Hatena::Groupmanabiai

中保体toukonyukiの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

広島県で中学校に勤務してます。toukon.yuki☆ezweb.ne.jpです。☆を@に変えてください。
 | 

2013-12-06 (金)

成績

| 23:20 | 成績 - 中保体toukonyukiの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 成績 - 中保体toukonyukiの日記 成績 - 中保体toukonyukiの日記 のブックマークコメント

今回の期末テストで、ダントツの結果を期待していたのですが、そんなにダントツとはいかず、ちょっと良いくらいでした。

一学年六クラスを三つに分けて、それぞれを違う先生が担当している我が保健体育科。

私は保健をフルの学び合いでやってきたので、ここで抜群の結果を…と考えていたけど、よく考えたら、私が教えなくてもテストの点はとれてる、むしろ少し良いくらいだと…それはそれで、一つの結果だぞと思い直した今日この頃。

点はとれるし、人間関係もよくなるんなら、こりゃ一石二鳥だと、そう簡単には思ってもらえないかな?

でも、地道にいこう。

結果と志をいつも胸に…。

気づいた!

| 22:48 | 気づいた! - 中保体toukonyukiの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 気づいた! - 中保体toukonyukiの日記 気づいた! - 中保体toukonyukiの日記 のブックマークコメント

私は今、特別支援教育コーディネーターという肩書きをもっています。

今日、保健室の先生と話していて、通常学級で苦しんでいる生徒と保護者の話だったのですが、

今、年度後半になって学級や学校での生活がしんどくなってきている生徒、保護者、先生に対して

私にできることを一つ見つけたのです。

それは、「特別支援教育通信」を出すコトです。

通常学級で問題と言われていたり、いづらくなっている生徒の中には、特別支援が必要な生徒も大勢います。

でも、通常学級ではその人数の多さからか、その生徒への支援はおろか、できないことが悪だとされ、辛い思いに耐えている生徒もいると思います。

教師がその生徒を悪として扱うと、周りの生徒までがその生徒に対して悪だからそのように扱ってよいと無意識のところで思ってしまうように私は思います。

教師が、こちらの都合通りにいかないことで生徒にその怒りをぶつけると、その怒りはアリなんだと周りの生徒に教えているのと同じだと思います。

よくも悪くも生徒はスポンジ。

先生が言うことと同じことを同級生に言っています。

私は我が子の子育て中に、それをすごく感じて方向転換しました。

皆さんにオススメの本があります。

「もう、不満は言わない」

これには、アメリカの教会で始まった「不満を言わない習慣」を身につけるための考え方とその効果が書いてあります。21日間のトライ達成で、不満を言わないで、幸せ体質というか幸せ脳になる…とでもいう感じの本です。私が「人生で出会って良かった本」の上位に必ずはいります。

「仏教は心の科学」

これは、初期仏教の解説がやさしく書いてある本ですが、この中でも特にオススメなのが、「慈悲の瞑想」です。

でも、これって実は、不思議なことに、『学び合い』の考え方とほぼ一緒だと私は捉えています。

だって自分のことを嫌っている人の幸せも祈るんですから…。

機会がありましたら、どうぞ読んでみてください。

西川先生がお釈迦さまとダブるかもしれません。笑

良きことに焦点を。

| 20:15 | 良きことに焦点を。 - 中保体toukonyukiの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 良きことに焦点を。 - 中保体toukonyukiの日記 良きことに焦点を。 - 中保体toukonyukiの日記 のブックマークコメント

席が隣の隣のT先生が、嬉しそうに「学び合い、やってみました」と報告くれました。

「みんなで全問解く」というめあてでやったそうです。

嬉しかったのは、生徒が嬉しそうに教え合っていたと言うそのT先生自身がとても嬉しそうだったこと!

静かに話しを聞ける生徒も悪くないけど、あのイキイキ勉強し合う姿にこそ、たまらない喜びを感じる…そんな先生が一人でも多くなりますように…というより、どの先生も、そういう感覚がないのではなく、感性に蓋をせざるを得ない状況なんだろうな。

生徒を信じられない呪縛から、一人でも多く、一日でも早く、先生方が解放されますように…。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/toukonyuki/20131206
 |