Hatena::Groupmanabiai

中保体toukonyukiの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

広島県で中学校に勤務してます。toukon.yuki☆ezweb.ne.jpです。☆を@に変えてください。
 | 

2015-06-23 (火)

校長面接&自己申告

03:08 | 校長面接&自己申告 - 中保体toukonyukiの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 校長面接&自己申告 - 中保体toukonyukiの日記 校長面接&自己申告 - 中保体toukonyukiの日記 のブックマークコメント

昨日は、自己申告をもとにした校長面接があった。

自己申告に何をどう書いたか覚えていなかったのだが、見てみると、3つ目の目標のところに「学び合い」を取り入れた授業づくりで全員が全教科で70点がとれる(1学期30点,2学期50点,3学期70点)と書いてある。

これに校長先生が、「⁇⁇」という反応を示されたので、私なりに冷静に説明したつもりだが、

「学期をおうごとに学習内容は難しくなると思うが、なぜ目標の点数が上がっていってる?」

「1学期30点というのは生徒の学力がかなり低いととらえてないか?」

「気持ちは分かるが、分からない」

「教育委員会の人などもみる書類だし、中には斜めの見方で読む人もいるだろうから、周りの人にもっと聞いてみて(どういう反応されるか)」

などなど…。

「実際に全員が70点とれる問題を作られたら、それはそれで困る」

決して書き換えろとは言われないし、(言ってはいけないのだろうけど)校長先生の頭の中が軽くパニックになってるくらいの印象(演技かもしれないけと)だった。

やっぱり『学び合い』はそういうもの(今までの感覚を覆すもの)なのかなと思った。

でも、これが大学入試改革によって、高等学校の学習内容の理解度をはかり、それをざっくりした区分で評価されるようになれば、中学校においても、学習内容を全員がしっかり理解しても困らなくなるのかな⁉️

そうなってほしい‼️

テストで皆が皆でいい点とろう‼️と声を大にして言えるようになりたい。

(部活のよいところは、全員出来ても困らないところだ。だから、価値があるし、なくなる方向にならないのはそういう矛盾を抱えてないからじゃないのかと思った)

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/toukonyuki/20150623
 |