Hatena::Groupmanabiai

中保体toukonyukiの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

広島県で中学校に勤務してます。toukon.yuki☆ezweb.ne.jpです。☆を@に変えてください。

2019-08-18 (日)

「フィンランドの教育はなぜ世界一なのか」

| 06:12 | 「フィンランドの教育はなぜ世界一なのか」 - 中保体toukonyukiの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「フィンランドの教育はなぜ世界一なのか」 - 中保体toukonyukiの日記 「フィンランドの教育はなぜ世界一なのか」 - 中保体toukonyukiの日記 のブックマークコメント

フィンランドの学校には、テストも受験も部活もなく、授業は週に20時間くらい。学校行事もほとんどなく、校則も制服も長時間労働もないのだそうだ。

そして、PISAでは日本とほぼ変わらない上位の成績だという。

読んだら、拍子抜けするほどゆったりした学校生活、教員にとっては社会生活がそこに見える。

国によってこんなにも違うのか、と羨ましいを通り越して絶望感すら覚えるほどだ。

夏休みに宿題に追われる生徒もいない、自分の好きな学びを深めていく時間と選択肢がある(子どもにも大人にも)、そんなふうに日本もなるといいなぁ…。私がやれることは何だろう…。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/toukonyuki/20190818

2019-07-30 (火)

意外に喜ばれていたと知ったこと。

| 05:35 | 意外に喜ばれていたと知ったこと。 - 中保体toukonyukiの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 意外に喜ばれていたと知ったこと。 - 中保体toukonyukiの日記 意外に喜ばれていたと知ったこと。 - 中保体toukonyukiの日記 のブックマークコメント

先日、歳は一回り以上下の同僚(三十代)に言われて嬉しかった驚き。

「先生が四月に来られて、『学び合い』のことをこんなのあるよって教えてくれたのがすごく嬉しかったんですよ。僕がこの学校に来て、これまでそんなふうに年上の先生から教えてもらったことなかったんで。ベテランの先生方は色々僕を尊重してやらせてくれるけど、教えてくれるってことはなかったんです。」とのこと。

なるほど…

そんなふうに思ってくれてたとは、嬉しいじゃないか!(お世辞かな?)

私としては「嫌がられるかな〜」とちょっと心配しながら紹介するから、余計に安心と嬉しさがあった。

勇気を出して、良かった。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/toukonyuki/20190730

2019-07-04 (木)

教室の蜂と「蜘蛛の糸」

| 19:37 | 教室の蜂と「蜘蛛の糸」 - 中保体toukonyukiの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 教室の蜂と「蜘蛛の糸」 - 中保体toukonyukiの日記 教室の蜂と「蜘蛛の糸」 - 中保体toukonyukiの日記 のブックマークコメント

教室に入ってきた蜂をファイルで叩こうとする生徒がいた。一発命中して、床に落ちた蜂…。

私「あーあー、そんなことせんのよ。「蜘蛛の糸」が垂れてこんようになるよ。」

生徒「?」

私「蜘蛛の糸っていう話、知らん?」

生徒「知りません…」

というわけで、来週あたり、朝読書の時間に読み聞かせで「蜘蛛の糸」を紹介しようと思う。

副担任の国語科の先生に借りた「杜子春・蜘蛛の糸」を読むと、「蜘蛛の糸」以外の作品もことごとく面白い。こういう名作に一度も触れることなく大人になる生徒がいるだろうと思うと、心からもったいないと思う。生徒には、日本の良さをしっかり感じて語れる日本人になってほしいし、自分自身もそうありたい。

そんなことを強く感じた今日だった。

ogymogym2019/07/06 20:27同じような出来事があり
今、イソップ物語毎日読みきかせてます^^

toukonyukitoukonyuki2019/07/31 05:37コメント返信遅くなりすみません。
イソップ童話のオススメのお話は何かありますか?「北風と太陽」とかがイソップ童話でしたかね?

ogymogym2019/08/16 15:12北風と太陽、うさぎとカメ、虎の威を借るきつね、ロバを売りにいく親子、酸っぱいブドウ、考えるカラスなど、聞いたことある話が意外と自分新鮮でした(^-^)

「読み聞かせイソップ50話」

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/toukonyuki/20190704

2019-06-19 (水)

東大法学部でも

| 07:10 | 東大法学部でも - 中保体toukonyukiの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 東大法学部でも - 中保体toukonyukiの日記 東大法学部でも - 中保体toukonyukiの日記 のブックマークコメント

総合的な学習の時間(中1)の取り組みで、新聞づくりのための取材に行った。地域にある造船会社だ。

取材で聞いた印象的な話。「東大法学部出身の人を頼まれて雇ったけど、なんの資格もなくて、最後は辞めてもらうことになった。」

身近にこんな話が本当にあるんだと実感した。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/toukonyuki/20190619

2019-03-22 (金)

泣かなかった卒業式〜そして異動します〜

| 07:13 | 泣かなかった卒業式〜そして異動します〜 - 中保体toukonyukiの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 泣かなかった卒業式〜そして異動します〜 - 中保体toukonyukiの日記 泣かなかった卒業式〜そして異動します〜 - 中保体toukonyukiの日記 のブックマークコメント

今年、通常学級の中3生を担任として送り出すことができた。長年の夢が叶った。きっと大泣きするだろうと思っていたが、これが一粒も涙を流さずに終わって、自分でもびっくりするくらいだった。

すぐもらい泣きするくせに(テレビドラマや映画を見て他人のことでもすぐに泣いて家族に笑われる)

学び合い』のせいだ。そうとしか思えない。

この一年、スタートした日からずっと、「一生涯の幸せ」を意識して、願ってやってきたから。別れた後、ここからが試される時だと思ってきた。だから、「がんばってね、みんな!頼むよ!みんなでみんなが幸せになるんだよ!」の気持ちが大きすぎて。別れが寂しい…という気持ちがすごく小さい。

でも、来年度の異動が決まり、学校を変わることになり、新聞でも発表されると、やっぱり、けっこう寂しいな。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/toukonyuki/20190322