Hatena::Groupmanabiai

中保体toukonyukiの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

広島県で中学校に勤務してます。toukon.yuki☆ezweb.ne.jpです。☆を@に変えてください。
 | 

2014-07-13 (日)

苦しい

| 06:03 | 苦しい - 中保体toukonyukiの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 苦しい - 中保体toukonyukiの日記 苦しい - 中保体toukonyukiの日記 のブックマークコメント

同じ方を向いているはずなのに,一つにまとまらない。

キャプテンを変えればいいのか?

みんなに話して,話し合わせたらいいのか?

子どもに任せすぎてダメなのかなあ?

このままではきっと26日の試合も,モヤモヤ不完全燃焼な感じで終わるな。1勝もできず…。

それでいいのかなあ?

setoutisetouti2014/07/13 07:37苫野さんの「自由はいかに可能か」の中に「不自由(不幸)は欲望と自身の力のギャップから生じる」というような意味の文脈があります。解決方法は3つと。

mei-c5mei-c52014/07/13 15:28ひとつにまとまった!というような瞬間を経験していたり、そのイメージが頭の中にできていたりすると、なかなか思うようにいかないとき、余計に不安になりますよね……。
1勝もできないままでいいなんて、きっと、誰も思っていないと思いますよ。
でも、ここで子どもたちに任せずに統率して1勝出来たとしても、みんなが幸せなのかなあ?とも、思います。勝ち負けがあるって、難しいですね。。。

FlipperKFlipperK2014/07/13 17:45ごめんなさい。変な言い方をします。何を求めて「子どもに任せて」いるのでしょう。ゴール地点はどこでしょう。
「勝つこと?」
「一つになること?」
「一つになって勝つこと?」
勝手な推測ですが、どこかで「ゴールに着くこと」ではなくて、「自分のイメージに当てはめること」を狙ってないでしょうか。
私はそれで苦しみます。しょっちゅう。

toukonyukitoukonyuki2014/07/14 05:44setoutiさま。コメントありがとうございました(^-^)さっそく苫野さんの本、注文しました。読んでみます!ありがとうございました。


mei-c5さま。一つにまとまってるかって、数字で表せないものですよね、「ただ、まとまれ〜」というのも抽象的で伝わりにくいと思うし、でも、今のままのバラバラ状態では、何の思い出も達成感もないまま終わるだろうなと思うんです。それが苦しい…。

FlipperKさま。子ども達も、苦しんでるとおもいます。どうしたら、まとまりを感じてやりきったぞと思って試合にのぞめるか…。同時に自分自身が、何をしてやれるかを見つめ直す機会なのかなと思います。叱ってはいけないと思い込んで、叱ったり指摘したりするべきポイントを外してきた部分があると思うし、何だかモヤモヤして、スッキリしないのをとにかく何とかしたいです。もがくしかないのかなと…。だけど今日の放課後もまた会議です…(*_*)(´Д` )(T_T)

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/toukonyuki/20140713

2014-07-10 (木)

帰りの会・大部屋・大風呂

03:36 | 帰りの会・大部屋・大風呂 - 中保体toukonyukiの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 帰りの会・大部屋・大風呂 - 中保体toukonyukiの日記 帰りの会・大部屋・大風呂 - 中保体toukonyukiの日記 のブックマークコメント

今週の火曜・水曜で、1学年の宿泊研修に引率団のメンバーとして行ってきた。

うちのクラスの一年生女子KさんMさんも参加した。

心配していた大風呂には2人とも入れ、大部屋でも寝て(Mさんは、ホームシックだったか涙が出て、最後は教員部屋で寝たが)、テーマにしていた「助けてパワー」を出すことができたかと思う。

夜のクラスでの振り返りの際に、1番に挙手して前に出て「みんなとお風呂に入ったのが楽しかったです!」と発表したらしいMさん。大きな拍手が起きたのが、隣の研修室にいた私の耳にも聞こえた。

やはり、間違ってないのかもと自信を持てた。

巡回相談

03:19 | 巡回相談 - 中保体toukonyukiの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 巡回相談 - 中保体toukonyukiの日記 巡回相談 - 中保体toukonyukiの日記 のブックマークコメント

地域の特別支援学校のコーディネーターの先生に巡回相談に来て頂いた。

色々見ていただいたり、相談させていただくなかで、「意欲を持って、自分で判断したり、行動するためには支援を先にしすぎない」ということが今、特別支援の研修などで言われていると聞いた。

通常学級の様子も見て頂き、アドバイス頂くなかで、『学び合い』の考え方や実践を少し紹介したら、とても興味を示してくださり、本のタイトルなど、メモして帰られた。

巡回相談に来てもらって、こちらが提案・紹介するのもどうかと思ったが、逆輸入的に、外部からのアドバイスとして『学び合い』を広げるのもアリかなと考えた。

学び合い』は、特別支援で言われているインクルーシブ教育にも通じている。

daitouirukadaitouiruka2014/07/13 08:11機会を捉えて、自然の流れの中で押し付けがましくなく『学び合い』を勧める…GJです(笑)。
『学び合い』と直接関係なさそうなところの方達が『学び合い』について語って下さる「逆輸入」があると、「ごく少数の変わり者」(笑)が主張しているだけでなくて、わりと一般的になってきてるのかも?と思ってもらえますよね。

私の経験では『学び合い』の考え方って、教師以外の方に伝えたときの方がずっといい反応が返ってきますがtoukonyukiさんはどうですか?
これは一般の社会ではむしろその学び方、生き方が重要であるという証拠だろうと私は思っています。
もう一つ、それに比べ教師のウケが良くない率が多いのは、「良い」と認めてしまうと実際に自分の「行動の変容」が求められることになったり、新しい事に取り組む際の「未知の困難」に立ち向かわなければならない可能性を考えたりということがあるので、慎重にならざるを得ないのは当然のことだとも思っています。
また、ご自身の実践に自信がある方、あるいは『学び合い』よりずっとましだと思っている方、あるいは『学び合い』の考え方にはどうしても賛同できないと思っている方が受け入れないのも当然です。
単なる否定のしあいではなく、より良い教育を目指して、良い結果が出せるものをともにさがしていくことを大事にしたいと思っています。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/toukonyuki/20140710

2014-07-07 (月)

長野の研修講座

03:08 | 長野の研修講座 - 中保体toukonyukiの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 長野の研修講座 - 中保体toukonyukiの日記 長野の研修講座 - 中保体toukonyukiの日記 のブックマークコメント

先週末に長野県まで行ってきました!

研修講座に参加してきました。

金曜夜は名古屋泊。

土曜朝に特急「しなの」で2時間ちょっと。

塩尻駅に着いたらF先生が教育センターまで送ってくださいました。そして、帰りもお世話になりました。ありがとうございました(≧∇≦)

講座には、四歳の末息子と参加したので、研修室を出たり入ったりでしたが、西川先生、赤坂先生、講座担当の方、参加されてる先生方、みなさんのあたたかい配慮や気にしない加減のおかげで、一日の研修を受けることができました。途中、研修センターのプレイルームまで貸していただき、プラレールで30分遊ばせてもらい、研修の最後1時間ほどは抱っこで爆睡した四歳の息子でした。

ブログだけで存じ上げていた、ぐんたまのiさん、千葉の高専のsさんにお会いすることができ、また長野の高校で実践を積んでおられるH先生と同僚の先生とも知り合うことができました☻

これに味をしめて、今度は家族総出で新潟へ…?実現したら嬉しいなあ…(*^_^*)

scorpion1104scorpion11042014/07/08 05:45tdoukonyukiさんには、良い研修ができ
お子様には良い旅行となり
ばっちりでしたね~~~。
(^_-)-☆

maya-1maya-12014/07/08 08:29遠路はるばる、強行日程でお疲れ様でした。また天気の安定したころを狙って信州の景色を眺めにおいでください。

toukonyukitoukonyuki2014/07/11 02:56スコーピオン様、ほんと、これに味をしめて、次は来月11日の新潟を狙おうかなあ…なんて、思っちゃってますが、これは難しいかなぁ〜?ついでに10月4日も、かなり魅力的ですね〜。

toukonyukitoukonyuki2014/07/11 03:05マヤ1さま、今回の講座で生の赤坂先生の魅力にも触れることができて、軽い衝撃でした。誰かの心を揺らすためには表情、パワー、テンポがあった方がいいんだな…みたいなことを漠然と感じながら帰路に着きました。西川先生もそうですが、やはり、相手あっての自分なんだということを勉強させていただいてます。毎日の現場ではつい忘れてしまいそうになる自分本位、自分目線を戒めようと思いました。
来月以降も魅力的なイベントが色々あるようなので、心の奥底でまた密かに作戦を考えております…

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/toukonyuki/20140707
 |