Hatena::Groupmanabiai

中保体toukonyukiの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

広島県で中学校に勤務してます。toukon.yuki☆ezweb.ne.jpです。☆を@に変えてください。
|

2018-10-18 (木)

合唱と不登校

22:07 | 合唱と不登校 - 中保体toukonyukiの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 合唱と不登校 - 中保体toukonyukiの日記 合唱と不登校 - 中保体toukonyukiの日記 のブックマークコメント

合唱コンクールに『学び合い』の考え方で臨むなら、めあては「全員が歌に思いを込めて、強弱をつけて歌うことができる」になるのだろうか。

1番になって、学校代表になってみたいけど、現状では難しいなぁ〜。

隣のクラスの学年主任の先生のクラスは、だいぶ先いってるなあ〜〜。


学校帰りに不登校生徒の家に寄り、プリント類を届けた。

昨日はクラスの学級委員が塾の帰りに届けてくれた。席が隣のクラスメイトは毎日配られるプリントをまとめてくれている。

一人も見捨てない集団を作りたいという私の思いは、届いている生徒には届いていると思いたい。

いや、そうだと信じる。

元気です元気です2018/10/20 07:00合唱コンクールに『学び合い』の考え方で臨むなら、
めあては「全員が歌に思いを込めて、メロディーの頭タイミングと終わり消え方を揃えて歌うことができるように、周りのブレスを意識してうたうことができる。」
にまずします。
ピアノや他のパートの音を聞いて歌っている時点で、出された音が各パートの離れた距離の分だけずれて聴衆に届くので、聞いている人はそのズレに結構敏感です。
奇妙なくらいシンクロしていることに関心を持ってもらってから、強弱、歌い回し表現をどうしようかにしてます。
学年主任の先生のクラスとの差って、実はシンクロ率なのではないかと想像してました。

toukonyukitoukonyuki2018/10/20 18:23ありがとうございます!とってもいいアドバイスと勇気をいただきました。音楽の先生でいらっしゃいますか?

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/toukonyuki/20181018

2018-10-01 (月)

一部の生徒

| 05:08 | 一部の生徒 - 中保体toukonyukiの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 一部の生徒 - 中保体toukonyukiの日記 一部の生徒 - 中保体toukonyukiの日記 のブックマークコメント

一部の生徒のマイナス発言で、みんなが「あれ?!」という気持ちになる。

久々にそういう場面に出会うここ何日か。

自分が近づきすぎないこと。

でも、何が大事かは芯に持ってないといけない。

あとは、なんだろう…。

ブレないこと?

『』の芯はブレてないつもりだけど、弱気になる自分がいる…

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/toukonyuki/20181001

2018-09-24 (月)

ママさんバレーの価値

| 12:52 | ママさんバレーの価値 - 中保体toukonyukiの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - ママさんバレーの価値 - 中保体toukonyukiの日記 ママさんバレーの価値 - 中保体toukonyukiの日記 のブックマークコメント

昨日はママさんバレーの試合に参加。一年ぶり。練習には月に一回出れたかどうか程度だったし、チームも9人ギリギリの人数で参加した。

練習不足なので、もちろん勝ちはしないが、勝たなくても、勝ち以外の価値があるなぁと参加するたびに思う。

年代も、40代から70代まで色々なママさん達。他チームでも顔見知りになるから、「あ、元気にされてたんだ、よかった。」と顔を見ただけでも安心したりする。バレーをしてなかったら出会ってないだろうメンバーもいるし、ママ友として元々知り合いだった人もいる。学生時代の経験年数もみんなバラバラだ。

夜は食事会。体協に長年貢献したということでこの度表彰された先輩へ花束を渡し、今日の試合のことをあれこれ振り返りながら、飲んで食べて楽しんだ。

バレー以外のプライベートな話も出るので、お互いの人生について、練習だけでは知らなかったことを知ったりする。

体育の教員として「体育の授業から生涯スポーツにつなぐ」ことを意識しているが、まさに生涯スポーツを実践されている先輩方を前に、姿勢を正す思いだ。

仕事のあと、部活のあと、貴重な夜の2〜3時間をバレーの練習に行くのはキツいなあと思うことしばしば。しかし、我が子達も練習に行けば可愛がってもらい、親子で一つのスポーツを楽しめるいい機会にもなっている。

「来年も、また参加するかなあ…」と何となく思った昨日だった。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/toukonyuki/20180924

2018-09-17 (月)

万引き家族

22:45 | 万引き家族 - 中保体toukonyukiの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 万引き家族 - 中保体toukonyukiの日記 万引き家族 - 中保体toukonyukiの日記 のブックマークコメント

今日、ずっと観たかった「万引き家族」を観た。

映画の中で、リリーフランキー演じる父が、「おれはそれ(万引き)以外、(子どもに)何にも教えられることがなかったから。」というセリフがあって、心に刺さった。

私は、「そういうことを言わなくて済む、かつ自分の幸せを実現できる大人、社会をつくるためにこの仕事をするんだ。」とあらためて思った。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/toukonyuki/20180917

2018-09-14 (金)

感動(中1)・熱く語る(中3)

16:13 | 感動(中1)・熱く語る(中3) - 中保体toukonyukiの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 感動(中1)・熱く語る(中3) - 中保体toukonyukiの日記 感動(中1)・熱く語る(中3) - 中保体toukonyukiの日記 のブックマークコメント

水泳の授業では、どうしても泳ぎの苦手な生徒はいる。その生徒に何人もの生徒がなんだかんだとコーチしている。25メートル泳げるようにはならなかったが、奇跡の予感を感じた。未来に活きるつながりを感じられた。3年生でも、同じような光景があった。いわゆる「自由時間」を一回も1分もとらない水泳の授業だったが、私は「種まき」ができたかもと思える授業でよかったと思っている。

中3の保健の授業では、ひさびさに熱く語った。なぜ、この形(自由に話せて自由に動ける形)の授業なのか、全員達成という難しいことを求めるのはなぜなのか、この授業でどんな力をつけてほしいのか、それは何のためなのか、どんな願いからこうしているのか…。普段はおしゃべりの止まない生徒もいつになく真剣な表情で聞いていた。どんな仲間も見捨てないでほしいこと、多様なつながりが役立つ時が絶対にあること、今、義務教育時代の友達やつながりをしっかり持ってほしいこと。

今、クラスに来ている実習生。間も無くお別れ。「教員への思いが大学入学早々に消えたしまった」と言っていたが、(教員のしんどい話ばかり、嫌というほど聞いた結果そうなったらしい)生徒はそんなことはつゆ知らず、その実習生に、色紙を用意してお別れの準備をしている。メッセージには「応援するからね。絶対に体育の先生になってください!」と。

火曜日、「褒め言葉のシャワー」と生徒からの色紙でお別れ会だ。ちょっと楽しみ。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/toukonyuki/20180914
|