愚直に叩き続けろ ~tokucyoの頁~

                                                               

12年04月09日(月)

学級開き

01:36


◇今日の1校時に話したこと…


入学式が終わり、今日から中学校での勉強がスタートします。

3年間の長旅です。いい旅にしましょう!


君たちは最初の1年間「10組」という船に乗ります。

でも乗ってるだけの「乗客」じゃありませんよ。

一人一人が船を動かす「船員」です。

なので、毎日しっかり働かないといけません。


船出(=学級開き)にあたり、大切なことを三つ話しておきます。


①目的地は「みんなの幸せ」「みんなの成長」です!


「幸せ」というのは、自分にとってプラスであるということ。

そして、学校という学びの場においては、

「自分が成長できる」ことがいちばんの幸せです。

ただ、「自分は幸せだけど、他の人は幸せじゃない」という学級では少しさびしいです。

学級では、いつも「みんな」が意識されないといけません。

そして「みんなで成長し合う(=伸ばし合う、高め合う…)」という姿勢が大切です。


10組を、「みんなで~し合う」学級にしていこうと思います。


②目的地は同じでも、一人一人はみんな違います!


「みんな」を意識すると、「みんな同じにならないと!」と考えてしまいがちです。

そして「みんなから外れないように」とか、

「あの人はみんなから外れている」とか思ってしまいます。

でも、みんなも分かっていると思いますが、最初からみんな違ってるんです。

違っている者どうしが、一つの学級の中で生活するから、

互いに影響し合い、成長し合えるのです。

君の中には、君にしかわからない「自分」がいます。

それと同じように、隣の人にも、その人にしか分からない「自分」がいます。

学級は、そういう別々の「自分」が尊重されなければいけません。


10組を、「みんなの『自分』」が大切にされる学級にしていこうと思います。


③みんなが不完全で欠点だらけです!


みんなは一人一人違います。

当然、得意不得意があります。

早い遅いがあります。

プラスとマイナスがあります。

プラスのほうは、みんなの前で出しやすくても、マイナスはなかなか出しにくいものです。

でも、「私はこの計算ができます」と言うことより、

「私はこの計算ができません」と言うことのほうが勉強では大切ですよね。

みんなが不完全で、欠点だらけです。

それらも含めた「みんなの『自分』」を大切にすることで、

「こうするといいよ」と、具体的に高め合うことができるようになります。


10組を、「一人一人の欠点」が「みんなで克服できる」学級にしていこうと思います。


以上です。

このことについて、みんなの意見を聞かせてください…。


/////////////////////////////////


このあと、生徒たちに自分が考えたことを書いてもらいました。

ちょっとは、思いを共有できたかな…と思ってます。

そして、それ以上に、生徒たちの素直な言葉に勇気をもらいました。

karakusa01karakusa012012/04/11 23:41すてきな語りです。何だかtokucyoさんの生徒になりたいって言うか、すーっと心に入ってきました。まだ、『学び合い』のついてきちんと語っていないので参考にさせてもらいます。tokucyoさんの生徒さん達幸せだなぁ…

tokucyotokucyo2012/04/12 01:43karakusaさん、コメントありがとうございます。
その後に書いてもらった文章で、生徒たちがさらりと大切な部分(『学び合い』の精神)に気づいていたことが驚きでした。まだまだスタートしたばかりです。これからいくつもの山を乗り越えなければ…と思っています。これからもアドバイスをお願いします!