Hatena::Groupmanabiai

中保体toukonyukiの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

広島県で中学校に勤務してます。toukon.yuki☆ezweb.ne.jpです。☆を@に変えてください。
 | 

2014-12-11 (木)

女子会

04:28 | 女子会 - 中保体toukonyukiの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 女子会 - 中保体toukonyukiの日記 女子会 - 中保体toukonyukiの日記 のブックマークコメント

昨日は同僚のw先生のお誘いで女子会。夕方から4人でビュッフェに行った。

どんなにしんどい状況でも,一緒にご飯を食べたり話せる相手がいたらきっとがんばれるなあと改めて思う。

そんな相手を作る力が誰にでも必要で,一番役立つ力だと改めて思う。

支援学級の生徒が交流クラスへ行った時に無口になる。

「一人も見捨てない」が得なんだと気づかせるには,どう語ればよいのだろう。

教師が直接支援を指示しないで,「みんなで助け合って行くほうが早くて得」と思わせたい。

どこを見取って,評価するか…それかなあ。

どこを強化していくのか,それを常にはっきりイメージしておかないと,その瞬間に反射的に出てこないもんなあ…。

scorpion1104scorpion11042014/12/12 05:16toukonyukiさんへ
「みんなで助け合って行くほうが早くて得」と思わせたい。

そうですよね。自分からの気づきがとても大切だと思います。

どうやって、気がついたことを教師が知るのかということです。教師側の視点です。

それは、簡単です。
支援学級であってもなくても、『学び合い』の回数を重ねて変化を見ればいいと思います。最後の5分間の他生徒の関わり具合だけの比較、記入したプリントの内容や量。誰と話したかの聞き取りなど。定点観察です。

変化は内面から始まるので、見えにくいです。
見えないと焦ります教師が(笑)・・・。私もですが。

でも、大丈夫。ちゃんと変わってます。
例えば、アハ体験画像のように。
でも、見つけたいなら見取る視点を決めたらいいと思います。気長にね。

まさにアハ体験。いいこというな~。自画自賛!!(笑)
ぜひ、一度やってみてください。(無理な観察ではなく、簡単な視点が続けられますよ。)

toukonyukitoukonyuki2014/12/12 22:08アハ体験、ほんとですね!うまいこと言いますね!前に西川先生がメモの中で「携帯電話が普及したように、公衆電話が消えていったように、『学び合い』は広がっていく」と書かれていたのを強烈に覚えています。20年前にはパソコンも職員室に1〜2台だったのが、今は1人1台が当たり前ですもんね…。
くじけず続けて行くしかないですよね。

scorpion1104scorpion11042014/12/13 03:14そうですね。続けることです。生徒自身が自ら変わろうとしていることを信じてくださいね。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/toukonyuki/20141211
 |