Hatena::Groupmanabiai

中保体toukonyukiの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

広島県で中学校に勤務してます。toukon.yuki☆ezweb.ne.jpです。☆を@に変えてください。
 | 

2016-03-05 (土)

Oさんを連れて行く2人の女子

19:45 | Oさんを連れて行く2人の女子 - 中保体toukonyukiの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - Oさんを連れて行く2人の女子 - 中保体toukonyukiの日記 Oさんを連れて行く2人の女子 - 中保体toukonyukiの日記 のブックマークコメント

先日2回目のミニライブを成功させたうちのクラスのOさんだが、金曜日の1時間目の前、私のところへ来て

「技術は行けません、ムリです」

という。

「なんで?こないだミニライブやっといて、技術にはやっぱり行けませんって、えー?」

理由はあるようなないような感じでよく分からない。

2学期から技術や理科、音楽(どれもなぜか移動教室の教科)に行けない日が続いていたが、音楽は最近行ける日が増えてきた。理科は最近教室での授業になった。

さて、技術。

教卓付近で2人で話してても、甘えモードになるだけであまり進展が期待できないと思ったので、少し離れて廊下に出たりしていたら、Oさんを誘う2人の女子生徒が。2人はOさんと同じ部活で、クラスではほとんど喋らない大人しい女の子。

この2人がOさんを誘う誘う、引っ張る引っ張る。

結局、散歩をいやがって足を踏ん張るワンコを引っ張るように2人の女子がOさんを連れて行った。(Oさんの顔は嫌がってるわりには少し笑顔だったので、イケるかもと判断)

廊下で「行っといでね〜」と見送る私。

そこへ運良く校長先生も通りがかり、先日ミニライブをしたOさんがちょっと嬉しそうに引っ張られていく姿を見ていただいた。

さて、そんなこんなで1時間目の技術をクリアしたOさん。(技術にいったあと、連れて行った2人の女子がOさんの手伝いをしまくって、作品がみんなを追い越す勢いで完成に近づいたらしい)

結局6時間目までクリアした。

そして、この日、2学期以降で初めて、Oさんが1週間全ての授業に参加した。(と、講師でよくうちのクラスを見てくださっている先生から教えてもらった)

私が怖いからではなく、私が説得したからではなく、友達が強烈に誘い、手伝うことがきっかけで、Oさんが動いたことが、ひそかに猛烈に嬉しいな〜〜(o^^o)

「〇〇君がこんなこと言ってきて、もうイヤです」と言われたら

| 06:30 | 「〇〇君がこんなこと言ってきて、もうイヤです」と言われたら - 中保体toukonyukiの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「〇〇君がこんなこと言ってきて、もうイヤです」と言われたら - 中保体toukonyukiの日記 「〇〇君がこんなこと言ってきて、もうイヤです」と言われたら - 中保体toukonyukiの日記 のブックマークコメント

うちのクラスの女子1名が、「隣の席の〇〇君が、毎日こんなこと言ってきて、なんかもうイヤです」と訴えてきた。

席替えをして2週間。なかなか折り合いがつかず、訴えてきた。

以前だったら、〇〇君を個別に呼んで確認して、指導しようとしたかもしれない。

でも、今回はそれはあまり有効でないと予想した。(きっと個別に呼べば「言ってない、やってない」で押し通す気がした)

みんなの前で、誰からも距離を置きながら、誰も心からの悪気はないとの前提で、穏やかに、でも強い気持ちでみんなに質問し、確認し、説明を求め、他の人がどう思うか尋ね、手を挙げさせた。

帰りの会が済んでからは〇〇君と一緒に、学年主任の先生とも話し、家庭訪問もするねと伝え、夕方家庭訪問して3人で話した。(本人、母、私)

あまり詳しくは書けないが、『学び合い』をしていて、良かった。私の今までよりはるかにマシだと思った。

誰もイヤな気持ちを残さず、伝えたいことを伝え、謝るべきところは謝り、話ができたように思う。

scorpion1104scorpion11042016/03/05 07:06いいですねー。
いいと思います。

toukonyukitoukonyuki2016/03/05 09:50コメントありがとうございます😊我ながら、気持ちが良かったんですよ。誰を従わせたわけでもなく、誰を責めるでもなく、話をして、伝えて、理解し、納得した…。ま、私だけがそう思ってるのかもしれませんけど、でも、少なくとも私は落ち着いて、勝負できたかなと思いました。
『学び合い』の前なら、プチパニックからの説教、そして後味悪さと関係の悪化が予想されるパターンでした😓

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/toukonyuki/20160305
 |