Hatena::Groupmanabiai

中保体toukonyukiの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

広島県で中学校に勤務してます。toukon.yuki☆ezweb.ne.jpです。☆を@に変えてください。
 | 

2013-04-28 (日)

円満解決と続きの予感。

22:33 | 円満解決と続きの予感。 - 中保体toukonyukiの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 円満解決と続きの予感。 - 中保体toukonyukiの日記 円満解決と続きの予感。 - 中保体toukonyukiの日記 のブックマークコメント

部活での「ボールあてられた事件」の今日の結論は…。

なんと,ほぼ丸く収まりました。

今朝は早くから何度も西川先生にアドバイスいただき,「集団で解決していく」を軸に子どもたちと以下の4つについて整理,意見を出し合い,最後は図らずも双方の両親がそろって,部員もほぼ揃ったところで,明日からのスタートを切りなおせました。

①事実とそうでないことの確認

(Aさんの言うことはAさんにとっては事実。BさんにとってはBさんの言うことが事実。両方が事実を語っているのに矛盾が生じている。でも両方とも悪くないという心で。)

②どうしてこういうことが起こるのか?

③その時自分たちはどうしていたのか?どうしてきたか?

④何をすべきだったか?これからどうしていくべきか。

バレー部員たちは真剣に事実とそうでないことを出してくれ,これまでにしてきた努力も教えてくれました。

これからどうしていくかについても,一人も見捨てない心でキャプテンが意見を出して,これなら双方の親に報告もできると思いました。

メモしながら司会と記録をしていたのですが,内容はA3用紙1枚分にもなりました。

この報告を当事者の保護者に伝えようと連絡したところ,ボールを当てた方の親が来校の意思を示してくれたので,来てもらうことにし,当てられた方の親にも連絡は入れておきました。

練習の終わりに「Yさんのおうちの方が来られて,話し合った内容を報告するから,残れる人は残ってくれる?」と言うと,用事がある生徒以外の大部分の生徒が残って,報告の場に共にいることを選択してくれました。

そこへちょうど,当てられた方の生徒が荷物(明日の練習試合に必要なシューズなど)を取りに体育館に顔をだし,「親も外にいる」とのこと。

急遽来てもらい,思いがけず関係者一同が顔を合わせることに。

金曜の晩に電話で大ゲンカ状態になった保護者同士なので,最初は張りつめた空気だったが,部員たちの話し合いの報告を聞いて,それについては納得いったようでした。

最後は,生徒を帰して,電話でのケンカ状態からの親だけでの話し合い。

やはり顔を合わせて話せば,電話での興奮よりは抑えが効いているし,和解に向けて両方の親が気を使ってくれて,お互いに誤解の訂正や本意の部分を話して,互いに納得の形で終わりに。


また続きはあるだろうけど(さっそく当てられた方の母から夜また電話があり,1点だけ訂正を伝えてもらいたいとのことだったが),私に対しては,攻撃的ということはなくむしろ「お手数かけてすいません」という構えで,話はしやすく,こちらの声にも耳を傾けてくれるので,なんとか関係はつなげていると思う。


とりあえず,今日のところは,朝,想像してた以上にすばらしい結果が私を待っていました。(なんだかスピッツがこんな歌,歌ってたぞ)


明日は自分のママさんチームの試合だ!

がんばろーー!(私にとっては今年初めての試合)

ママさんたちとの世界も私には大切な息抜き+勉強の場です。

scorpion1104scorpion11042013/04/29 09:01良かったですね。詳細も教えてもらい、私も勉強になります。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/toukonyuki/20130428
 |