Hatena::Groupmanabiai

中保体toukonyukiの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

広島県で中学校に勤務してます。toukon.yuki☆ezweb.ne.jpです。☆を@に変えてください。
 | 

2014-03-29 (土)

新しいスタート

06:52 | 新しいスタート - 中保体toukonyukiの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 新しいスタート - 中保体toukonyukiの日記 新しいスタート - 中保体toukonyukiの日記 のブックマークコメント

年度末,人事異動が発表になり,校内では来年度の体制があれこれ予想されています。

どういう仕事を任されるのかは「校長の判断」というより,「神の示す道」として受け入

れ,前向きに生きたいです。


学年や学校規模の送別会に出ると,いろんな先生のいろんな考え方に出会い,やはり自分を

宇宙人のように感じてしまいます。

そして,地球人みんなを幸せにするにはどうすればよいのか悩みます。

でも,悩んでいるのはみんな一緒。


心の病気でお休みに入られる先生もいます。

自分ができることをやるしかないのですが・・・心が痛む春です。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/toukonyuki/20140329

2014-03-10 (月)

旭山動物園のように

15:12 | 旭山動物園のように - 中保体toukonyukiの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 旭山動物園のように - 中保体toukonyukiの日記 旭山動物園のように - 中保体toukonyukiの日記 のブックマークコメント

インフルエンザなのと,卒業式の代休ということで家にいます。

ちょこちょこ仕事めいたことをしながら,何かDVDでも見ようかと,選んでいたら,

「旭山動物園物語」というタイトルが目に入り,見てみることに。

西田敏行演じる園長はじめとする飼育係さんたちが起こしていく奇跡をおうほどに,

今では珍しくない「行動展示」が生まれ,形になり,受け入れられていく様と,

学び合い』がこれから広く世の中に広がっていくだろう様がダブって見えました。

もちろん,生徒と動物園の動物は違いますが,「野生動物の素晴らしさや高い能力を

しっかり見てもらって,理解を深めたり,その素晴らしさに感動してもらう」というのは,

そのまま「野生動物」のところを「生徒」に入れ替えると,『学び合い』での生徒の姿を

見てもらうことと同じじゃないかと思いました。

じっと先生の話を聞いている後姿を50分(小学校なら45分)ながめるより,自分で動いて,

誰かと話して,いろんな表情を見せて,「あー、そうか」などの声をあげている生徒の姿を

見る方がよほど感動を与えられるんじゃないのかなと…。


私の祖父母が住む北九州市には「いとうず遊園地」という昔ながらの動物園があります。

「スペースワールド」ができてから,ピンチにおちいったと聞きます。

しかし,ここの園長さんが旭山動物園の園長さんとつながりがあり,今では行くたびに

「行動展示」の範囲が広がり,とても楽しめる動物園(とちょっと遊園地)になって

いっています。


この全国レベルのつながりという面でも『学び合い』との共通点を感じました。

何かを変えていくというのは,高い志とつながりで実現していくことなのかなと,

感動の涙を何度もぬぐいながら思った今日でした。

驕らず…って難しい

09:46 | 驕らず…って難しい - 中保体toukonyukiの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 驕らず…って難しい - 中保体toukonyukiの日記 驕らず…って難しい - 中保体toukonyukiの日記 のブックマークコメント

インフルエンザB型にやられてしまい,体力低下中のわたしです。

体力低下に伴い,気力まで弱くなるもので,「心と体を一体ととらえ…」という学習指導要領

(保健体育科)の目標は,本当にそうだなと実感中です。


ところで,『学び合い』を知って,「驕らず,腐らず,したたかに…」とは思っていたはずな

のに,どうも驕っていたようです。

学び合い』を早く知ったからと言って,私が偉いわけではなく,人には強要できないし,

知ってもらうにも,段階を経て,様子を見ながらしていかなければ…とあらためて肝に銘じた

次第です。反省。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/toukonyuki/20140310

2014-03-07 (金)

道徳やってみました。

18:25 | 道徳やってみました。 - 中保体toukonyukiの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 道徳やってみました。 - 中保体toukonyukiの日記 道徳やってみました。 - 中保体toukonyukiの日記 のブックマークコメント

道徳のピンチヒッター,やってみました。

予想通り(?),表面的なめあて達成で,本当には分かっていない,考えていないという結果に終わりました。

もう1回,やらせてもらって,生徒の変化を見たいなあと思いました。(お願いしよっかな)

めあては,三崎先生のHPより,指導案を参考にさせていただいて,

「全員が資料を読んで,多くの人々の善意や支えにより,日々の生活や現在の自分があることに感謝し,それにこたえるにはどのようなことが大切なのかについて,そのように考えた理由と一緒に周りの人に対して納得してもらえるように分かりやすく自分の言葉で自分の考えを説明することができる。」

にした。7人以上に説明して,相手が納得したらサインをもらうようにしました。

多分,子どもたちは初めて「説明ができる」なんていうめあてで道徳をやったと思います。

女子のメンバーは,体育(保健も)で1年間『学び合い』をしてきたので,そんなに戸惑いはなかったようですが,男子の数名は,遊んだり,説明もしないでサインだけもらったりしていました。

最後の語り(振り返り?)がうまくいったかは分かりませんが,自分なりに本気度全開でやったつもりです。


さて,このクラスの女子を含む,体育の授業でこの1年間担当した女子たちに,『学び合い』の手引き書作成の提案とお願いをしてみました。

皆協力してくれるとのことで,今度見本を持って行こうと思います。

校長先生はじめ,いろんなところで説得力を持ってくれることを期待して…

kanjii4dakanjii4da2014/03/07 19:58やりましたね~。中学生は小学生ほどjunじゃないかもしれませんねぇ・・小学生は、語るとひたすら取り組み始めます。(^_^;)手引き書ができたら今度見せてくださいね。楽しみにしています。

kanjii4dakanjii4da2014/03/07 19:59「純」です。他意はありません・・(^_^;)

toukon_yukitoukon_yuki2014/03/07 20:18やりました〜。途中で二人の先生が、「何だこれは?!」って感じで扉の向こうから覗き込んでましたが、私の姿を確認して、どこかへ行かれました。
手引き書が完成したら、ぜひご覧いただきたいと思います。待っててくださいね。

mei-c5mei-c52014/03/08 03:49わたしは、道徳での『学び合い』が教科の『学び合い』と少しだけ毛色が違うような気がするのですが、それがどうしてなのか分からずもやもやしています。
toukonyukiさんは道徳での『学び合い』をされたのが初めてとのことでしたが、授業をなさってどのように感じられましたか?
やはり、大基の部分は同じなのでしょうか。教えていただけると嬉しいです。

FlipperKFlipperK2014/03/08 06:00 何もご協力をできなくてすいませんでした。(気にはなっていたのですが…ちょっと事情で余裕がなくって…)もう1時間できたらされるといいと思いますよ。あと、授業の終わりに、1人か2人にどのような説明をしたのか、聞いてみるといいと思います。もちろん、授業の前にそのことを子どもたちに伝えてからですけどね。

suikanomeisantisuikanomeisanti2014/03/08 07:06toukonyukiさんの情熱あふれる語りが想像できますね。道徳での『学び合い』、今後も話題に挙げていけたら面白いと思います。よろしくお願いします。お疲れ様でした!!

toukonyukitoukonyuki2014/03/08 12:17mei-c5様
確かに道徳の『学び合い』は数学などのようにはっきりとした答えがないので,「説明する=語り合う?」みたいなことで,中学生に,1回目の『学び合い』でやるには,テレがあって,なかなか教科の内容のようにはいかないのかなと感じました。どんなでしょうか?

toukonyukitoukonyuki2014/03/08 12:20FlipperK様
そうなんですよ!授業の最後に「何人か聞いてみるよ~」と途中予告したにも関わらず,実際には集めたプリントから3人くらいのを読んだだけで,しかも書けていない生徒が数人いたもので,そっちに語りが傾いてしまって反省でした。

toukonyukitoukonyuki2014/03/08 12:27suikanomeisannti様
使ったワークシートの最後の6番に,自分の説明内容を書くように指示したつもりだったのですが,6番が「今日の授業を通して思ったこと,気づいたことなどを書きましょう」となっていたので,その通り感想を書いてしまっている生徒が多く,裏に書かせればよかったと,これも反省点でした。
でも,これをよい経験にして,次のチャンスに備えたいと思います。

ところで,さきほど病院に行って検査したら「インフルB型・気管支炎も併発」と言われました…。まずは健康第一ですね。

maya-1maya-12014/03/08 20:44私自身も何回か出前授業でも道徳をやらせていただきました。私自身どれだけ『学び合い』の考え方を理解できているか、それが子どもたちにどれだけ伝わっているのかが問われるように思いました。でも『学び合い』に出会えるまで一番嫌いであったのが道徳の授業ですが、今は社会や国語と同様にいやそれ以上に大切にしたいなと思っています。三崎先生からも道徳が一番大事という話もお聞きしたことがあります。文科相が主張していることとはちょっと違いますがね。また挑戦できたらステキですね。

toukonyukitoukonyuki2014/03/10 09:03maya-1さま
「道徳が一番大事」というのも分かる気がします。なぜなら,道徳の『学び合い』がスムーズかつ活発にできるようなクラスはかなりうまくいっているクラスだろうなと想像できるからです。時間は多少かかるかもしれませんが,一斉授業よりは絶対いいと思うし,私も『学び合い』のおかげで道徳が初めて楽しみに思えるようになりました。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/toukonyuki/20140307

2014-03-05 (水)

道徳

23:24 | 道徳 - 中保体toukonyukiの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 道徳 - 中保体toukonyukiの日記 道徳 - 中保体toukonyukiの日記 のブックマークコメント

 急ですが,「道徳」の授業を,1学年のあるクラスですることになりました。(インフルエンザでお休み中の担任の先生のピンチヒッター)

 これは,『学び合い』で道徳(私が初任の年に悪戦苦闘した)をするチャンス?!しかも,男女一緒の1クラス丸ごと任されるのは,今年度初めて(で,きっと最後)!

これはこれは,まさにリベンジ的な1時間にできるかもしれない挑戦の機会か?

 しかし!残念なことに,道徳で『学び合い』をやるときの,「めあて」のイメージが,ちっともわいてきません…。

 小学生が副読本を作ったってことが印象に残っていますが,どなたか参考になるブログや記事など,お教えください。

実は明後日の金曜日に授業することになっております…。お助けください…。

suikanomeisantisuikanomeisanti2014/03/06 00:26suikanomeisantiと申します。『学び合い』で道徳!賛成です。参考になるブログとして「あしたは晴れる」のFliperKさんが、1月9日から何回か道徳について書かれています。興味深いですよ。福岡フォーラムでも道徳の参観しましたが、モラルジレンマ教材でした。価値観の葛藤場面を設け(というかそういう資料)、そこを『学び合い』で話し合う感じでした。いわゆる一斉指導的『学び合い』でした。FliperKさんのブログにもありますが、道徳的価値は示しておいて(あるいは、この資料って何が言いたいの?と価値を問うのもあり)、その価値に迫るためには、どの場面の主人公の気持ちを考えればいいのか…(発問を考えさせたり、その意図を説明させたり…)と、生徒に教材研究させるのは面白いと思いますが…。やりがいありそうな気がします。

toukon_yukitoukon_yuki2014/03/06 01:20早速ヘルプいただき、ありがとうございます!私も、フリッパーさんの、その道徳のブログを読んでました!フリッパーさんに尋ねたらヒントいっぱいくれそうな…。ありがとうございました、光が見えてきました^_^

maya-1maya-12014/03/06 08:40「信濃の国からこんにちは」を書いておられる、信州大学教育学部の三崎隆教授のHP「私たちの『学び合い』研究室」に100以上の出前授業の学習指導案が掲載されています。その中に4つの中学校道徳の指導案が載っています。参考にしてみてください。

toukon_yukitoukon_yuki2014/03/06 21:22ヘルプありがとうございます‼︎うちの学校の私の所属学年がインフルの流行にやられて、私も何だか熱が出そうな気配が…(^_^;)でも、復活方向へ軌道修正できるよう、早く寝て早起きして、授業のめあてを考えます‼︎インフルよ、さようなら〜

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/toukonyuki/20140305

2014-03-04 (火)

研究授業

| 04:53 | 研究授業 - 中保体toukonyukiの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 研究授業 - 中保体toukonyukiの日記 研究授業 - 中保体toukonyukiの日記 のブックマークコメント

2月20日の1時間目に保健の研究授業を行いました。フルの『学び合い』です。

事前に生徒には「参観の手引き」を配っておきました。以前西川先生に「手を入れて使ったらどうですか?」と教えて頂いたものです。

いざとなると、私がかなりの緊張です。

予想外に,校長先生もフルに参観されました。

授業終わって、アドバイスを受けに行きました。正面切っての大批判はありませんでしたが,

絶賛もされず,「ああいうの生徒は好きだけど,規律もいるよね。途中で先生が注目をかけたとき,さっとは静かにならなかったじゃない。今回のクラスの女子はおとなしいからできるけど,他のクラスでやったら絶対収拾がつかなくなるよね?」と言われました。

確かに「はい,ちょっと注目」の時に,何度か言わないと静まらず,メリハリや切り替えができるという印象を校長先生に与えることはできませんでした。

最近,西川メモと西川先生の飛び込み授業の動画を見て,「7つのルール」を読んで,声の大きさを自分のテーマにしようと思いました。

ひとつひとつ,自分が手に入れられるものを手に入れていきたいと思います。

jun24kawajun24kawa2014/03/05 06:03声のテクニックは、一発勝負の飛び込みだから重要なんです。
作り上げる授業の場合は、それ以上のものがあります。
それは校長先生からのご指導を、率直に子どもに語り、改善することを求めるのです。『学び合い』のゴールデンルールです。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/toukonyuki/20140304
 |