愚直に叩き続けろ ~tokucyoの頁~

                                                               

15年02月08日(日)

2/7『学び合い』仙南の会 参加報告など

22:21

長いこと、こちらの更新をさぼっておりました。

すみません…。

昨日、『学び合い』仙南の会に参加してきました。

とても充実した時間を過ごすことができました。

そこでの振り返りなど、ダラダラ綴ります。




・今日のメインはNさんスペシャル!

・Nさんの趣味はお菓子作り!ワオ!

・書けない子が書けるようになる。

 →『学び合い』だからできること♪

 →「大丈夫だって!書けるから!」(勇気づけ)

・教師の指示を削ぎまくる。

 →指示は場合によっては有害になる!(うんうん)

・活発だが落ち着いた話し合い(いい空気感)

・一人も見捨てない

 ①わからない子

 ②もうわかっている子

 ③中間層の気にならない子 見捨てられてない?

・教師が一部の子をコントロールして運用しようとすると、

 学級が壊れる!

・教師の思いを誰が深く受け止めているか?

 →教師にそれは分からない

・授業前の語り

 →学習の意義とビジョン(重要!)

・口だけでもいいから!?

 「お前たちならできる!」と言い続ける

 →ハッタリでも本気!(下心はない)

 →思うは招く…

・無理だと思っていない人と繋がる!!!!!!!!!

・実践できない環境…

 →分かってくれる人が近くにいるか?

 →「やりたいなぁ」を持ち続ける!

・今後、絶対に授業の変革が求められる!

 →うまくいかない状況が予想される…(はい)

 →『学び合い』には解決のエッセンスが詰まっている!

・『学び合い』は心で作っていく

・提出レポートに対するシビアな評価

 →「c!」「意味不明!」(=正当な客観的評価を返す)

 →次の学びへのつなぎ/本気を喚起!

・Sさんからの書籍情報

  →「やりなおし高校国語

   教科書で論理力・読解力を鍛える」 (ちくま新書)

  →国語で身につけるべき論理力って…?

 →例えば、小林秀雄を読解する力は全員に必要か?

 →国語で身につけるべき力を明確にすること

・「一人も見捨てない」考

 →単に「分からない子をなくす」ではない。

 →その子は、いつも見捨てられているのか?

 →一人も見捨てない状態を強いると苦しくなる

  →一人も見捨てないは、教師の姿勢であり、子どもの姿勢

 →教師が発する言葉がどう伝わっているか?

 →「一人も見捨てない」の意味のブレはないか?

 →教師が「子どもは有能である」と信じているか?

 →子どもたちが「仲間の有能さ」を自覚しているか?

・有能である子どもたちが動かない

  →その背景は一つではないはず…

・つながれない子どもがいるから『学び合い』が生じる

  →そこを無理矢理正そうとすると苦しくなる!

 →自分たちのありのままの姿を…

  →「受け入れて、どう育てるか?」という視点♪

  →「否定してどう切り替えるか?」ではない。

・『学び合い』が成立するには?

 →聞き合う関係性があるか?

・『学び合い』の影響力の大きさ

  →子どもたちへの影響/教師への影響

 →自分の生き方が変わった!!!!

 →出会えてよかった!!!!

・『学び合い』の普遍性

 →力のある一部の先生のものではない、

  そういうものにしてはいけない!

 →どんな先生にもできるもの♪

  →そのために必要なのは…