Hatena::Groupmanabiai

中保体toukonyukiの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

広島県で中学校に勤務してます。toukon.yuki☆ezweb.ne.jpです。☆を@に変えてください。
 | 

2016-11-06 (日)

大事な人を誰かに託して死ねること

03:50 | 大事な人を誰かに託して死ねること - 中保体toukonyukiの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 大事な人を誰かに託して死ねること - 中保体toukonyukiの日記 大事な人を誰かに託して死ねること - 中保体toukonyukiの日記 のブックマークコメント

教育テレビの番組を録画していた。「ハートネットTV」という番組だ。

2回分見たが、はからずも涙してしまった。

相模原の事件から3カ月経ってのことを生放送でとりあげていた回と、知的障害者がメンバーである長崎の「瑞宝太鼓」の回だ。

誰かに、自分の大切な人を託して死ねる…これは死ぬ前に一番の安心だと改めて思った。託すどころか生活の場、働く場さえ確保できず、老いる自分と抱える障害を持つ我が子をこれからどうしようかと悩んでいる親御さんの姿は胸に突き刺さった。

「瑞宝太鼓」は知的障害者の施設での余暇活動から始まったものらしいが、そのレベルの高さだけでなく、運営する法人が恋愛や結婚を推進していることも感激だったし、もう1つはメンバーがかなり喋れることにも驚いた。

と同時に、今、勤務校にいる知的学級のある男の子(人懐こいが会話ができない)のことを思った。意思疎通ができないと、なかなか特技を伸ばしてやることも難しい。彼も偶然太鼓や神楽が大好きだが、日常的には、時間通りに行動できないことが多いので、周囲の頭を悩ませながら、でも、元気には生活している。

彼のように、比較的、障がいが重いといわれる特性があっても、安心して生活や仕事ができて、親も安心して子どもを残して逝ける、そんな世の中にしたいなぁ…

ゲスト



トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/toukonyuki/20161106
 |