。

これまでの道徳の授業はある一面では、否定されています。

だからこその教科化です。


今後、まとまりのないことを書いていくと思います。


ごちゃごちゃ考えてでてきたこと。

道徳の「学ぶこと」と現実の世界とのギャップをいかに埋めるか。

特に、授業で。


「親切」について学んだ。もちろん、「親切」という言葉ひとつとっても、内容や深さは多様。

だとしても、その「親切」を学んだことが、自分自身の「親切」を呼び起こし、もしくはその「親切」にあこがれを抱いたとき、それをやってみようと思える場は必要ではないのだろうか。

行動しなければわからないことも多い。実感を伴うことも重要。

しかし、実際にはその「親切」の行動は、どんな思いがあれ、普通の授業で発揮することは難しい。

うん。やっぱり思います。

道徳と『学び合い』をいかに、生かし合い、

そして、自分が納得するようなオリジナルにあふれたものを生み出していくか。

苦しいでしょうが、自分の燃えるポイントなのかなと思います。



すみません。まとまりはありませんし、意味もよくわかりません。